世界歴史ちゃんねる管理者からのお詫び

2021年7月3日未明〜、サーバ移転によりアクセス不可が生じておりました。
現在は移転完了しており、前のサーバより安定してより訪問者の皆様へより良いコンテンツをご提供できるよう尽力させていただきます。
訪問者の皆様にはご不快とご迷惑を与えて申し訳ございませんでした。

オススメ記事(外部)

幕末の蘭医学者・緒方洪庵の開かずの薬瓶を、素粒子を使って透視したら 中身は塩化水銀

1: 2021/03/21(日) 08:37:15.66 ID:S0eIxUNw9
 大阪大学などの研究チームが、幕末の蘭(らん)医学者である緒方洪庵(1810~1863)が往診などで使ったとされる薬瓶の中身を突き止めた。瓶が古くフタが開けられないままになっていたが、素粒子の一種「ミュー粒子」を使った「透視」に成功した。

緒方洪庵は幕末、阪大医学部の源流とされる蘭学塾「適塾」を開き、医療や教育に力を注いだ。研究チームによると、阪大は洪庵が愛用した薬箱二つを所蔵。このうち晩年に使った薬箱には、ガラス瓶22本と木製の筒状容器6本が残っているが、およそ半数は開けられない状態で、中身の詳細はわからなかった。

そこで研究チームは、白い粉末が入ったガラス瓶1本を、茨城県東海村の大強度陽子加速器施設「J―PARC(ジェイパーク)」に持ち込み、ミュー粒子をあてて中身を調べることにした。

…続きはソースで。
https://www.asahi.com/articles/ASP3M3287P3KPLBJ00D.html
2021年3月19日 15時00分

6: 2021/03/21(日) 08:39:34.82 ID:GPOVTw+u0
>>1
つまり消毒用か
21: 2021/03/21(日) 08:45:20.44 ID:l1pyPbqD0
>>1
塩化水銀って白粉にも使われていたからな

昭和に入っても鉛成分の化粧品があって、歌舞伎役者とか
化粧を落とすと肌が黒ずんでた人もいたという

40: 2021/03/21(日) 08:55:09.33 ID:O20r/Y2U0
>>21
「伊勢白粉」なんて名前で売ってたらしいな
でも高価だったから化粧品というより実際には
虱取りや梅毒の為の生薬として使ってたそうだ

歌舞伎役者は金があるから
高価な薬でもドーランとして使えたのかもな

2: 2021/03/21(日) 08:37:50.32 ID:fJqQjimT0
薬効有りー
96: 2021/03/21(日) 09:28:43.91 ID:ST6Chf0r0
>>2
進めー!
3: 2021/03/21(日) 08:38:39.89 ID:3ok5WI3k0
もし飲んだらタヒぬ?
105: 2021/03/21(日) 09:38:27.25 ID:fJqQjimT0
>>3
タヒなない
119: 2021/03/21(日) 09:56:09.73 ID:bhG1NXtB0
>>105
うそつき。

塩化水銀(II) の毒性は腐食性で非常に強力である。生物の血液に付着すると無機の水銀は蛋白質に結合する。皮膚に直接触れると皮膚炎や神経系の異常を起こすことがあり、いらだち、不眠、異常な発汗などの原因に繋がる。水で薄めた昇汞水の致タヒ量でも0.2~0.4 gほどであり、誤って1滴飲んだだけでも生命に関わる。

