オススメ記事(外部)

戦国時代の琉球国・沖縄県の歴史を語ろう

2020年7月8日

1: 2018/06/02(土) 13:53:16.86 ID:clnC8qPm
1609年の薩摩による征服、それまでの琉球王国による離島の征服、交易の実態などを語ってみましょう。

2: 2018/06/02(土) 13:58:54.08 ID:clnC8qPm

1187年 源為朝の子・舜天が即位(伝説上の最初の王)

1260年 英祖が即位(実在すると思われる最初の王)

1372年 中山王察度が初めて明に朝貢

1390年 宮古島の豪族・与那覇勢頭豊見親が中山に入貢

1392年 華僑集団・久米三十六姓が帰化

1406年 尚思紹が中山王に即位(第一尚氏王統)

1414年 尚巴志が室町幕府に遣使

1429年 尚巴志が三山統一(琉球王国成立)

1447年 尚思達が奄美大島を制圧する

1466年 尚徳が喜界島を制圧する

1469年 クーデターで内間金丸(尚円)が即位(第二尚氏王統)

1500年 尚真が石垣島を制圧する(オヤケアカハチの乱)

1511年 尚真が久米島を制圧する

1522年 尚真が宮古島の豪族・仲宗根豊見親に与那国島を制圧させる

1571年 尚元が奄美大島の反乱を制圧する

1592年 豊臣秀吉が朝鮮出兵のため琉球に賦役を命ずる

1604年 サツマイモ伝来

1609年 薩摩の琉球侵攻で支配下に入る

 

14: 2018/06/14(木) 19:49:50.47 ID:W+8xt0//
>>2
戦国時代が応仁の乱(1467)からとすると、第二尚氏の歴史とほぼ同じなのか

 

18: 2018/06/15(金) 15:02:21.18 ID:y0DUN4f0

>>2

伝説の王・天孫氏が抜けとるやないけ!

 

23: 2018/06/15(金) 20:50:28.62 ID:YQaeDG1k
>>18
1万8千年前に即位つーと縄文時代より前やんけ

 

3: 2018/06/02(土) 14:42:52.95 ID:wm0dlVTm

グスク時代が一番興味をそそられる。先史時代から一気に中世的な時代に飛ぶからね
その急激な変化や按司たちの起源がミステリアスで知りたい

琉球文明の礎を築く移民たちは平安から鎌倉時代に南九州からやってきて、伝説の通りなら運天に上陸したみたいだけど、
今帰仁が最も古くは「いまきじり」と呼ばれたように「今来知り」だとすれば、ここが元祖の地ってことになるね

沖縄で古くは北を「にし」と読むのは実は大和で西を「にし」と読むのと同義で、「往にし(いにし)」が語源。「古(いにしえ)」もここから派生した語。つまり先祖がどっちから来たのかを指している。
沖縄は九州からだから北が「にし」、大和も九州からだから西が「にし」。

 

30: 2018/07/29(日) 16:13:28.53 ID:2tUzC3cH

>>3
まあ別に謎も無くて
源平合戦から南北朝時代に伴う
全国的な動乱の中で
負け組になった連中が
日本の化外の地に流れていったのが
沖縄の文明の起源。
いずれも都による地方支配の枠組み・概念は生きていて
勝者は全国の支配権を握ったから
敗者は化外の地に逃げるしかなかった。

逆に戦国時代になると
中央の権威が失墜して
九州もバラバラになったので
負けても隣村、隣国に逃げれば問題なかった
だから優秀な内地人が流入しなくなって
琉球人はア○になった
(ちなみに琉球人は内地人よりア○というのは
夏子陽の使琉球録という一次資料にある歴史的事実)

尚円王統は尚巴志王統より統制力が低下。
軍事力も低下して
奄美では反乱が何度も起こっている

全国統一が成ると
薩摩が南下。
以前は敗者がやってきて
今回は勝者がやってきたわけでその点は違うが
内地が統一されると
南西諸島への影響力が強まるという点では
歴史を繰り返してるだけ。

 

4: 2018/06/03(日) 18:57:19.44 ID:mofILhiv

喜界島の城久遺跡の発見で、根底から見直し入ったもんなあ

戦国時代以前の話だけど

 

