【古代国家】高度な文明をもった謎多きシュメール人について、どこまでわかってるのか?

1: 2018/03/23(金) 20:23:25.24 0
ビールを考え出した
ケプラーの法則を知っていた
60進法を考案した
宦官がいた
「黒い油のパン」
「白い油のパン」といった様々な種類のパンを食料にしていた
大学みたいなものがあって論文とかも書いていた
などなど
高度な文明を築いていたシュメールについて

3: 2018/03/25(日) 01:19:44.25 0
ソドムとゴモラの滅亡理由の可能性を書き残した

 

4: 2018/03/26(月) 17:47:39.12 0
シュメール語とアッカド語の併用期の存在から
彼らが一気に忽然と消えた訳でも、
全くセム系民族と言葉が通じなかった訳でもなさげ
とにかくシュメールであまりにも完成している
から後の歴史は蛮族侵入で現代まで同じ事を
延々と繰り返してるだけに見える

 

9: 2018/03/29(木) 19:10:20.79 0

>>4
併用期の頃にはもうシュメール人はいなくなっていたらしい
つまりアッカド人がシュメール語とアッカド語を使い分けていた

アッカド語はシュメール語をお手本として文法が変わったくらい
セム語は基本語順がVSOなのに、アッカド語はシュメール語のようなSOVに変化した
その伝統は後裔のバビロニア語、アッシリア語に続いた

 

6: 2018/03/27(火) 03:07:18.88 0
惜しむらくは火薬と鉄砲を知らなかったこと
発明で着ていたらアムル人に負けなかったのに

 

7: 2018/03/27(火) 10:50:29.49 0
肌は黒かったのかな

 

8: 2018/03/28(水) 04:30:17.06 0
王の中に
教育と人材育成が大事だと
気づいて
そこに力を入れたのがいるんだろうな
頭脳ある人間をそろえることができたのは確かだろう

 

10: 2018/04/15(日) 11:45:33.37 0
本当に宇宙人が金の採掘のために連れてきたんだったら
業務効率化のために紙と火薬の知識を与えると思うけどな

 

12: 2018/04/22(日) 21:02:33.53 0
滅亡したのが惜しい

 

13: 2018/05/04(金) 23:32:50.77 0
初期シュメール人の骨もないのかねぇ、あればDNAを調べられるのに

 

14: 2018/05/06(日) 14:16:23.75 0

シュメール人は文字記録を残し始めた最初の民族なので、忽然と現われるしかありません。シュメール人以降の民族は、
シュメールに近づいた時点でシュメール人が「蛮族のxxが来た」とか記録してくれるので、
前フリありの状態で歴史に出てこられる。そゆこと。

だからシュメール人は、地球上に忽然と現われたわけじゃなくて、
それ以前から存在してたけど「俺らシュメール人やねん」とアイデンティティを確立して、
自分たちで記録を残し始めた時点で我々から見えるようになったっちゅーだけのことなんですわ。

 

15: 2018/05/06(日) 14:16:54.35 0

●シュメール人の文明は最初から完成された状態では出現していない

これも何でかめっちゃ誤解されてる話。
シュメールの文明はめちゃくちゃ優れた状態で最初から出現した謎の文明だ、みたいな感じで言われてるんだけど、前段あります。シュメールの前にウバイド文化があって、彩文土器とか文字の元になる概念とか都市文化のはしりとかを作ってる。数千年の準備期間がある。

メソポタミアでの最古の印章の出土は紀元前7000年くらい。
のちにシュメール人の活躍する地域でウバイド文化が始まるのが紀元前5000年くらいだが、
それ以前からちょくちょく人が来ては適当に住んでいたらしい。

民族というのは歴史に登場してそう名乗った時に始まるもので、
それ以前は部族とか家族の単位で小規模な人間集団が存在していたということだ。

「ウバイド期」のつぎに始まるのが紀元前4000年頃から「ウルク期」で、ここからいわゆるシュメール人の文化になる。
http://55096962.at.webry.info/201604/article_16.html