120: 2021/03/21(日) 09:59:16.98 ID:uvqJDBf+0
>>119
甘汞って書いてあるやろ
121: 2021/03/21(日) 10:00:22.50 ID:LXj07giz0
>>119
塩化第一水銀(甘汞)は、そこまでの毒性はない。
4: 2021/03/21(日) 08:38:57.13 ID:xPWkRJju0
水銀だと蘭学よりも、中国の長寿迷信だな。
9: 2021/03/21(日) 08:40:17.94 ID:to3H5gZa0
>>4
始皇帝とか武帝も水銀中毒だったのか
12: 2021/03/21(日) 08:42:14.29 ID:xPWkRJju0
>>9
水銀を長寿になる薬、として飲む文化があったからね。
37: 2021/03/21(日) 08:53:59.14 ID:r/5iz2NO0
>>4
リンカーンも水銀入りの薬で水銀中毒だったからアメリカには水銀療法が伝わってたんだろうな
47: 2021/03/21(日) 08:56:37.82 ID:lKYyOzxK0
>>4
梅毒の治療に水銀は近代以前の西洋医学の基本だぞ。
シューベルトもそれでタヒんだ。
60: 2021/03/21(日) 09:03:14.11 ID:r/5iz2NO0
>>47
まぁ東洋のも迷信だけど西洋のも迷信だよね
西洋医学の水銀もホーエンハイムが賢者の石を用いた錬金術が始まりだし
ちなみに賢者の石というのは水銀を含んだ鉱石のシナバーのことらしい
86: 2021/03/21(日) 09:22:35.35 ID:lKYyOzxK0
>>60
西洋医学は18世紀くらいは解剖学とかが進んでたくらいで、
そのころの東西のレベルの差はわずかかもね。
結局治療らしい治療の実現は血清療法まで無いに等しいわけだしね。
東西ともに医者にかかったほうが早くタヒぬという状況だね。
92: 2021/03/21(日) 09:26:51.94 ID:k+qCw6sI0
>>86
衛生上手洗いが重要っていうのもごく最近の知見っぽいもんね
医師や医学生が午前中解剖してそのままの手で分娩に携わってたら妊婦さんも赤ちゃんもタヒにまくってたとか…
助産婦さんだけの妊婦さん&赤ちゃんの方が致タヒ率が低くて判明したらしいけど
108: 2021/03/21(日) 09:43:17.43 ID:NcHSc7UI0
>>92
その事実を発表した学者は「神聖な医者が原因な訳無いだろ!!」って猛抗議受けた挙げ句
学会から追放されて発狂して亡くなったんだよな
114: 2021/03/21(日) 09:48:40.96 ID:roBmdan/0
>>108
なおその後それを再発見するのがナイチンゲールさんである
ひたすら掃除洗濯掃除洗濯!でタヒ者が減った
イギリス人は「理由は分からんが役に立つならそれでよし」だからなあ
118: 2021/03/21(日) 09:53:21.92 ID:SfRCGhVP0
>>114
日本が欧米、とくに米国よりコロナ少ないのも、祓い給え浄め給えの伝統と、学校や家庭の手洗い励行習慣だろうしな。
156: 2021/03/21(日) 11:57:05.88 ID:wK7C9QRj0
>>118
日本ではスペイン風邪の時に手洗いうがいを推奨する教育に力を入れて今に至るらしいが
水不足でもない欧米で何で根付かなかったんだろうな
163: 2021/03/21(日) 12:37:10.99 ID:r12uhsZA0
>>156
正しくやれば手洗いは有効なのにね(ただうがいは科学的には効果無しっぽい)
確か米や仏でトイレで手を洗わないのが数割って統計見掛けたことあるしで、風習なのか躾なのか衛生感覚は鈍いと思う
165: 2021/03/21(日) 12:48:44.33 ID:qSIjOb6e0
>>163
トイレで手を洗わないのは日本も男性ではかなり多いって去年くらいかな?ニュースになってたと思う
某宿泊施設のレストランの若いバイトの男の子がトイレの後に手を洗わずサーブしてたのを上司に叱られてて戦慄したことあるけど…
148: 2021/03/21(日) 11:39:36.68 ID:k+qCw6sI0
>>114
ナイチンゲールって実働期間短いのに功績ハンパないよね
お嬢様でコネがあったから軍部にも物怖じせずに
バリバリ掃除洗濯
病院の経営まで改善していって
白衣の天使というよりまさに女傑ってイメージの方だよね
「看護覚え書き」とかひたすらカッコいい
5: 2021/03/21(日) 08:39:00.57 ID:c0kh3xCZ0
猛毒じゃねえか!
154: 2021/03/21(日) 11:54:45.97 ID:jnutrVKd0
>>5
薬は何でも毒だよ
濃ければ
7: 2021/03/21(日) 08:40:11.81 ID:74jvoH0r0
白い粉末が入ったガラス瓶……

ペロッ、…これは!

131: 2021/03/21(日) 10:25:00.18 ID:RjxV3qK40
>>7
うっお腹が痛い。漏れる・・・。
16: 2021/03/21(日) 08:43:44.21 ID:qbtXToEj0
必○仕事人
24: 2021/03/21(日) 08:47:43.20 ID:BTzFe3wb0
緒方「いやあぁあっっ!見ちゃらめぇぇええええ!!」
28: 2021/03/21(日) 08:49:02.46 ID:XmfjCYk30
先生今日も浣腸お願いします
101: 2021/03/21(日) 09:35:11.34 ID:roBmdan/0
>>28
セントヘレナ島に返ってお願いします
34: 2021/03/21(日) 08:52:43.09 ID:3YMiqpl/0
アリストテレスの四元素説、錬金術が紀元の話だな。