9: 2018/06/07(木) 06:06:32.78 ID:J9Cv44Uz
ありえないが琉球が羽柴秀吉に強くすり寄っていけてたら歴史は変わったのかな

 

11: 2018/06/07(木) 16:47:36.58 ID:Knsequww
大喬小喬の素顔は?
https://goo.gl/vbDhFk

 

12: 2018/06/07(木) 19:00:09.73 ID:UZi6EY8o

うるま市の起源は韓国だった

うるまの島
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%86%E3%8B%E3%BE%E3%AE%E5%B3%B6

 

13: 2018/06/11(月) 16:24:45.75 ID:Ym/FaFV4
琉球は石垣島を武力侵攻して領国化し奄美諸島に何十年も軍を送り続けた東シナ海の覇権国家である

 

15: 2018/06/14(木) 21:39:05.22 ID:xcMNRyWb
九州から渡っていった日本人の作った国なんだから昔から日本だったとも言えるね

 

16: 2018/06/15(金) 09:12:29.49 ID:SQWejcyl
>>15
何言ってんだ?
DNAが違うだろw

 

19: 2018/06/15(金) 15:51:37.48 ID:pAjnErGD

同じ民族だろうと別王朝を打ち立てて主権を持ってれば別国家だよ
世界史もっかいやり直してきて

DNAは浦添ようどれの王族の遺骨からは東南アジア系の血も混じってることが分かってるし、人口の比率から言って本土より遥かに混血が多い。
それと同時にやはりベースは日本人で、発掘された人骨が鎌倉時代の日本人と同じ前後に長い形状をしてる

それから江戸時代の琉球王国の扱いは、琉球側からは薩摩藩の圧政があったと言われるけど、
薩摩藩は農民に比べて武士の比率が全国よりとても高く、おまけにシラス台地なので作物が育ちにくくて、戦国期から既に圧政な藩として有名で実は琉球と藩内とで大差はない。
それに薩摩藩侵攻前の琉球王国が庶民に優しかったかと言われると別にそうでもない。

軍事力の背景があるものの琉球に駐在する薩摩役人は数人しかおらず、王府との癒着を防ぐために普段は首里に立ち入ることは禁止されていた。
実際内政干渉は言うほどされていないが、薩摩藩や幕府の顔色を伺ったり生き残り戦略として、おもねった政策を採ったりはしてる。

 

27: 2018/07/03(火) 20:16:15.11 ID:usoS2sgk

日本刀は交易品の主力の一つだったようだけど、結局沖縄では自作しなかったんだね

千代金丸
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%E4%BB%A3%E9%91%E4%B8%B8

 

34: 2018/08/26(日) 21:31:29.92 ID:kRi9MFhA
>>27
沖縄の鍛冶屋はレベルが低いからね。
当時に限らず今も製造業はクソだよ。沖縄は。

 

29: 2018/07/24(火) 20:03:34.15 ID:nME3vJIF

 

31: 2018/07/29(日) 16:23:11.43 ID:2tUzC3cH

沖縄の戦国時代は
特に語るようなこともなくて
弥生時代レベルの村同士の陣取り合戦を繰り返してるだけ。
これは一貫してそう。

内地みたいに付け城いくつも作って
要塞間で連携取って有機的に戦闘するというのは沖縄では存在しない。
シンプル・幼稚。
城を囲んで忍耐勝負。全てコレ。落ちればそれで終わり
落ちなければ撤収してまた時期を待つ。

まあ移住第一世代=天孫氏は
城同士の連携も考えていたみたいではあるが。
南部の玉城、糸数城は、同じ勢力が築いたという口碑がある。
玉城アジが玉城防衛のために糸数城を築いて
子供に任せたという話ね。

ただ尚ハシ時代には連携は機能してなかったみたいね。
天孫氏の時代から遠く隔たってるからな。

 

32: 2018/08/03(金) 19:23:51.56 ID:GnKKf0E3
沖縄の石灰岩は加工しやすいんだろうけど、あの小さな島で、無数の城壁築くほどに人手はあったのかな?

