オススメ記事(外部)

【歴史】ペスト医師、奇妙な「くちばしマスク」の理由 17世紀のフランスの医師が考案

2020年4月6日

1: 2020/03/18(水) 14:00:08.32 ID:CAP_USER

■なぜこの形? 中はどうなっている? 17世紀のフランスの医師が考案

ペストはかつて、世界で最も恐れられていた病気だった。止める術などわかりようもないパンデミック(世界的な大流行)が発生し、何億もの人々が亡くなった。犠牲者は、リンパ節が腫れあがって痛み、皮膚が黒ずむなど、悲惨な症状に苦しめられた。(参考記事:「「黒タヒ病」はネズミのせいではなかった?最新研究」)
https://cdn-natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/031600175/ph_thumb.jpg

17世紀のヨーロッパでは、ペストの治療にあたる医師たちは、独特な防護服を身にまとい、鳥のクチバシのようなものが付いたマスクを着用していた。以来、この格好は不吉なイメージを帯びるようになるが、それにしてもなぜこんな形のマスクを使ったのだろうか。

それは、恐ろしい病気の本質を理解できていなかったからだ。

何世紀にもわたり、ヨーロッパでペストが大流行を繰り返すなかで、富める者にも貧しい者にも公平に治療がほどこされるよう、ペストに襲われた町は専門家の「ペスト医師」を雇うようになる。彼らは予防薬やペストの解毒薬と信じられていたものを処方し、遺言に立ち会い、検タヒを行なった。その際に、クチバシ付きのマスクを着用する専門医が現れた。(参考記事:「修道院から48体の遺骨、14世紀ペストの犠牲者」)

このマスクは、17世紀のフランスの医師シャルル・ド・ロルムが考案したとされている。フランス国王ルイ13世をはじめ、多くのヨーロッパの王族を治療した医師だ。

彼は、香料入りのワックスを塗ったコート、ブーツとつながる丈が短めのズボン、シャツのすそをズボンの中に入れること、ヤギ革製の帽子や手袋を身に着けることなど、治療にあたる際の服装について書き記している。ペスト医師は、患者を触る(直接の接触を避ける)ための杖も持っていた。
https://cdn-natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/031600175/02.jpg

no title

なかでも、マスクはとりわけ異様だった。ペスト医師はゴーグルとマスクを着用していた、とド・ロルムは続けている。マスクの鼻は、「長さ15センチのクチバシのような形で、中に香料を入れていた。穴は鼻孔近くの左右に1箇所ずつの2つしかなかったが、呼吸をするのには十分だった。クチバシに仕込んだハーブの香りを、吸い込む空気にまとわせることができた」という。

ヨーロッパ中のペスト医師が同じ格好をしていたが、この見た目は特にイタリアで象徴的なものとなった。ペスト医師は仮面を使用するイタリアの即興演劇「コメディア・デラルテ」やカーニバルの定番になり、今日でも人気が高い。

続きはソースで

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/031600175/

20: 2020/03/18(水) 14:43:53.70 ID:/FTfTeCp

>>1
てっきり口を直接押さえないから
呼吸が楽とかそういう意味があるのかと思ってたら

今でも欧州とかでおっさんとかが信号待ちで尖りマスクしてるの映ってるが
あれはただの迷信信じた頭のおかしいおっさん達だったのかw

 

44: 2020/03/18(水) 16:22:35.10 ID:9NcXsOog
>>20
普通のマスク並の効果はありそうだぞ?
ゴーグルもついてるから目も保護されてる

 

61: 2020/03/18(水) 17:59:47.95 ID:2UvjJqm9
>>1
これがイタリアの「経験」ってやつなん?

 

80: 2020/03/18(水) 19:56:30.94 ID:raZx4rHH
>>1
感覚的には現代の中国人が奇抜なマスクするのと大差なかったのではないか

 

95: 2020/03/18(水) 23:32:54.70 ID:mIpJNmvY
>>1
鳥人間コンテストやな

 

3: 2020/03/18(水) 14:02:45.65 ID:3EXLn6eU
日本ではアマビエと呼ばれる

 

118: 2020/03/20(金) 10:28:34.70 ID:gkhLJB/8
>>3
あああ
アマビエに似てるといえば似てる

 