 

16: 2018/05/06(日) 15:01:07.74 0

でもシュメール文字が完全なセンテンスを書ける文字言語体系として
いきなり登場したことは事実だろう

甲骨文字でも似たようなことがあるが、
その前の半坡文字というのは断片的な「符号」でしかない

 

19: 2018/05/16(水) 02:03:55.70 0
>>16
どこからか来て元の文明の痕跡が発見されていないだけだよ
シュメールってサマーと綴りが似ているから夏王朝だったりしてね

 

20: 2018/05/16(水) 09:10:01.58 0
>>19
意味不明な上に突飛すぎ
文字体系の発達に大きなミッシングリンクがあることは事実であり、
ありもしない過渡的文明を想定するより、謎を謎と言ったほうがまだ科学的だ
そうまでしてシュメールを過小評価する意図も恣意的にすぎる

 

23: 2018/05/27(日) 15:04:59.67 0
>>20
夏を英語でsummerと言い
シュメールはアッカド語の音でsumer
偶然のように思えるけど
人間の言語は実は同一だという説もあり
何らかの関連性を感じさせる
もちろん学会で主張したら追放される瓦割れるかだろうけど
英語のsummerとアッカド語のsumerの語源は同じだったのかもしれない

 

29: 2018/05/30(水) 15:12:26.91 0
>>23
シュメール語、アッカド語の語彙集をいくつもネットで調べたが
「夏」summerに当たるシュメール語やアッカド語の単語は出てこなかった
近縁の言語を参考に調べたが、シュメール語は孤立言語であり
アッカド語はセム語族でアラビア語やヘブライ語の仲間
「夏」はアラビア語ならsayfサイフ、ヘブライ語ならkayitzカイツ
シュメールもsummerもこれらのどちらにも似ていない
メソポタミアは英語やドイツ語が含まれるゲルマン語の領域とは何万キロも離れている
英語が世の中に現れるのは古英語でも6世紀頃で今から1500年前
シュメール人がシュメール語を使っていたのは4600年前から4000年前
ちなみに世界中には現在全く互いに意思疎通できない言語が5000~7000ぐらいあると言われるが
これでも過去の数百年に半数以上がタヒ滅した結果であり、その前は万単位で言語が存在したと見られる
英語もシュメール語もそれらの一つに過ぎない
シュメールの名の由来が英語のsummerである可能性も、
英語を含むゲルマン語が何千年も前のシュメールの名の由来に関係していた可能性も限りなくゼロに近い

 

27: 2018/05/29(火) 23:59:17.99 0
中国で領主のことを大夫
シュメールで王はル・ガル、人・大きい、字では王冠をかぶるけど
読みはル・ガルなのに書くと逆になるらしい

 

28: 2018/05/30(水) 13:09:20.59 0
シュメール人はギョベクリテペから移り住んだ人間じゃないの

 

30: 2018/05/30(水) 22:39:12.70 0
剣術で文字鎖というのがあり、全く別の流派でも同じ文字を使う技は似通っている
人類の言語は一つ説だと多くの言葉が似通っているとか
ただし日本語は違っているらしいけど
そのことからイラク辺りとヨーロッパは近いとも言えるし
夏に当たる言葉、太陽とか大国の意味なのか知らないけどで呼んだのかもしれない

 

31: 2018/05/30(水) 23:14:02.27 0

世界中には現在全く互いに意思疎通できない言語が5000~7000ぐらいあると言われるが
これでも過去の数百年に半数以上がタヒ滅した結果であり、
その前は万単位で言語が存在したと見られる
英語もシュメール語もそれらの一つに過ぎない

シュメールを解くのに英語を使う必然性はどこにあるの?
英語のsummerがシュメールと関係あると見る理由はどこにあるの?
あるいは日本のスメラギとの関係は?