 

35: 2018/09/02(日) 04:59:30.92 ID:ggAbsCDo
>>32
あまり知られていないが琉球王国は近隣の島々を武力制圧しているので多数の捕虜や連行された島民を奴隷利用できる立場にあった

 

33: 2018/08/26(日) 21:29:46.47 ID:kRi9MFhA
人手が十分だから実際に存在してるんでしょ。
つってもその場にある石灰岩を割って積むだけだからな。
地盤が石灰岩だから保水性が悪い
そのため土質がクソ。だから沖縄は食料が少なくて貧しい。
その代わり石灰岩は腐るほどある。

 

36: 2018/09/02(日) 10:56:12.30 ID:LqXJPVOh
というか自国民も奴隷扱いじゃん

 

37: 2018/09/08(土) 00:17:02.22 ID:xN+yDgbt

まさにその通り。農民は人間扱いされない

ていうか内地は何だかんだで戦国時代で
身分制が一度シャッフルされたり
複数の勢力が競争したのが
良かったと思う。
エリート層が金儲けや産業振興に
抵抗なくなった。
東郷重位が家業で蒔絵の内職やってたみたいに。

琉球のエリート層は手に何の職もない。
無能。ア○。腰抜けで弱いものいじめしかできない。
手作業は下々の者のやるもので
士族はやるべきでないというのが
一貫した共通理念だった。
だからいつまでたっても売り物がなく
貧乏で借金まみれだった。

 

40: 2018/09/10(月) 13:04:38.05 ID:OdEnOSr4
>>37
それが儒教的王国の姿で当時としては日本以外の東アジアでは一般的な支配層の姿で琉球も例外でなかった
日本は儒教に支配されなかっただけだが結果的にそれが社会の発展に繋がった

 

38: 2018/09/08(土) 15:02:16.09 ID:vfc5PdnZ
というか三山時代が本土の戦国時代にあたって、刀狩りも行われてるって話じゃなかった?

 

39: 2018/09/08(土) 18:38:10.92 ID:8UQ6mb6J
刀狩りwww
そんな事実はないし、
狩るほどの刀はないからwww
主力武器は棍棒と
張力のショボい弓だよww

 

41: 2018/09/10(月) 20:16:44.07 ID:ZPhu5IkO
中国人の使者だかなんだかが琉球に武器一杯あったとか言ってたとか
この前のNHKでやってた那覇港要塞に大砲一杯とかはどうなんすか

 

43: 2018/09/11(火) 05:36:28.47 ID:oaAy/Kaq
>>41
琉球王国はあの海域の覇権国家だよ
石垣や奄美には武力侵攻しまくりの軍事大国
琉球王国の悲劇は日本でも指折りに精強な薩摩が隣国だったこと

 

45: 2018/09/17(月) 19:10:04.73 ID:SnEVJpSk
>>43
石垣や宮古なんて文明レベルは縄文・弥生レベルだよwww
まあぶっちゃけ本島の百姓もそうなんだけどなwww
中山王府が無能なせいで。
棍棒もった百姓にはめっぽう強いが
ないちゃーにははいつくばって命乞い。
それが「軍事大国」殿ですわwwww

 

50: 2018/09/17(月) 19:46:48.35 ID:SnEVJpSk

>>43
興味深い事に、
石垣や奄美への武力侵攻は
むしろ軍事的に弱体化してから生じてるんだよなwww

軍事的には尚巴志王統の方が強かった。
「朝鮮王朝実録」によれば1年に1回軍事演習してたらしい。
15世紀頃から喜界島を長年にわたって攻撃するようになるが
「朝鮮王朝実録」によるとその基地になっていたのは大島。
大島に王子が駐留して喜界島攻撃の指揮をとっていた。
この時点で大島は「とっくに支配下にはいってます」と書かれている。

そういう抑圧的な尚巴志王統が気に食わなくて、
俺たちにも良い目をみさせろということで
首里城の職員がクーデターを起こして担ぎ上げたのが尚円。
この王統は首里城の貴族(史料用語を使えば群臣)が
実権を握った王統で国王の権威は弱かった。
リーダーシップが不在で
法司官という大臣が複数存在して
バランスをとりながらなあなあで政治を行った。
尚巴志王統時代に存在した軍事演習などは影も形も見えなくなる。