4: 2020/03/18(水) 14:03:21.81 ID:ThuMvljK
この不気味さは見事だと思う。
別に不気味に作ったわけではないはずなのに、フィクションでは滅多に作れない完成度。
素晴らしい。

 

108: 2020/03/19(木) 08:41:14.52 ID:iTjMQVGP
>>4
わかる
想像で作ったものにはない異様さが漂う

 

5: 2020/03/18(水) 14:03:38.76 ID:v24x7Nud
タヒ神みたいでかっこいいよな

 

6: 2020/03/18(水) 14:05:51.38 ID:IV4g95Nz

当時の知識で、命がけで、できる防護をした結果だろう。

嗤う気には、なれない。

 

7: 2020/03/18(水) 14:06:20.55 ID:YRkuY4uv
ここまでやっといて手洗いしてなかったんだからア○だよな

 

32: 2020/03/18(水) 15:24:08.53 ID:K2lLleo1
>>7
土足で家に入るのは何よりマズいと思うしねぇ。

 

60: 2020/03/18(水) 17:59:20.02 ID:IPyJNASv
>>7
ヨーロッパは流れの速い川が少なく
そこに都市ができて大勢の人が集中するから
きれいな水が貴重で病気が蔓延しやすいらしい

 

82: 2020/03/18(水) 20:42:17.25 ID:rhhHBfmR
>>60
大陸どこもそんな感じでしょ

 

97: 2020/03/18(水) 23:52:32.89 ID:mnSusDPf

>>60
タマゴが先か鶏が先か、という話に聞こえるが
それは結果論だ

最大の問題は、欧州の都市には下水設備が無かったことにつきる
(古代ローマやそれ以前の都市にはあったのだが)

 

64: 2020/03/18(水) 18:14:33.39 ID:C5bbix/x
>>7
酒類で洗っていた地方はあった模様

 

90: 2020/03/18(水) 22:23:03.77 ID:Un3cO2Wl
>>7
日本の現代的特異性の常識で語るとか
頭悪い
(日本も近年になるまで、深刻な
渇水とかやってるんだわ)

 

145: 2020/03/26(木) 10:05:59.27 ID:OWyaQ3Ab
>>7
更に手掴みで飯食ってたしな。
16世紀くらいまで。

 

8: 2020/03/18(水) 14:08:37.43 ID:X5TqrBVQ
ペストとかスペイン風邪とか、当時はすごかったんだと思うわ。
脅威という点でも、恐怖という点でも。

 

10: 2020/03/18(水) 14:14:47.42 ID:gO6HjU4F

 

45: 2020/03/18(水) 16:24:28.67 ID:CbZDfB0x
>>10を読める人誰かいない?
古い日本語なんだけど

 

49: 2020/03/18(水) 16:33:18.14 ID:9NcXsOog
>>45
アマビエですね

 

50: 2020/03/18(水) 16:34:34.18 ID:I//8Y4jT
>>45
Wikipediaに載ってるよ

 

11: 2020/03/18(水) 14:17:53.81 ID:I75e5xfR
日本人のマスク笑ってたくせに自分たちの御先祖様はこれだってよwww

 

12: 2020/03/18(水) 14:19:05.84 ID:tfEezwPP
これかと思った
https://www.morinaga.co.jp/kyorochan/manga/images/p_tit01_02.png

 

52: 2020/03/18(水) 16:38:28.20 ID:5an9u4dt

>>12
こっちの方がインパクト強い。

https://i.imgur.com/71prrXP.jpg

 

13: 2020/03/18(水) 14:19:57.93 ID:pnmo+WJi
あのクチバシは当時なりの空気フィルターみたいなもんか。
ハーブより活性炭の方が、とかかんがえてしまうな。

 

26: 2020/03/18(水) 15:01:10.46 ID:IPbqib7Q
>>13
○菌作用のあるハーブや精油はあるよ

 

30: 2020/03/18(水) 15:18:40.03 ID:IRN3UwiD

>>13
当時は瘴気説が大真面目に信じられてたからな。

疫病の流行地には毒性のある瘴気がよどんでるって事。

だから、患者から立ち上る毒ガスみたいな瘴気を防ごうって発想だね。

その考えだから活性炭マスクより、香料で空気を浄化に成る訳。

香水がマジで防護服みたいな考え。

 

40: 2020/03/18(水) 16:11:19.97 ID:DGJxuJNO
>>30
教会で清めに香料を焚いて
煙でいぶすみたいなやつ?