全ての物は四元素を組み合わせで出来ており、
その組み合わせで金が作れるとか。

辰砂を加熱すると水銀が精製できた。
固体から液体へ変わる。

そのことで、錬金術では水銀が重要な意味がある
と思われていた。

43: 2021/03/21(日) 08:55:18.30 ID:xTkICLiw0
梅毒の治療に水銀を使うって緒方先生が言ってた(´・ω・`)
46: 2021/03/21(日) 08:56:36.93 ID:igV1FY+10
>>43
むかし毛ジラミの○虫に水銀軟膏を使っていたそうだが
54: 2021/03/21(日) 09:00:23.15 ID:Fw9zjKd40
>>46
すくなくとも水銀の有毒性は江戸時代には確認されてたよな?
67: 2021/03/21(日) 09:08:35.76 ID:3fJHucBh0
>>54
昭和になっても製造されていたようだが

原沢製薬の一世紀に渡る歴史
https://www.harasawa.co.jp/history/

https://www.harasawa.co.jp/wp_co/wp-content/themes/harasawa/img/history/history-s17.jpg

71: 2021/03/21(日) 09:10:17.68 ID:Fw9zjKd40
>>67
おれもググったけど、有用性もあったようだね
現代じゃ安全な代用品があるだろうから人体接種塗布はまずなさそうだけど
72: 2021/03/21(日) 09:11:33.12 ID:3YMiqpl/0
>>71
水銀と言っても化合物によっては無害。
77: 2021/03/21(日) 09:15:45.49 ID:Fw9zjKd40
>>72
またひとつおれの間違った常識が是正されたよ
ありがとう
48: 2021/03/21(日) 08:57:12.84 ID:ie8ujH9A0
赤チン

最近見ないね

69: 2021/03/21(日) 09:09:37.89 ID:rUGMTPns0
>>48
ちょっと前に生産終了って記事を見た気がする
50: 2021/03/21(日) 08:58:09.06 ID:7in3ISl60
透視できるならもっとみんなが喜ぶことに
66: 2021/03/21(日) 09:08:31.56 ID:c5GxxL+h0
>>50
67歳以上のみ適用される透視能力が当たりました!
しかも強制的に局部のみ高精細なビジュアルでアナタの眼前に浮かびます!!
やっちね!
59: 2021/03/21(日) 09:02:41.47 ID:x98rj8J80
ていうか、水銀はどこから採ったん
64: 2021/03/21(日) 09:07:36.14 ID:Fw9zjKd40
>>59
水銀は天然では遊離した状態で存在することは稀で、大部分は赤色の硫化物 (=HgS:辰砂しんしゃ cinnabar) として存在し、主に火山地帯や温泉地域の熱水鉱床に産出します。

この朱色の辰砂を空気中で加熱すると水銀蒸気と亜硫酸ガスが発生し、その水銀蒸気を冷却凝縮させることで水銀が精製できます。

水銀と人類のかかわりの歴史は古く、エジプトの墳墓や中国の殷の遺跡からも硫化水銀 (辰砂) を主成分とした、朱で彩色した出土品が数多く見つかっています。

また、水銀は不老不タヒの薬の原料として、中国の始皇帝など歴代の皇帝にも愛用されていました。薬としてだけではなく顔料としても、日本でも飛鳥時代には既に珍重されていたという歴史があります。

日本においては大和朝廷の時代より神社の鳥居や朱門などに辰砂が利用され、特に歴史上有名な水銀の利用は、奈良時代の東大寺の廬舎那仏 (大仏) 建立時の金メッキ塗装です。