この時代にとっくに支配下に入っていたはずの大島で
三度も反乱が起きてその都度軍隊を派遣している。
なおかつ「遺老説伝」によれば大島で百姓虐○事件も起こしている。
規律や練度が低くなっているわけだね。

 

42: 2018/09/10(月) 20:47:11.17 ID:6bJVtSEO
水野勝成さんが訪問してそう

 

44: 2018/09/17(月) 18:53:51.70 ID:MEaxa7Ri
中国の使者は武器一杯どころか
武器がしょぼい、とはっきり言ってるよ。
使琉球録だろ?
那覇港の大砲はただの妄想。
そのネタ元は上里隆史でしょ。
あいつはまともな歴史学者じゃないよ。
司馬遼太郎みたいなもん。

 

46: 2018/09/17(月) 19:15:51.93 ID:SnEVJpSk

いやあ、さすが、武器一杯の軍事大国ですなwww↓

「夏子陽・使琉球録」より
民間所用兵器,惟盔甲與刀頗稱堅利;餘諸矛戟皆脆弱,徒具文耳。
弓長如屋檐,射則樹之於地,以兩手彎之;發矢不甚遠。
是年九月間,夷屬傳報有倭船若干艘將至;問之法司等官,曰:
『此事傳有數年,而未必確然。國有靈神,可恃以無虞』!
余以倭懷封豕長蛇之心,不可無備;
因稍晝策,令之選兵礪器以待之,仍命隨行鐵匠多備堅利器械以資防禦。

人々が用いる武器は、鎧や刀だけは堅利と称するが、その他、鉾や戟は全て脆弱だ。
弓は非常に長く、両手でひくが、矢はほとんど飛ばない。
この年9月頃に、倭船が来るとの報告があったので法司官に聞いたところ
「このような噂はここ数年流れていますが、
確かなことはわかりません。この国は霊神がありますので心配ないでしょう」
倭は蛇のようにずるがしこいので備えをするべきだ。
随行の鉄巧に器械を作るよう命じた。

 

47: 2018/09/17(月) 19:23:27.62 ID:SnEVJpSk

大国琉球!中国人も大きいと言ってるぞ!↓

夷與倭爲鄰;而民貧國小,有所不足,輒假貸於倭。
毎遇封使遠臨,在他國或至,或不至,倭無不至者;名稱往賀,實則索逋於其國也。

野蛮人ども(琉球)と倭は隣同士です。
野蛮人の国民は貧しく、国は小さいです。
不足しているものばかりで、
倭に貸し付けられています
封使が来るたびに
他国人は来るものも来ないものもまちまちですが
倭は必ず来ます。
お祝いすると称して
琉球に借金の取り立てに来ているのです。

 

48: 2018/09/17(月) 19:29:37.93 ID:SnEVJpSk

夏子陽「琉球は最貧国。琉球人はバ○ばかり」

按琉球貢物,惟馬及硫黄,螺殼,海巴,牛皮,磨刀石乃其土産;
至於蘇木,胡椒等物,皆經歳易自日本,轉販於暹羅者。
所謂「櫂子扇」,即倭扇也。
盍任土作貢,宜其惟正之供;遠取諸物,亦其獻琛之意,不必求備焉可也。
二年一貢,今以爲常;第人役過多,亦不勝糜費。
蹀毎船能省其什之三,則庶幾無濫矣。

夏子陽曰:海島之國,惟琉球最稱貧瘠;蓋地無物産,人鮮精能,

琉球の貢物は馬や硫黄などは原産品だが、
その他は全て輸入品だ。
みな、長年日本がタイから転売しているのだ。
扇子は日本のものだ。
こういった遠方の物を求めるのはよくない。
二年一貢は人員・費用面で負担過剰だ。

琉球は貧しく痩せている。人間に優秀な者は少ない。

 