 

91: 2020/03/18(水) 23:17:27.50 ID:4EhY4P55
>>30
ってか、その時代病原菌という概念も無いし、活性炭も存在しない。

 

15: 2020/03/18(水) 14:23:43.98 ID:9TMYWW70
日本の医師もこれを付けて診察しよう
お子様マジ号泣

 

62: 2020/03/18(水) 18:00:22.21 ID:N8Q2cX0l
>>15
確かイタリアのニュースだと思うが
町を歩く真っ白な防護服集団見た小さい子供が泣き叫んでる映像が有ったぞ

 

16: 2020/03/18(水) 14:26:42.24 ID:y5vp5FS3
香料つーかニンニク詰めてたんやで

 

17: 2020/03/18(水) 14:28:25.06 ID:a8PFzvxD

>クチバシに仕込んだハーブの香りを、吸い込む空気にまとわせることができた

へぇ
あの中にハーブ入れてたんだ

 

18: 2020/03/18(水) 14:29:59.74 ID:UToDS95X
ラベンダー売りだけペストに罹らなかったって話をどっかで読んだ

 

21: 2020/03/18(水) 14:44:59.83 ID:BXU0R4qQ
匂いとなる揮発成分がウイルスに作用してないとは証明されてないんだろ

 

22: 2020/03/18(水) 14:45:52.43 ID:2DiqG64C

中世ヨーロッパでは、肉が腐るのは悪魔の仕業→肉の腐敗を遅らせるハーブには悪魔祓いの力がある
病気は悪魔の仕業→ハーブで悪魔=病気を防げる
という考えがあった。

というのを今考えた。

 

27: 2020/03/18(水) 15:05:42.03 ID:sT9vO0uT
>>22
そんなに外れてないだろう
欧州に限らず世界的に塩 酒 油などが神聖とされることがあるのは 防腐効果があるからだしな^_^、

 

38: 2020/03/18(水) 16:08:15.29 ID:2DiqG64C
>>27
スカボロフェアの、パセリローズマリー&タイムってのは
悪魔祓いの呪文って説があるらしいしな。

 

63: 2020/03/18(水) 18:07:31.86 ID:FtwUW+CQ

>>22
全然ちがう。当時の医学教育が原因。当時、伝染病の原因は
腐敗した空気(ミアズマ)が原因とされたから、これはギリシャローマ時代のヒポクラテス、ガレノスが
重用視されたせいね。
で、腐敗したガスが体内入り込んで体内で腐敗を起こす。これがペスト(ほかの感染症)の原因と考えた。
だから、患者が発する腐敗したガスを防ぐために革の防具服、マスク(ラベンダーの香りが腐敗したガスを防ぐとされた)、帽子をつけた。
(疑問を抱く人もいたようだが、患者の近くにいて罹患しない人がいたから)

ただ、16世紀イタリアの医師のジローラモ・フラカストーロ(パドヴァ大学でコペルニクスどほぼ同期らしい)はペストの原因について
それは生きているもので、患者との接触、空気、患者が触ったものから感染し、患者の体内で増殖し、体内から排出されても一定時間、生きているものであると
仮説(コンタギオン学説)を立ててる。レーウェンフックが微生物を発見したのが17世紀。微生物が存在が知られてない段階でのこの仮説はすごい!

ちなみにミアズマ説は19世紀まで命脈を保って19世紀のコレラパンデミックでも(明らかにインドか広がってきたことが分かってるのに)ミアズマ説に基づく衛生措置が取られた。
ちなみにミアズマ説が消滅したのは、パスツールとロベルト・コッホが細菌学説を形成したおかげね。

 

23: 2020/03/18(水) 14:50:33.00 ID:SkUeXmNS
この絵柄のTシャツ持ってるわ。医者だったのか、タヒ神だと思ってた

 

24: 2020/03/18(水) 14:53:03.58 ID:6XDPcVpR

お医者様の爪が異様に長いんですがそれは?

