【古生物】過去の大量絶滅「ビッグ・ファイブ」は5回でなく6回、研究者が提唱

1: 2019/12/21(土) 18:07:16.31 ID:HORyfngJ9

■グアダルピアン世末の絶滅は、生態系を一変させる「大量絶滅」だった

現代の生物多様性の危機は、しばしば「第6の大量絶滅」と呼ばれる。だが、これからは第7の大量絶滅と呼ぶべきかもしれない。過去にもう一つ大量絶滅があったとする研究成果が発表された。(参考記事:「6度目の大絶滅。人類は生き延びられるか?」)

従来、大規模な大量絶滅は過去に5度あったと考えられてきた。1982年に米シカゴ大学の古生物学者ジャック・セプコスキー氏とデビッド・ラウプ氏が提唱した、いわゆる「ビッグ・ファイブ」だ。なかでも最大だったのが、約2億5200万年前のペルム紀末に起きた大量絶滅で、海洋生物の95%が絶滅したとされる。

ペルム紀末の大量絶滅は、そのわずか800万年前のペルム紀グアダルピアン世の終わりに起きた絶滅事件を見えにくくしていた。しかし、ここ30年の間にグアダルピアン世末の調査が進み、ペルム紀末の大量絶滅とは独立した絶滅であることがわかってきた。そして今、グアダルピアン世末の絶滅は他の大量絶滅に匹敵するものであり、これらを合わせて「ビッグ・シックス」と呼ぶべきだと、一部の研究者は主張している。

生命の歴史の中では多くの絶滅事件が起きている。なかでも規模の大きいものを調べることで、地質学者たちは絶滅のパターンや、共通の原因を明らかにしつつある。集まってきた証拠は、地球規模の絶滅の多くが海洋酸素濃度の低下と関連していることを示唆している。グアダルピアン世末の絶滅にも同じ傾向が見られるほか、現在の気候変動との関連も心配されている。

「5という数字にこだわるのは問題です」と、海洋古生態学者で米バージニア工科大学古生物学名誉教授であるリチャード・バンバック氏は言う。バンバック氏は、セプコスキー氏とラウプ氏の論文の査読をした人物だ。パーセンテージで見ると、ペルム紀末の大量絶滅は大半の生物をタヒ滅させた。しかし彼によると、グアダルピアン世末の絶滅は、生物多様性を大きく損なった。

「生の数値データで言えば、グアダルピアン世末の絶滅で失われた分類群の数は、ペルム紀末の絶滅で失われた数よりも多かったのです」と、バンバック氏は語る。

■溶岩の洪水が起きた地形

中国南西部に峨眉山(がびさん)トラップと呼ばれる地形がある。2億6000万年前のグアダルピアン世末に海底火山が噴火し、その溶岩が100万平方キロにわたって広がった名残である。この噴火で発生した大量のメタンと二酸化炭素は気候変動を引き起こし、海洋生物の60%が絶滅した。絶滅した生物の大半が、超大陸パンゲア周辺の熱帯の浅い海に生息していたものだった。

峨眉山トラップのような溶岩が広がってできた地形「洪水玄武岩」は世界各地にあり、5つの大量絶滅と関連づけられている。米ニューヨーク大学の地質学者マイケル・ランピーノ氏は、「1対1の関係があります」と言う。(参考記事:「世界最大の火山が覆る、日本東方沖の「タム山塊」」)

しかし、研究者は昔から大量絶滅を洪水玄武岩と関連付けていたわけではない。1980年代に非鳥類型恐竜は小惑星の衝突により絶滅したとする仮説が発表されて以来、ランピーノ氏をはじめとする地質学者たちは、その他の大量絶滅を説明するために小惑星衝突の証拠を探し回った。しかし、成果は得られなかった。

そこでランピーノ氏が目を向けたのが洪水玄武岩だった。インドのデカン・トラップは、白亜紀末の大量絶滅や、その原因とされる小惑星の衝突跡であるチクシュルーブ・クレーターと同じ頃に形成されたものだからだ。ペルム紀末には、さらに大規模なシベリア・トラップが形成されている。

「私はこうして小惑星衝突説から火山活動説に転向したのです」とランピーノ氏は言う。氏は過去10年、洪水玄武岩を大量絶滅や海の酸素濃度と関連づける研究を続けている。

https://cdn-natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/121900745/ph_thumb.jpg

続きはソースで

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/121900745/

38: 2019/12/22(日) 06:45:40.55 ID:W20VK0hD0

節操無しの研究者

>>1
>小惑星衝突の証拠を探し回った。しかし、成果は得られなかった。
>そこでランピーノ氏が目を向けたのが洪水玄武岩だった。
>「私はこうして小惑星衝突説から火山活動説に転向したのです」

 

3: 2019/12/21(土) 18:08:53.74 ID:whGOGxpA0
というか たった800万年で大量絶滅から復活できるのか???