49: 2018/09/17(月) 19:35:28.83 ID:SnEVJpSk

琉球は上記の通り、中国や日本からは常にハナクソ扱いだった。
本人たちもその事を受け入れていた。
離島は虐待し、中国や日本にはペコペコする。
弱きに強く、強きに土下座。
それが琉球の一貫した外交方針。
中国や日本に張り合おうとしたことは一度もない。

基本的にいわゆる琉球王国は黒潮のお蔭でできた。
大国が侵入するのが難しかったから。
当の琉球は軍事大国(爆笑)どころか
事実はその逆だった。中国人が言ってるとおり。

 

51: 2018/09/18(火) 13:07:14.40 ID:zdl9/LeS

1500年 尚真が石垣島を制圧する(オヤケアカハチの乱)

1511年 尚真が久米島を制圧する

1522年 尚真が宮古島の豪族・仲宗根豊見親に与那国島を制圧させる

1571年 尚元が奄美大島の反乱を制圧する

えー、それじゃあこの制圧の軍事力はどっから捻出したの?

 

54: 2018/09/18(火) 16:45:13.87 ID:XIhd0yax

>>51
兵士が雑魚化して舐められるから離反されるんだよwww

中山世譜によれば、
尚巴志の北山攻めのときには
中部の按司も軒並み参加しているが
16世紀の王府の動員構想を反映する
屋良座森碑文では
王府が動員を指示しているのは南部の間切に限定される。
尚円王統では中北部からの動員は期待できなくなったと考えられる。
これは中山世譜にあるとおり地方の「兵柄」を解散し
動員体制を縮小したため。

中山世譜によれば、
キカイジマ遠征において尚徳は船100艘、兵2000人を動員したと述べるが
尚真がアカハチの乱で動員したのはたった船46艘。

球陽ではアカハチの乱の兵力は3000人だったと主張されているが
46艘にはどう考えても3000人も入らないwwww

 

52: 2018/09/18(火) 13:24:38.49 ID:zdl9/LeS

NHK番組の書き起こしでもこういう風に言われてるよ?

録画バカ一代 英雄たちの選択 琉球スペシャル第1弾「独立を守れ!島津侵攻 尚寧王の決断」

琉球側は 無理すれば1万までの軍事力が保有可能で10分の1に
鉄砲を持たせても十分 なんとかしっかりした軍はできると。

尚寧王は 和睦の使者を送ったが島津側は これを拒否。
やむなく防衛軍 およそ3, 000の兵を那覇港へ派遣した。

防衛軍は 那覇港の入り口に築かれた砦に配備された。
そして 4月1日島津軍の船団がそこへ突入したのである。

島津軍を迎え撃ったといわれる三重城跡。現在も 那覇港に面した場所に
残っている。

ここから…「高石垣に矢狭間をあけ大石火矢を構え置き湊口には鉄の網を張って 警戒していた。
石火矢を放つと船は ことごとく破壊された」。ちょうど この奥のとこですね。

その島津軍の船に対して…撃退をした船を焼いたというふうに記録に出てきますから
実際の戦いでも非常に効果的にですね
この三重城が機能したんだというそういう様子が分かります。

 

53: 2018/09/18(火) 15:02:30.03 ID:4iTs7pKE
石垣から奄美まで毎年軍事行動していた事実を知れば中華思想満載の書物をありがたがることもないだろうにね

 

60: 2018/09/18(火) 21:51:32.71 ID:XIhd0yax

琉球は一万動員できた!nhkがゆってた!キリッ!

バ○丸出しwww

 

61: 2018/09/18(火) 22:00:21.50 ID:XIhd0yax
基本的に沖縄は、日本最低の
最貧地域だよ。夏子陽が言ってるとおり。
薩摩が隣だったのが不幸とか
そういうレベルの問題じゃない。
比較していい地域じゃない。
象とウジ虫みたいなもの。
一回行ってみりゃすぐわかるよ。
鹿児島は見渡す限りの大平野。田んぼばっかり。
沖縄にそんな地形ないもん。
平地が少なくて土も痩せている。
川もドブ川しかないし。

 

63: 2018/09/18(火) 22:34:31.07 ID:5yM0Oe0c
薩摩は戦国時代は米の取れない貧しい土地だろ
まあそんな貧乏藩に琉球王国は負けたわけだが

 