爪が不潔になりやすいですよ

 

37: 2020/03/18(水) 16:05:45.37 ID:q8OIrdif
>>24
手袋です

 

25: 2020/03/18(水) 15:01:05.03 ID:F9q6NAel

防護服として一定の効果はありそうだけどな
素肌を晒さず、直接の接触を避けようという努力が見られるし
詰めたハーブも凄惨な現場で多少の清涼効果が得られるなら有効だろ

それより文脈からしてド・ロルムは考案ではなく記録をしただけのように見える

 

31: 2020/03/18(水) 15:21:16.55 ID:jHW5Df1s
ワイを看取った医者もこんなカッコしとったわ

 

33: 2020/03/18(水) 15:26:41.39 ID:LWUdbpP8
>>31
成仏してクレメンス

 

34: 2020/03/18(水) 15:46:09.56 ID:iHm1q/N9
17世紀かw
もっと中世の考案かと思ってたわw

 

35: 2020/03/18(水) 15:58:16.00 ID:3Tupn4Xi
>>34
中世ってヨーロッパ暗黒時代なのであまりそういう庶民というか中流階級(医者?)
っぽい専門職の記録ないイメージ

 

43: 2020/03/18(水) 16:19:38.20 ID:zgcz4Gu+

日本語版のWikipediaに「ペスト医師」って項目があるのな。

>>34 うむ、意外に新しいって感想。もっと古くから使ってたと思ってたわ。
邦題「デビルクエスト」って映画が1344年の出来事という設定なんだが、
それに登場したペスト医師団もクチバシマスク装着してたんで。
「それらしい衣装」を優先して時代を無視して使ったのかも知れんけど。

 

39: 2020/03/18(水) 16:10:01.56 ID:DGJxuJNO
単なる香り?抗菌作用のあるハーブを
詰めてたとかでなく?

 

77: 2020/03/18(水) 19:40:59.99 ID:GmY7Vpol

>>39
wikipediaには

>強い香りのするハーブや香料、藁などをつめた

具体的には

>マスクの嘴に詰めた香りの良いものとは、
>例えばアンバーグリス、バームミント、ショウノウ、
>クローブ、 アヘンチンキ、没薬、バラの花びら、エゴノキなどである

 

92: 2020/03/18(水) 23:24:07.24 ID:4EhY4P55
>>39
抗菌性という概念がまだ未発達の時代だから、何となく疫病を払うという役割で薬草を使った可能性もあるが、主に末期に近い患者やタヒ体からの悪臭を防ぐ意味で使ったのではないか(と思う)。

 

94: 2020/03/18(水) 23:31:05.65 ID:414gtd4a
>>92
臭いきついだろね
気持ちわかるわ

 

41: 2020/03/18(水) 16:16:53.07 ID:NiX0Hj6n
漫画ベルセルクで見たわ。モズグズ様の従者をしていたわ。

 

46: 2020/03/18(水) 16:24:31.47 ID:gLhKVU1R
向こうの人間は鼻が高いので平面のマスクだと隙間が出てしまうので
あんなへんてこな形なのだと今の今までおもってたわww

 

47: 2020/03/18(水) 16:26:26.06 ID:NiX0Hj6n
でもこんな悪魔みたいな姿に見えるのに教会がよく許可出したわね。魔女狩り隊や異端審問委員の格好の的になるわ。

 

51: 2020/03/18(水) 16:36:06.55 ID:7zSsGBUE
抗菌作用があるハーブや香辛料をつめるし
単純に覆っているから飛沫感染しない
杖をつかって触るから接触感染もしない
合理的なんだよね
クチバシなのは黒タヒ病のタヒ体にカラスがたかるから
カラスは黒タヒ病でタヒなないと思われて
という意味かもね

 

53: 2020/03/18(水) 16:42:36.96 ID:7zSsGBUE
神への祈りも免罪符も
なんの役にも立たなくて
教会の権威は失墜し
結局、魔術扱いだった
錬金術師やハーブの知識でペストの対抗手段をこうじた
ペスト医師が看病やタヒ体処理をすることになった
医学や科学が宗教という狂気の弾圧から再評価にかわるきっかけになった

 

54: 2020/03/18(水) 16:51:51.21 ID:N3pRZtoE
布を何重にも巻いて防除率を高めた円筒形のマスクを考案した天才がいて、
しかし形状しか伝わらなかったので意味がなくなった、
っていうお話だったら面白かったのにw

 

55: 2020/03/18(水) 16:54:22.06 ID:5an9u4dt
>>54
それ、サイクロン掃除機みたいな発想?