 

13: 2019/12/21(土) 18:20:17.57 ID:zZh14E6Z0
>>3
それが信じられないから
六回、試した

 

29: 2019/12/21(土) 19:04:50.53 ID:Wv7HgX6C0

>>3
800万年前は
猿人すら存在しなかった
と考えれば
それほど短いわけでもないだろ

あと、たぶん庭木の剪定でいうなら
そのときは細かい枝がなくなった感じで、
それが800万年で回復し切れなかったから
史上最大の大絶滅につながったのかも

 

5: 2019/12/21(土) 18:10:27.91 ID:juZs9jCv0
↓マヤの予言が一言

 

7: 2019/12/21(土) 18:12:23.72 ID:8VvmnExp0

デスストラ
今度の6度目の大絶滅て人類は

あれ?

 

10: 2019/12/21(土) 18:14:10.27 ID:rajlprZh0
人には尻尾がない。
どうしてよ?

 

21: 2019/12/21(土) 18:40:05.99 ID:6kawMWHW0
>>10
退化しただけで尾てい骨はある

 

15: 2019/12/21(土) 18:22:41.69 ID:y0HdMKC40
自然界のリストラか

 

16: 2019/12/21(土) 18:27:09.27 ID:8sDZn/TD0
七つ目の世界か

 

17: 2019/12/21(土) 18:28:06.57 ID:zSwO3p1H0
地球温暖化は今回が初めてであるかのように騒がれているが、
それだって地球の長い歴史から見ればまるで息をするように無数に繰り返されて来たことだ。
地球は温暖化と寒冷化を周期的に繰り返して来た。

 

25: 2019/12/21(土) 18:44:41.12 ID:V1bvIPUE0
>>17
で?
人間が絶滅するかもって話をしてるんだが、それ何か関係ある?
人間が生息していない時代の話をして何の意味があるの?

 

28: 2019/12/21(土) 19:03:41.42 ID:BsRb75w50
>>25
実はホ○サピエンスがネアンデルタール人にとって変わったのは、十万年前の高温期でねぇ・・・もちろん今よりも温暖な気候
それ以前の寒冷期にはネアンデルタール人が圧倒的優勢だった
氷河期が終わると同時に両者の勢力が逆転し始め、十万年前の高温期から次のミニ氷河期でネアンデルタール人をホ○サピエンスが駆逐
急激な気候変動で現代人は苦境に立たされるかも知れないが、基本的にホ○サピエンスはネアンデルタール人よか温暖期向けに進化してきたんだわなぁ

 

31: 2019/12/21(土) 20:14:54.01 ID:KkoCBjoD0
>>28
で、その時代に80億も人間がいましたか?

 

35: 2019/12/21(土) 21:36:51.41 ID:BsRb75w50
>>31
数十億もいたら、もっと気候変動から生き延び不数が増えますわな
母数が多いんだから

 

18: 2019/12/21(土) 18:32:00.87 ID:EgXA7tSR0
だからこそ金持ちは備えてる

 

34: 2019/12/21(土) 21:21:59.46 ID:7iKtmUTQ0
>>18
人間が備えてて、どうにかなるもんじゃない

 

19: 2019/12/21(土) 18:34:47.70 ID:lAhylTbg0
7回目の絶滅が来たら起こしてくれ

 

20: 2019/12/21(土) 18:36:20.79 ID:qd2PShnd0
世界三大なのに4つあるとか、十三人衆だけど欠員がいて13人いないとか、そういうの好き

 

22: 2019/12/21(土) 18:42:17.72 ID:a3ouI5ok0
5人揃って四天王

 

23: 2019/12/21(土) 18:42:18.09 ID:jW5jV5bj0
そろそろリセットされそう

 