65: 2018/09/19(水) 07:22:56.68 ID:N9pvQviD

まあ低偏差値は大好きなnhkでも見てたら
いいんじゃないかなwww

nhkによると琉球は一万は動員できた!キリッ!
ビックバン級のア○だなww
自称ですらそんな大軍は存在したことないぜww

 

66: 2018/09/19(水) 07:24:54.69 ID:N9pvQviD
ちなみに琉球は米はもっととれませんww

 

68: 2018/09/20(木) 00:23:28.98 ID:tvb0WjGV

まあ今の学界で、琉球軍が大砲撃った!
とか主張する奴は誰もいないと思うよwww

この間の番組でも
岡山大学教授の上原兼善はそんな事
一言も言ってなかったでしょ?
実際彼の著作にはそんな事書いてないからな、
もう一つの慶長の役だっけ?

そのたわ言をほざいてたのは
在野の上里隆史ってア○。
今でもこんなたわ言に固執してるのは
彼だけだよwww
この手のたわ言を発明した
高良庫吉や紙屋敦ゆきの直接の弟子だからなww

で、彼はなんのポストも得られず無職。
つまりそーゆー事。

 

69: 2018/09/20(木) 00:38:33.35 ID:tvb0WjGV

地域によっても空気は違って、
琉大はまだこの手の
琉球は実は凄かった!式のたわ言にこだわってる。
上がその路線で育ってきたからね。
ただ若手は引きつつあるね。
鹿児島に逃げてった奴もいるしwww

鹿児島はドン引きしてる。
特に大島、徳之島の歴史家は
琉大の本島中心史観に不快感を抱いてる。
ちなみに鹿児島県史は近世琉球の通史として
非常に完成度が高い。
参照してる史料が豊富。
これに比べると旧沖縄県史も及ばない。
史料不足。
新沖縄県史はただのクソ。

岡山は距離置いてるね。
ア○らしいから関わらないって感じ。

早稲田の沖縄研究所は
沖縄凄かった路線にべったりだったけど
天罰てきめんで潰れちゃったねww

 

71: 2018/09/21(金) 16:24:14.78 ID:OMLCH5BZ

へー、戦争ばかりしてると
どこでも軍事大国になっちゃうんだww
まるで軍事大国のバーゲンセールだなww

琉球みたいなアフリカの
ナントカ部族レベルの
ゴミ貧困国が軍事大国なら、
薩摩はどうなっちゃうの?
スーパーウルトラデラックス軍事大国?
日本はスーパーウルトラメガアイアン軍事大国?

バ○じゃない?

 

72: 2018/09/21(金) 16:31:12.42 ID:OMLCH5BZ

琉球史で興味深いのは、
規律がとれず武器も貧相で
金が無くても、
残虐性や○人行為には不自由しないってことだよww
武器がろくになくても
人間は○し合いをする?

縄文時代も決してへいわだったわけではなく
こんな感じだったんだろうなってことが
分かる。
周回遅れで未開人やってくれてるような
モンだからね。

そして野蛮さからくる凶暴性は
結局は規律や冷静さには全く通用しない。
むしろ獣性丸出しでモラルがなく
信念や自己抑制がないから
自分より強いとみたら
一切歯向かわず土下座する

 

73: 2018/09/21(金) 16:45:56.30 ID:OMLCH5BZ

そもそも既に述べたように
大島や八重山に出兵を繰り返していたのは
むしろ弱体化したためであって
その意味では大国とは程遠い。

尚巴志王統では大島などは
戦わずして心服していた。

 

79: 2018/09/21(金) 20:06:47.44 ID:OMLCH5BZ

八重山人はオヤケアカハチを中心に
団結して、残忍凶悪な王府を迎えうった。
不利であっても戦う。男らしい戦士の集団だ。

それに対し、王府は薩摩に速攻土下座www
情けない惨めな連中だwww
徳之島人は戦ってるので
琉球人のチキンっぷりがなおさら際立つww

まあチキンだから生き残れたとも言えるんだが、
400年たってから急に恥ずかしくなったらしく、
那覇港で鉄砲うった!ウリは軍事大国ニダ!
などとたわ言を言い出す。
チキンの先祖が嫌なら県内に八重山があるんだから
八重山人になればいいのに
何故か内地に張り合って自称軍事大国ww
結局内地にコンプレックスがあるだけww
哀れな連中ですわwww

 

81: 2018/09/21(金) 20:31:31.14 ID:OMLCH5BZ

いやあ、全くその通りなんですわww
当時の沖縄で一万もの兵隊集める方法なんて
アタシは馬○なんで想像もつかない、、、
どうやって集めるんでしょうね?
4次元空間から連れてくるの?