 

56: 2020/03/18(水) 17:20:16.92 ID:N3pRZtoE
>>55
どっちかって言うと、トイレットペーパー式空気清浄機

 

57: 2020/03/18(水) 17:24:44.95 ID:NuO7tpnn
BABYMETALのお狐様みたい(´・ω・`)

 

58: 2020/03/18(水) 17:46:17.22 ID:YCZzKBMV
>>57
なるほど、かわいい娘が装着すれば流行るな!

 

59: 2020/03/18(水) 17:49:53.19 ID:ADquw6dZ
瀉血から逃げるな

 

67: 2020/03/18(水) 18:39:57.54 ID:S23kwJNG

あながち間違いじゃないさ

当時の科学技術や防疫の限界だっただけで
防護服なりフィルターなり現代にも通じるものだろう。

100年後の未来から現代を振り返ると
なんとも非効率的で滑稽な代物、いろいろあると思うよー

 

74: 2020/03/18(水) 19:20:32.70 ID:Q8Q02IB1
>>67
たぶんガソリン車乗り回しながら煙草吹かしてるとカッコいいと思ってるバ○さ加減あたりだな。

 

79: 2020/03/18(水) 19:47:50.82 ID:GmY7Vpol

>>67
wikipediaのペストの項目には以下のように記述がる

>「ヒト→ヒト感染」の経路は、ペストの種類によってやや傾向が異なる。

> 「腺ペスト」の場合、患者の身体から 菌に汚染された体液が浸み出し
>、衣服にもつく。別の人(未感染者)が患者の身体や患者の衣服に触れる
>と菌がうつり感染する。

> 「肺ペスト」の場合は、患者が肺炎にかかり、咳をし、菌が大量に
>入った痰(血痰)やツバの飛沫が飛び散り、感染者の身体の
>表面、衣服、周囲のモノなどにつく。他のヒト(未感染者)が、
>感染者の身体、衣服、周囲のモノなどに触れると菌が粘膜から入り
>感染する。感染者の血痰やツバの飛沫を直接浴びた場合も当然 感染する。

肺ペストの場合は、飛沫と接触感染だから
あのくちばしマスクだと、鼻口の粘膜を保護されるから
つけてないよりも、劇的に感染率は違うと思うよ。

無意識に鼻や口を触る確率も減る、というか触りようが無いだろうし
詰め物がどの程度効果あるかは不明だけど
こんだけくちばしながければ、飛沫が口鼻まで届く確率も少ないだろうし
これだけ香料で刺激臭が臭けりゃ、勢いよく息も吸わないだろうから
クシャミ等で悲惨した飛沫を、勢いよく吸い込む確率も減ると思う。

あの時代にしては、あの時代で作れるものにしては、
存外に予防効果はあると思うよ。

ただ、現代のちゃんとしたマスクに比べると当然性能悪いから
運悪けりゃ罹患すると思うな。

 

70: 2020/03/18(水) 18:50:53.57 ID:JPfgj5C0
悪魔趣味の中世そのものだ。

 

72: 2020/03/18(水) 19:01:23.15 ID:GgXSBYlj
こういうものを着けてでも患者を診ようというちゃんとした志をもった立派な医師だっんだな

 

73: 2020/03/18(水) 19:05:05.96 ID:hIw+col0
からくりサーカ○の白銀を思い出した
まんまこれだな

 

75: 2020/03/18(水) 19:26:13.44 ID:/wf5aI7z
ノストラダムスもペスト医師だった

 

78: 2020/03/18(水) 19:41:21.55 ID:DNLAhP45
このマスクのほうが現代のマスクより効果あるわな

 

83: 2020/03/18(水) 21:10:24.81 ID:R2EZa3i+
コイツ俺の職場にもいるけど、なんか仕事が捗るようになって便利なんだよな

 

89: 2020/03/18(水) 21:53:07.14 ID:F8koQE4D
少なくともタヒ臭は嗅がなくて済んだ訳だ。

 

93: 2020/03/18(水) 23:28:10.64 ID:Tt93TunD
現代だって気休め程度しか効果のないマスクが売り切れたり高値で転売されてる(されてた)んだからペストマスクを笑えない

 