26: 2019/12/21(土) 18:49:21.15 ID:+VUolh8b0
ビックリ・ファイブってことか。

 

27: 2019/12/21(土) 19:00:31.58 ID:Tf5gUeNI0

5回でも6回でも大差ないよ(笑)

要は、何で絶滅したん?
何で回避出来んかったん?
これだけでしょ(笑)

俺は、これの呪縛を回避する楔を撃ち込んで来たつもりだけど
まあ、宇宙全体から見ればshowもない事象なんで何とも言えんけどさ

ま、色々あるのは分かってるでしょう
滅亡や再生を繰り返してても、宇宙の歴史からすれば一瞬の事だし
ましてや、人の人生なら尚更

てんてんてん、………、
三次元的な存在として言えばだよ
実は、生とタヒを繰り返す過程で、
個々の存在に対しては意味がある事

それが個人的になるのか、
人種的になるのか、民族的になるのか、
地球全体での事なのか
もうあり得ないだろうけど、例え滅びたとしても再生して繰り返すだけ

核心を述べれば、宇宙の真理を理解する事
あらゆる有形無形の生命体は、最終的に振動数で同調するように組み込まれている
これだけすっわ(笑)

振動数の単語で分からんかったら周波数のがええかな
例えばだけど、友達の結婚式で感動して同調したり、
悲惨な目に遭った友人の感情に同調したり
あるっしょ(笑)
これが、感情の同調現象、引き込み現象なんだけどね

目的は、全ての宇宙の存在とか感情が一つになる事なんだけどね
その前に、地球が一つにならんとあかんのは勿論だけどさ

久々、長文になってもうた
すまん、もう止めとくわ

 

30: 2019/12/21(土) 19:17:31.14 ID:HrmOwLiW0
医学が進歩して不老不タヒになっても地球が滅びたら生きていけないよな
どうしようすごく不安

 

32: 2019/12/21(土) 20:20:36.47 ID:LD8sCLIS0
巨大隕石で地殻津波のレベルだと痕跡すら残らないからそれ以前に生物がいたかどうかも不明だよね

 

33: 2019/12/21(土) 20:59:00.89 ID:EsPmk3Nu0
そろそろまた絶滅来るんかな?

 

36: 2019/12/21(土) 22:00:51.71 ID:yS+DMQB10
シベリアトラップというのか
物凄く長い距離の大地の裂け目からマグマが吹き出したのがペルム紀の絶滅だったっけ

 

39: 2019/12/22(日) 09:44:31.88 ID:g3fajGMN0
荒れ狂う地球の大変動
生物は絶滅の危機に何度も晒されて
復活する度に今迄とは全く異なる生物群が繁栄するんだよな

 

40: 2019/12/22(日) 09:51:23.24 ID:jm36RN2l0

「君子は豹変す」ということわざもあるがな

文豪で有名な森鴎外の本職は医者だが
脚気の原因は病原菌だと考えていた、

当時の西洋医学での常識から
そう考えるのは当然だったが
それにたいして玄米を食べさせて直す
という人が現れる
鴎外はその実績を認めつつも
病原菌探しを最後まであきらめなかった

科学者は柔軟じゃなきゃいけないと思うよ

 

41: 2019/12/22(日) 10:05:49.53 ID:W20VK0hD0

>「5という数字にこだわるのは問題です」と、海洋古生態学者で
>名誉教授であるリチャード・バンバック氏は言う。

言い掛かりもはなはだしい。6という数字に(ry

>「生の数値データで言えば、グアダルピアン世末の絶滅で失われた分類群の数は、
>ペルム紀末の絶滅で失われた数よりも多かったのです」と、バンバック氏は語る。

生の数字を出さないで、多い少ないをいうところが非科学的

「グアダルピアン世末の絶滅で失われた分類群の数は53万(個体数530万)であり
ペルム紀末の絶滅で失われたのは529000分類(個体数5300億)だったのです」と、バンバック氏は語る。

と端的に発表すれば大いに賛同を得られてノーベル芥川賞間違いなしなのに

 

42: 2019/12/22(日) 10:07:49.59 ID:ZCFnMwky0
>>41
記者が削ってるだけかもしらんよ

 

 

引用元: https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1576919236/

スポンサードリンク