 

91: 2018/09/26(水) 20:16:37.38 0
>>31
英語は広大な印欧語系の言葉の一つ
シュメール語は孤立したタヒ語
エブラ語、アッカド語はヘブライ語などと近縁の言語
全く違う

 

35: 2018/06/03(日) 01:30:28.49 0
殷はシュメールの都市国家イシンのことで、世にいう殷墟の遺跡は中国へやってきたカルデア人の港湾基地。

 

38: 2018/07/28(土) 21:35:15.54 0
シュメール人はよそからやってきた民族なんだろう
だから文字とかいきなり現れたように見える
おそらく元はトルコのギョベクリテペに住んでいた民族なんだろう

 

39: 2018/07/29(日) 05:56:28.13 0

>>38
話が逆立ちしている
シュメール人が現れた頃は、西アジアにも他の地域と同様に系統の異なる言語を話す多数の民族が存在していた可能性がある
広大な西ユーラシアに印欧語とセム語とチュルク語以外があらかたいなくなったのはここ3000年のことで、
むしろ異常(ウラル語族とバスク語とコーカサス諸語はかろうじて残存)
シュメール語もエラム語も、ミノア文明のクレタ語も、アナトリアのハッティ語も、最初に文字を持った言語として現れ、
やがてセム人や印欧語民族に文字と宗教と文明を乗っ取られたが、みんな「系統不明」だ
古代エジプト語~コプト語もハム語派ということになっていたが、現在の説では否定されていて、
セム語とはもちろんクシ語やベルベル語などとも同系ではなく、類型論的な少々の類似があるに過ぎない

文字体系が「いきなり現れる」現象は近年でもカメルーンのバムン文字の例がある
いったんセンテンスを余さず書こうと志すと、
少数の天才が一気に作るという形態のほうが完成しやすいのだ
チェロキー文字でも、セコイヤは村外れの小屋にこもって一人で完成させた
甲骨文字の成立の際にも、伝説の蒼頡のような人物は案外いたのではないかと思う

 

50: 2018/09/13(木) 02:42:14.67 0
古代史の真実を知りたい

 

58: 2018/09/13(木) 12:54:01.33 0
確か日ユ同祖論というトンデモ説では
日本人=シュメール人=ユダヤ人という無茶苦茶ぶりだったかと

 

109: 2018/09/27(木) 13:55:44.90 0
1つの神と言いながら複数形なんだよなあ
ヨーロッパ語だと複数形を敬称にするのあるけど何で複数が敬称なんだか
英語のthouは絶滅して複数形のyouしか使われていない

 

110: 2018/09/27(木) 14:36:57.98 0
もしかしたら逆かもしれんで
複数形を敬称として使うてるんやのうて
敬称から複数形ができたんかもしれん

 

112: 2018/09/27(木) 16:16:25.18 0
なるほど
ヨーロッパは王とかの自称も私達だしね

 

113: 2018/09/27(木) 16:17:30.92 0
シュメール語のル・ガルは王という意味だけど
文字ではガルを先にルを後に書くんだよね
Gal Luと書いてLugalと読む

 

114: 2018/09/27(木) 16:20:11.16 0
アッカド語で使われる時は王を意味する決定符(漢字で言う義符)だろ

 

118: 2018/09/27(木) 22:49:46.10 0
>>114
ヒッタイト語も王や神を意味する言葉の発音が不明なんだっけ

 

120: 2018/09/28(金) 04:48:03.13 0
>>118
ヒッタイト人の楔形文字の使い方は日本人の漢字の使い方に似ていて、
日本式に言えばシュメール文字そのものとシュメール文字にアッカド語の訓や送り仮名がついたもの
全体を一つの「文字」(意味の塊としての「漢字」)のようにとらえ、
それに表音文字でヒッタイト固有語のふりがなや活用語尾の送り仮名を付ける
だが振り仮名がそんなに多くないので、わからない時は送り仮名を参考にしつつ
ルウィ語などの他のアナトリア語派を参考にして語幹を推定する
それでもヒッタイト語の「読み」がわからないものもある

 

124: 2018/10/02(火) 21:53:03.78 0
http://sumerianshakespeare.com/media/2bb5ecf2c805583affff860cffffe415.jpg
シュメールのウル王墓にあった殉タヒ者の頭蓋骨ってどこいった?