99: 2020/03/18(水) 23:53:00.53 ID:mnSusDPf

フランス・パリはセーヌ川があったけど、中世にはセーヌ川は人糞で汚染されてたんだよ
ロワール川もそう 酷い臭いだったと歴史書には記される

別にフランスに限ったことじゃない
ロンドンのテムズ川もそうだった。イギリスで猛威を振るったコレラの感染源はテムズ川と
その地下水をくみ上げる井戸だった
テムズ川の臭さもまた歴史書に何度も出てくる 19世紀でも尚そうだった
そしてテムズ川の汚染に注目し、コレラは空気からくるのではなく、水からくると喝破した医者がテムズ川汚染を告発
ようやく1858年に下水の整備が始まり、ロンドンに下水網が整備されコレラの被害は収まった

 

100: 2020/03/18(水) 23:55:38.42 ID:mnSusDPf

ブルボン王朝の頃の宮殿、貴族の館にはふんだんに噴水が作られていたが
ついにその水を便所に使おうとはしなかった

フランスだけじゃない
欧州は全部そうだった
水洗便所は古代都市にはあった。下水道も整備されていたが
ローマ帝国が崩壊して以降、それは受け継がれなかった

ウォータークロゼット(WCだが、今のイギリスではトイレットという)というように、水洗便所がやっと登場したのは
イギリス、1596年のこと。だがこのトイレはエリザベス1世・リッチモンド宮殿一つだけで
歴史の闇に消えた
その後再び水洗便所が登場するのは1775年イギリスまで待たなければならなかった

さて、その1772年のパリの状況を説明すると、パリはその頃でも便は道に捨てられていた
その汚物を「汲み取り人」が集めて街の3か所に捨てていた

パリで公衆便所が登場するのは、フランス革命後の19世紀第一帝政の頃である
やっとイギリス式水洗便所を輸入し(それをレニャルディエが改良はした)
パレ・ロワイヤルや各公園に設置していったのが初であった
が、実質的には穴が開いただけのボットン便所であり、工事現場の簡易トイレの方が遙かにマシなシロモノで
当時の薬剤師の記録で「胸をむかつかせずにそこに近付くのは、視覚と嗅覚に欠けた者でなければ
およそ不可能だ」と言われるほど汚く、臭かった
そしてパリ、1832年コレラが蔓延する

この汚らしい便所を改良する小委員会が開かれたのは、ようやく1835年のこと
これが歴史に残る便所「ピソティエール」の登場だ
しかしこれは「男性用立ション便器」であり、女性が使えるようなシロモノではなかった

しかも驚いたことに、やがてこのピソティエールは「(密閉空間を利用して)他ではできないような性行為をする場所」と
成り果てたのであった・・・

こんな欧州なんだから、糞尿の後に手を洗うという慣習が無かったのは当然だ

日本は早くから厠(古くは川屋という)が庶民の暮らしに普及していった
御手水場というように、便尿の後は手を洗う習慣もできていた

一方、欧州は食事の時だけ手を水に浸すだけ。これがフレンチレストランなどで出てくる
フィンガーボウルの習慣になったわけだが、王侯貴族でもそうだった

 

105: 2020/03/19(木) 07:48:46.06 ID:YsXWcQGr

>>100
>御手水場というように、便尿の後は手を洗う習慣もできていた

元々日本では
不潔なものに触れた後に水で体を清める「禊ぎ」の習慣が有った上
仏教が入ってきた時に、信徒が行う日常習慣として日に2度の「沐浴」が励行されたので
二つの習慣が混交して手洗いの習慣が出来上がったと言われてる

現代日本の幼児教育の場でも基本的な生活習慣として
早寝・早起き・手洗い・入浴・大きな声でご挨拶 というのが普通に教えられているが
これは空海がまとめた仏教徒の基本習慣から発してて
明治以降も仏教系の幼稚園を通じて「日本人の常識」として浸透した

 

101: 2020/03/19(木) 00:01:31.93 ID:ZDySJt8f

市民は部屋で(食堂や寝室で)排尿排便し、その尿や便を陶器に詰めて
窓から道に放り投げていた

市民階級だけがそうだったわけじゃない
貴族階級も同じだった 便所が家屋に存在しないから尿瓶(陶器)に糞尿をつめて道に捨てていた
その結果奇妙な習俗が出来上がる

ハイヒ-ルは女性用の靴ではなかった
男用で道の糞でズボンを汚さないための物だった

日傘なんてない。2階から投げ捨てられる糞と尿に濡れないためだ

裾の広いスカートはマンマン見せずに用を足すための必然な服装だった
椅子はスケベ椅子のように穴が開いてて、椅子の下に尿瓶を置いて致すのだ
手は洗わない、腿も尿でベトベトだ、その不潔で強烈な臭みを隠すために香水が発達した
情事もその汚い手でやらかすわけだ(中世のラブロマンスなんて、マンガのように見栄えのいいものじゃない)