中山自称ですら、3000が最大ですがwww
いちまんwwww
妄想だけは雄大だなww

 

83: 2018/09/21(金) 20:47:59.49 ID:OMLCH5BZ

沖縄の戦国時代って、結局何も語ることがないんだよね。
実際史料にも何も書いてないが、
書くほどの事が無かったんだろうwww
野犬の縄張り争いみたいなモンだから。
城に篭って援軍が来ることはない。
心が狭く見識も浅く遠国と外交連携する
という発想がないから。
かといって野戦もしない。
野戦ができないから。
兵員がチキンでプレッシャーに弱く
踏み止まって戦えず戦列が組めない

だから数が多い方が適当に囲んでたら
そのうち裏切り者が出てきて自然に
決着がつく。
もしくは夜襲。

ニューギニアの石器人は
昼の公然たる戦争では戦わない。
お互い示威行為しかしない。
ぶつかればどちらも怪我するから。
本番は夜襲。夜襲では残虐に
女子供でも○す。
何故夜襲だとハッスルするかと言えば
相手が無抵抗だから。
野獣と同じ。野獣は自己中心的で卑怯で残忍。
石器人も野獣とそんなに変わらないから
自己中で卑怯。
琉球も同じ。ケダモノと同じことしかしないから
書くような事が起こらない。
野犬の縄張り争いで特に
書くような事が起こらないのと同じ。

 

84: 2018/09/21(金) 21:02:31.63 ID:OMLCH5BZ

既に述べたように
沖縄人は初めからバ○だったわけではなかった。
最初に城を作った内地人は、
要塞間の連携も考えていたようだ。
糸数城は玉城防衛のために
子供に作って与えたものと言われる。
もともと沖縄は
源頼朝がやらせた
平家追討のための喜界島遠征の影響で、
喜界島の商人や平家が逃げてきて
沖縄に交易センターを移動した事に始まる

実際尚巴志王統までは
徐々に衰えて野蛮化しつつも、
内地の戦争文化が残っていた
例えば尚徳は八幡大菩薩に祈願しているし
相手方の喜界島人も日本人や平家の血筋であることを
誇りとしていた。

尚円王統への交代で
内地の文明が破壊されて完全に野蛮化してしまい
ただのチキンの連続○人鬼になってしまった。
大島では民間人虐○もしている。
尚巴志王統はそんな事はしなかった。
尚徳は喜界島の現地首脳を許して地位保全したが
尚真はアカハチや奴に味方した
八重山住人を虐○しあるいは農奴にした。
しかも自分に味方したナータフーズのムスメである
アカハチの妻も虐○した。
弱い奴ほど残虐なんだよね。
強い奴は意外と寛大。
その気になればいつでも勝てると分かってるから
薩摩も尚寧を許してやったしな

 

85: 2018/09/21(金) 21:08:57.02 ID:OMLCH5BZ

沖縄の城は実はあまり意味がない。
篭ってても援軍が来ないから。
篭ってても劣勢な側は結局負ける。

恐らくは
喜界島から逃げてきた第1世代の構想としては、
源氏の追討に備えたものと思われる。
その頃は軍事的意味があったんだろうが、
速やかに単なる支配力の象徴になってしまった。

 

86: 2018/09/21(金) 21:16:04.23 ID:a4BgiPNI
しかしどっから築城技術習得したのかな?