 

127: 2018/10/04(木) 02:13:25.43 0
お前らシュメールを実在しなかった幻の国家とか思ってるだろ

 

130: 2018/10/05(金) 17:36:47.52 0
シュメール人の頭蓋骨が出てこないのはコーカソイドじゃないから隠蔽されてるのか

 

131: 2018/10/05(金) 17:40:45.07 0
【朗報】シュメール人は黒人だった

 

136: 2018/10/06(土) 13:24:22.91 0
結局あれだけ隆盛した東セム語派は現在には伝わらなかったな

 

138: 2018/10/06(土) 16:23:05.60 0
>>136
流星してないやん
アッカド語もシュメール語まざっただけで元々エブラ語と同じセム語だろうし

 

147: 2018/10/08(月) 03:03:50.53 0
>>138
東セム語派のアッカド語自体は長い間広く用いられ、それは隆盛したと言える
エブラ語は特殊な方言で、アッカド語と西セム語との中間的な特徴を持っている
エブラ語は、アッカド語の影響力がなければそのままの形では存在し得なかった

 

144: 2018/10/07(日) 17:26:11.45 0
ハム人とはシュメール人だった!?

 

145: 2018/10/07(日) 20:01:42.14 0
アッカドとかバビロニアのハンムラビとかがハム系
ハムはエジプト、エチオピア系コーカソイド

 

149: 2018/10/08(月) 04:08:14.72 0

シュメールの叙事詩『エンメルカルとアラッタ市の領主』では、ウルクの王であるエンメルカルが神話を語り始める部分として、
以下のように述べられている(原典からの英訳は、サミュエル・ノア・クレーマー(Samuel Noah Kramer)による)。

かつて、蛇も、さそりも
ハイエナも、獅子も、
野生の犬も、狼も存在せず、
恐れも、恐怖もなく、
人間に敵するものはなかった。

かつて、シュブール(Subur)とハマジ(Hamazi)の国には、
王子の法によって治められる偉大なる地、シュメールと、
同じ言葉を話す人々が住んでいた。
また、ウリ(Uri:アッカドをさす)は、すべてがしかるべくあり、
マルトゥ(Martu:アムル人の国)は、安らかであった。
世界全体は、神エンリルのもとでひとつの言葉を話し、
調和のなかにあった。

そのとき、多産・豊穣の主であり、
知性の主であり、地を知悉する者であり、
神々の指導者である神エンキは、
エリドゥの主に知恵を授け、
ひとつの言葉を話す人間たちの
口から出る言葉を変えさせ、争いをもたらした。

????エンメルカル、シュメール『エンメルカルとアラッタ市の領主』より

 

150: 2018/10/08(月) 04:12:35.63 0
神話で語られるようなアッカドの民とアムル人がシュメールの国で同じ言葉を話していた、
なんて時代が実際にあったんかねぇ。

 

151: 2018/10/08(月) 11:21:24.04 0

これは聖書の「バベルの塔」説話の原型だろう
実際にはアッカド人にしてもアムル人にしても
シュメールの「文字」を学んでそのまま「シュメール文」で読み書きしたり
シュメール文字とシュメール語彙をそのまま取り入れたり
アッカド語で訓読して送り仮名を振ったりしてできた「アッカド文」で読み書きした
アムル人の場合はアッカド語が近い言語だったのでアッカド文も使用したが、
多くはシュメール文で用を足したという距離感