王が宮殿や城を変えるのは「飽きた」からではない
長期間済むとウンチの臭いが壁や通路に染みつき、その臭いに耐えられなくなるからだ

 

102: 2020/03/19(木) 00:32:56.86 ID:zMLVisub
水が貴重、多くの川は穏やかな流れ(淀み易い)
どうしても手洗いうがいお風呂の文化は根付き難かった

 

103: 2020/03/19(木) 00:45:14.87 ID:v9r9rCtW
あのノストラダムスもペスト医師

 

104: 2020/03/19(木) 03:46:58.02 ID:mqmWxBkW
謝肉祭とかで見かけるマスクみたい
何せブキミ
カーニバルも言語的にカニバリズムから派生してるって聞いたし
西洋の事は理解し難いわ

 

114: 2020/03/19(木) 17:19:43.07 ID:xD+zdFS2
>>104
神道も大概よ
諏訪大社の供物とか

 

106: 2020/03/19(木) 07:54:55.12 ID:oSLYcMo4
科学と宗教がコラボレーションした素晴らしい文化伝統だな!

 

107: 2020/03/19(木) 08:07:30.61 ID:91xmvFLZ
トイレを川に流すという意味では日本も同じやん?
箱根の関所のトイレもそのまま湖?に流れるようになってるよね?
ヨーロッパの川より流れが速くてすぐに海に出たのは日本が幸運だっただけじゃないの?

 

110: 2020/03/19(木) 09:50:36.66 ID:YsXWcQGr

>>107
日本では糞便を川に流すやり方はせいぜい平安時代までで
そのあと急速に廃れたけどな
なぜなら田畑に肥料として施すようになったから
江戸時代になると糞便は金銭又は作物を対価として流通する商品となり
観光地には農家が公衆便所を設置して便を集めた

江戸時代後半には100パーリサイクルどころか
糞便の需要に供給が追い付かなくなった結果、糞便価格が高騰し
汲み取り利権を巡って村同士の抗争で人タヒにまででる「葛西騒動」が起こるくらいで
糞便を川へ流す厠は非常に珍しいモノになってた

一方、西洋では下水を通じて糞便の全量を川に流してたため
フランスでは「病は川からもたらされる」と言われ
イギリスではテムズ川から悪臭が立ち上る「グレートスティンク現象」で
ロンドン市民が郊外に退避した

 

109: 2020/03/19(木) 09:34:57.43 ID:REk1nZBl
ベルセルクでみた

 

112: 2020/03/19(木) 10:14:36.22 ID:pU/K/PbM
こういうマスクは見たことあったけどペスト医師とは知らなかった
当時は必タヒだったんだろうな

 

116: 2020/03/20(金) 01:17:36.78 ID:9lTW+MoF
今のうちにベネチアで川の水全部抜く企画したら

 

117: 2020/03/20(金) 09:56:40.08 ID:Hplz0ZUx
中世黒タヒ病は変異したコロナウイルスだったのか
そしてやつが返ってきた

 

141: 2020/03/24(火) 22:45:43.12 ID:8xDeyc/J
>>117
コロナではなくペスト、腺ペストウイルス
モンゴルから出てきたと言われている
ヨーロッパ遠征のどさくさで家畜に紛れて入り込んだ仮説
それがネズミに侵入し人に感染して広まったと言われている
>>

 

119: 2020/03/20(金) 11:10:04.83 ID:zVRCYhO4

 

121: 2020/03/20(金) 12:34:18.80 ID:2Z6D0H4t
日本住血吸虫症 のwikiもおすすめ

 

123: 2020/03/20(金) 17:37:01.60 ID:lEx+obxe

中世の欧州は公衆衛生の観念がなかったから、綺麗な水が無かった
その点、我が国ニッポンは水に関してだけは中世から素晴らしかった

多分、これは宗教観の違いが原因
西洋はキリスト教が猛威を振るって以降、キリスト以外の神を認めなかったから、自然に対する敬虔な気持ちがなかった
水に神が住むと言えば邪教扱いで弾圧した文化圏だ