 

87: 2018/09/21(金) 21:22:10.84 ID:OMLCH5BZ

平家の落人伝説は沖縄にもある。
琉大の歴史学者に聞くとファビョるが、
これは琉大が、琉球は独自でなければならない!
という妄想に囚われているため。

実際には考古学的には、
沖縄が喜界島文明の劣化コピーであることは明らかで、
喜界島に平家が来ていたことは
吾妻鑑、喜界島現地家譜双方で一致している。
まあ別に平家は喜界島文明のごく一部で
これだけを強調する意義はないが
もはや今となっては、
平家落人伝説をファビョって否定するのはただのア○。
沖縄の文明化は
結局、源平合戦の余波に過ぎない。

 

88: 2018/09/21(金) 21:24:42.00 ID:OMLCH5BZ
築城技術は内地人が持ち込んだ。
石垣がどーのこーのと言う奴がいるが
そこに石灰岩があるから使っただけ。
沖縄の山は土が痩せていて石灰岩が
そこここに露出している。
あるもので必要なものを作る。
それだけの話だ。

 

104: 2019/02/14(木) 01:42:19.99 ID:ldcayyoz
>>88
内地にはそんな建築技術はなかった
捏造乙

 

89: 2018/09/21(金) 21:37:06.07 ID:OMLCH5BZ

ちなみに築城の最盛期は
あくまで文明化して初めの頃だからな。
13世紀頃。
大型の城はこの辺で出揃ってる。

例えば尚巴志は新しい城は一切作ってない。
この頃には城の意味は乏しくなってたんだろう。
さっきも言ったように軍事的には意味をなさないからな。
援軍が来ないから。
集落はやまの麓に移って
古い本格的な山城の周囲は田舎化し
支配にも適さなくなっていた。
護佐丸の中城増築が過大に言われるが
もともとあったものに
付け足しただけだからな。
完全な新造は行われなくなっていた。

 

90: 2018/09/21(金) 21:49:29.37 ID:OMLCH5BZ

英祖のもともとの居城、いそ城に至っては
おもろさうしにアマミクが作ったとはっきり
書かれている。
首里も中山世譜に天孫氏が作ったと書かれている。

沖縄の城は内乱のために作られたものではないんだよね。
喜界島から来た第1世代が作った。
恐らく源氏の追討を想定して。

まあ同じくらいの豪族が
じゃれあってた内乱の時代には
それなりに役に立ったかもしれんが
尚巴志の統一戦がある頃には
全く役に立たなくなっていた。
尚巴志は城には頼らない。
相手にとっても尚巴志の前には役に立たない。

 

91: 2018/09/21(金) 21:51:23.19 ID:okR325Dm
沖縄は内地の赤い人たちのお人形さん

 

92: 2018/09/21(金) 23:19:09.19 ID:OMLCH5BZ

結局、沖縄って昔から
日本から切り離されていたわけでは
全くないんだよ。
普通に日本人はしょっちゅう来てた。
日本との繋がりで発展してきた。
使琉球録にも書かれている通り。
日本が琉球にタイから南蛮の産物を
転売しているとか、
日本から多額の借金があるとか。

沖縄の特徴は黒潮で四方を囲まれていることだが、
七島があるがために
日本からは比較的移動しやすくて
それが文明の起源になった。
尚巴志とかも与那原で
日本の商船から鉄を買ったと
中山世譜に書かれているし、
あまわりの先代の
もちづき按司とか名前からして完全にないちゃーww
ちなみにもちづきは方言ではない。
沖縄のいかなる方言でも月をツキとは発音しないし
モチヅキなんて単語はない
おもろさうしにも出てくるが
ティダの対比語として使われており、
明らかにおもろ作者は
この標準語を意味を理解して使っている。
おもろさうしは
一般的には沖縄のイノセントな文化を
反映しているとされているが、
こういった事実は、
おもろ作者は方言しかわからない
バ○ではないこと、
なおかつこのようなエリートは
一貫して、同時代の内地の標準語を
ちゃんぽんで使っていたという事を示している。

宮古にもキサマ按司というのがいて
伝承でもないちゃーとされているが
名前みたら誰でも分かるレベルww

 

97: 2018/11/14(水) 09:34:10.64 ID:T8oYkZo+
海外交易も実際は儲かってなかったんだっけ?

 

 

引用元: https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/sengoku/1527915196/

スポンサードリンク