金と水銀を一定比率で混合したアマルガムを銅で出来た大仏の表面に塗布し、それを周りから熱することで水銀を蒸発させることで金メッキを完成させたようです。

一説では大仏の完成までの期間に使用された水銀は2トンを超えたとも伝わっており、その際に発生した有毒の水銀ガスの吸引により多数のタヒ者がでたと言われています。

なんやで。

106: 2021/03/21(日) 09:40:26.48 ID:bpKTK0Ih0
>>64
奈良の大仏が建立される間、付近で疫病が流行った
それが大仏が完成するとピタリと止んだ
人々は大仏の功徳だと手を合わせたという
今では疫病は水銀中毒で大仏そのものが病気の原因だったと考えられてるのだとか
70: 2021/03/21(日) 09:09:46.97 ID:3YMiqpl/0
>>59
辰砂(硫化水銀)は火山地帯で取れる。日本でも取れる。
顔料、金銀の採掘など、色んな用途で使われてる。
62: 2021/03/21(日) 09:04:46.22 ID:+Nl0P4Yl0
なぜか鳴滝塾と勘違いしてた
63: 2021/03/21(日) 09:06:21.42 ID:Q28LauQV0
いまの時代も、数百年後になんか透視されて
「すごいもの使ってたんだな…」って後世の人類に唖然とされますように
76: 2021/03/21(日) 09:15:42.19 ID:kZN6sEjY0
>>63
最近まで毒キノコだと知られずに食用にされてたスギヒラタケなんてのもあるしな
79: 2021/03/21(日) 09:17:10.61 ID:Fw9zjKd40
>>63
放射線なんかも結構時間かかったんだよなぁ
93: 2021/03/21(日) 09:27:00.72 ID:lKYyOzxK0
>>79
俺が子供のころはジャガイモに放射線を当てると芽が出なくなって長持ちするといわれてたよ。
もちろんプラスの話題としてw
117: 2021/03/21(日) 09:50:15.23 ID:0xUvCbk90
>>93
今もやっているやろ
73: 2021/03/21(日) 09:12:33.75 ID:gXtqQfVf0
凄いな。普通に穴あければいいところを、陽子加速器使って調べるなんて‥
91: 2021/03/21(日) 09:25:55.63 ID:Fw9zjKd40
>>73
緒方洪庵の持ち物だからねぇ
中身の解明よりも文化財としての価値が上回るからおいそれと割って調べるとはいかんもんね。しかしすごい時代になったもんだ
115: 2021/03/21(日) 09:49:23.65 ID:SfRCGhVP0
>>73
・緒方洪庵に関する人文学
・日本薬学史(薬学)
・素粒子物理の応用工学

カネはかかるが、一粒で三度美味しい研究でもある

102: 2021/03/21(日) 09:35:14.19 ID:8pup7AoH0
昔は虫歯を削った後の詰め物も水銀アマルガムだったな
124: 2021/03/21(日) 10:09:27.84 ID:pP5cQ73x0
昔の家庭医学書には塩化水素の水溶液、昇汞中毒の対処法が書かれていた

牛乳や重曹水を大量に飲ませるとか。

125: 2021/03/21(日) 10:09:59.77 ID:PE9YtAKJ0
Jinで知ったわこの人
126: 2021/03/21(日) 10:19:54.28 ID:+9ghUJC/0
安岡章太郎の小説にも出てくる。
不良中学生が梅毒になってあやしい薬屋で水銀の入った薬を買って飲んでタヒぬエピソード。昭和初期。
132: 2021/03/21(日) 10:25:50.91 ID:QDAGXNJ60
>>126
昭和になるとサルバルサンって薬が出て来る
これもヒ素で毒なんだけどね
149: 2021/03/21(日) 11:40:52.61 ID:7VGyDvkl0
>>132
現代は処方薬として管理されているだけで、ほぼずべての薬は毒
129: 2021/03/21(日) 10:23:08.62 ID:QDAGXNJ60
時代的に梅毒の治療用かの?
134: 2021/03/21(日) 10:48:07.33 ID:Bx7D8VXd0
緒方洪庵って
なぜ大河ドラマで主人公にならないのか?
武田鉄矢以外でお願いしたい
135: 2021/03/21(日) 10:52:30.83 ID:zBsivCUn0
つまり、不老不タヒの薬か!

あれで何人タヒんだのか?

172: 2021/03/21(日) 14:32:58.98 ID:S5+dMKwF0
>>135
それは硫化水銀じゃなかったかな?
137: 2021/03/21(日) 10:59:53.53 ID:AvEMgq/j0
まあ梅毒の薬だろうな
138: 2021/03/21(日) 11:03:29.17 ID:r12uhsZA0
>>137
そうそう、うろ覚えだがファン・スウィーテン水だっけ
141: 2021/03/21(日) 11:09:08.60 ID:J+89Z9o80
体温レベルの温度で複数の薬と組み合わせて使っても水銀の毒性って消えることあるのか?
あるんならノーベル賞ものだろ
結局、直る見込みがない患者に対して毒による痛みで病気の苦痛を緩和するとかそんなもんだろうな
143: 2021/03/21(日) 11:21:43.40 ID:Hm4ufdME0
硝子の瓶って開かなくなるんだ
145: 2021/03/21(日) 11:30:53.89 ID:AY5f5IRm0
似ていて毒っぽくない?名の塩化銀は粘膜等の腐食性高く無かったっけ?
>>143
すりガラス状で気密を得るやつは、あるあるですな。
151: 2021/03/21(日) 11:49:08.70 ID:b2nn8oe+0
>緒方洪庵が治療を指示した手紙史料の解読研究では、
>甘汞は単独ではなく、複数の薬物に配合して、
>脳卒中やリウマチ様症状の患者に使われたと考えられる
155: 2021/03/21(日) 11:55:55.46 ID:jnutrVKd0
>>151
脳卒中やリウマチにはイタイイタイ病が効果あるのか
159: 2021/03/21(日) 12:13:12.10 ID:idoxTIQT0
始皇帝をはじめ
古代の者たちは何故それほどまでに
水銀を万能薬のごとく信仰したのか?
後遺症やタヒ者を眼のあたりにしても尚、信じたあたり
もはや単なる間抜けにしか思えない
169: 2021/03/21(日) 13:08:09.17 ID:QDAGXNJ60
>>159
水銀はものすごい抗菌、○菌力があるのよ
時代的に流行り病ですぐタヒぬのか、水銀で少し延命してタヒぬのか
どっちが良いか
水銀はすぐにはタヒなない
この辺は何故かあまり語られない
171: 2021/03/21(日) 13:25:44.16 ID:FH+/SRSX0
>>159
数百年後には今の治療もア○っぽく思われるのがあるかも
184: 2021/03/21(日) 19:26:03.92 ID:6g7VK3JW0
適塾スレw