日本は「水神」が住むとして古代から崇めてきた
古事記や日本書紀には水神としてミツハノメノカミという神様が出てくるし、中世には河童や蛇、龍といった
水にまつわる神様の使いが崇められ、水は神聖なものとして集団で大切にされた

ひとつには日本は農耕民族であり、水は大切な物だという共通認識があったんだよ

 

135: 2020/03/22(日) 10:25:40.26 ID:r2N3vvCz
>>123
日本は急流に恵まれてるからだろ

 

136: 2020/03/22(日) 10:43:16.55 ID:DJD8ojan
>>123
ガンジス河なんかも古くから神聖視されてるけど衛生面では最悪だよね

 

124: 2020/03/20(金) 19:41:09.95 ID:io9pi521
最近の世界的な、大げさなコロナ騒動をみると
中世のペストも大したことなかったかもしれん
人間の歴史の記録も再検証が必要だ

 

126: 2020/03/21(土) 00:57:27.18 ID:37sESt06

>>124
ガチの戦争のタヒ亡率だって、なかなか一割は超えないだろ

でも一割の確率でタヒぬというのは、自分に置き換えると大したものじゃね

 

128: 2020/03/21(土) 11:17:45.86 ID:WFb0UM69
>>126
自分にはかからないと盲信してる奴に何言っても無駄

 

130: 2020/03/21(土) 18:08:41.12 ID:LOeeVbeS
このマスクでいいから売ってくれ!

 

134: 2020/03/22(日) 10:23:56.20 ID:IybUu7FB
ファントムオブパラダイスとかガッチャマンとかベルセルクとかでみた

 

138: 2020/03/22(日) 11:04:09.14 ID:YvqecfvT

ガンジス川はまた違う理由だよ

宗教上(ヒンズー教)の理由から家屋にトイレを備えない家庭が多い
(不浄な便器を家屋に置いてはならない、とヒンズー教僧侶が説いて回るから、今でも普及しない)
宗教上の教義で、疫病者は水葬にする習慣
(普通のタヒ者は火葬)

近世になってガンジス川下流周辺に人口が集中した
化学薬品やゴミの投擲を防ぐ法律が整備されてない
下水道が整備されない、考慮しない都市化だった
水質汚染への対策の権限が国ではなく、州にあり
その政策もマチマチであるため水質保全・汚染拡大阻止の実効力が無い
・・・そういうのが複合連鎖してるのが実態

神聖視しても「汚してはならない」としなかった点でニッポンの宗教観とは違うかな

 

140: 2020/03/24(火) 22:38:29.13 ID:8xDeyc/J
マスクは身を守るからつけたほうがいい
マスクは確かにウイルスなど易々と通り抜けるけれど
静電作用で水分の中に潜むウイルスをくいとめているんだ
世界中の医療従事者がマスクをしている理由はそこにある
真のパンデミックになったときには一日に二枚は必要になる
それが品薄でないというのはとんでもない怠慢でタヒ罪にも値する
すぐさま市内にマスクを放出すべきだ
でないとこれからの本番に備えられない
三十万のタヒ者の中に入りたいか

 

142: 2020/03/24(火) 22:58:51.35 ID:Es/agnrg

新型コロナにかかれば、(治らない)肺炎で1/3の人間は余命1~5年となれば、
次に来るのは社会崩壊だろう

警察や自衛隊などの治安を維持する力の組織だって、組織内で感染拡大すれば
命令系統なども崩壊さ

 

144: 2020/03/24(火) 23:09:25.05 ID:8xDeyc/J
>>142
治らないことはない
回復して何事もなく退院できるぞ
治療に耐えられる体力があればほとんどは回復できる
余命の一年から五年はどこからの情報だ
普通に回復したなら90代まで生きた記録もあるし
そんなひどい状態になるのは少ないぞ
中世のペストでも、スペイン風邪でも社会は崩壊していいない
第一次大戦もちゃんと終結したしいまだに連綿と歴史は続いている
どんな悪意でそんな嘘をつく

 

147: 2020/03/31(火) 05:14:00.56 ID:krJHab1K
>>142
エイズの時もそれを言われた
実際アフリカの平均寿命は縮まってる

 

 

引用元: https://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1584507608/

スポンサードリンク