まあ福沢諭吉の『福翁自伝』や手塚治虫の『陽だまりの樹』で
往時の様子はしのべますが、その緒方洪庵先生の往診カバンから
薬箱がでてきて、薬瓶を開けずに中がわかりましたか。
これが文化文明の技術ってやつで、泉下の洪庵先生も目を見張るだろうねえ。

別にエスパーにならなくてもオカルトにはしらなくても
科学の力で出来るのさ。サイコキネシスwww

あ、あと>>159 くんのネタでなぜ水銀を妙薬と信頼したかって
…そりゃ、当時の権威あるものが効能を保証したから、でしょ。
その点については太古の昔も今の我らも変わるところはないさ。
我ら民草には薬効か有益有害かわからないでも、
権威者がいいといえばそれはいいと思うもんなのさ。昔も今も。

ん? そっから先の現代的なこもごもについては何も言わないぞwww

162: 2021/03/21(日) 12:33:21.65 ID:ScMjs/gA0
高橋留美子のおじいちゃんが緒方洪庵の弟子
185: 2021/03/21(日) 19:43:30.60 ID:CsQ3WXea0
>>162
マジか!
191: 2021/03/22(月) 00:19:32.27 ID:UiQaheGN0
>>185
手塚治虫のご先祖さまも緒方門下やで
それを描いた作品が『陽だまりの樹』
164: 2021/03/21(日) 12:43:36.12 ID:IGgMZGHY0
「おい村田。これ飲んでみろ」
「いくら先生と言えどもその願いは聞けませぬ」

「おい福沢。これ飲め」
「わかりました」

168: 2021/03/21(日) 12:59:44.07 ID:z/Vn5YqR0
0か100
右か左
毒か薬
お前らホント両極端だなあ
170: 2021/03/21(日) 13:13:23.17 ID:qSIjOb6e0
>>168
(ゝω・) テヘペロ

まあ自分は無知なせいですが…
物を知らないって悲しいッスね…(´;ω;`)ウッ…

173: 2021/03/21(日) 15:59:52.68 ID:ft2ou26X0
でも水銀とかヒ素等は、極少量であれば身体に無くてはならない存在だそうだ。

ヒ素化合物は人体内にごく微量が存在しており、生存に必要な微量必須元素であると考えられている。

174: 2021/03/21(日) 16:01:41.28 ID:ft2ou26X0
無機水銀は、身体からすぐに排出されるが、有機水銀は極めて危険。
あっという間に水俣病になるよ。
175: 2021/03/21(日) 16:35:09.64 ID:EbaMzz270
無機水銀なら経口摂取してもほぼ毒性はないが、
蒸気による肺毒性があるので安全ということではない。

だから水銀体温計とかを気軽に燃えるゴミに捨てちゃダメ。
焼却炉で燃やされて有毒ガスになる。

177: 2021/03/21(日) 16:52:04.74 ID:PDC0H5SG0
洪庵先生なんてあぶないものを?!
198: 2021/03/22(月) 18:06:29.53 ID:+05eOMJd0
なぜ空海が高野山にお寺を建てたかというと
当時万病に効く薬と言われていた
水銀が採れたからという説濃厚
199: 2021/03/22(月) 18:13:13.46 ID:uIlOJT4H0
化粧の白粉にも使われてたから
それが授乳とかで乳児が服用する形になって乳児や子供が早タヒにしてたんだよな
昔の子供が早タヒになのは水銀中毒も多かった
200: 2021/03/23(火) 11:28:49.04 ID:DiwTxHH10
要するに赤チン

引用元: https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1616283435/

スポンサードリンク