だがシュメール人から見たら、蛮族たちが後天的にせよ自分たちの文明語を
習得することが可能で、そのほうが彼らにとって便利なことだという事実が不思議に見える
そこで人間が先天的に持つ言語能力そのものを「一つの言語」、
現実に存在する言語の多様性を「神による人々への懲罰」とみなすことで解釈した
その前にはシュメール中心主義的な考え、すなわち
「原初の言語はシュメール語で、蛮族たちは懲罰を受けたのだ」という説話が存在したのだと思う
シュメール人が滅んで行方不明になった結果、その遺産である楔形文字シュメール語を
使い続けるアッカド人たちが「平等」な関係になるように書き換えたのではないか

 

153: 2018/10/09(火) 01:00:27.75 0
メソポタミア南部の南がシュメールで
メソポタミア南部の北がアッカドで
メソポタミア南部全体がバビロニアなんでしょ

 

154: 2018/10/09(火) 01:38:25.48 0
南がウルクで北がキシュとかか
シュメールは統一国家だったらしいがそんな統率は取れてなかった
シュメールと読んだのはアッカド人で自称ではない
アッカド人がたてたのがバビロニア、ニネヴェ、そして聖書によるとそれより大きい街レセンをたてたが
まだ発掘されていない

 

172: 2018/10/10(水) 10:48:47.31 0
日本には6世紀まで馬具が無かったこと、海路の方が到達が早かったろう事から推測するに
日本にシュメール関係で一番早く到達できたのは海の民のフェニキア人や、南王国崩壊前に彼らに同行していたベニヤミン族かもしれない。
日本で狼は語源が大神(おおかみ)で神聖な存在とされていたのは狼を象徴にするベニヤミン族を連想させるね。
クトゥルフ神話ネタで出雲でダゴンが信仰されているとかもこの辺の説がベースになってるんかね。

 

174: 2018/10/10(水) 12:54:32.54 0
シュメール語と日本語はまるで違う
万に一つも関係性はない

 

175: 2018/10/10(水) 13:51:55.97 0
>>174
なんで、航海技術が当時あったのに、
なんの関係性もないと言い切れるんですか?

 

200: 2018/10/14(日) 05:11:34.27 0
シュメールの歴史は面白いのだろうか
四方世界の王も名乗ったのはアッカド人だった

 

201: 2018/10/14(日) 23:20:15.36 0
シュメール人自身が書いたものは面白くもなんともない
アッカド人のものはほぼ芸術になる

 

203: 2018/10/18(木) 08:54:32.55 0
ルガル・キ・エン・ギ・キ・ウリ
シャル・マト・シュメリ・ウ・アッカディ
シュメールとアッカドの王
バビロニア王を意味するこの称号は後世に言われただけで同時代では使っていない

 

204: 2018/10/18(木) 08:57:36.88 0
アッカド帝国とかアッカド王国とかアッカド王朝とか言われているけど
称号はアッカド語でシャル・キシャッティ
シュメール語でルガル・キシュ・キまたはルガル・キシュでキシュ王だし
キシュ王を倒して王になったのなら
自分達の認識はキシュ市の王なんでしょう

 

207: 2018/10/18(木) 09:03:47.67 0
アッカド王っ・二代も三代も五代も暗○だっけ
シャルかリシャッリが全ての王って意味なら
王って全てって意味が語源なのか
むしろ諸王の王とか王の中の王じゃないのか

 

208: 2018/10/18(木) 09:06:06.41 0
アッカド語の王はシャルだけど
つづりがsharとsharruの2種類あるけど違いが分からない

 

209: 2018/10/18(木) 09:07:33.66 0
国土の王の前にすべての王ってのがあるらしいけど
シュメール語の言い方はなんなんだ

 

210: 2018/10/18(木) 09:10:05.58 0
sha-ar-ruと音節文字3つで綴ったのをそのまま転写したのがsharruで、
慣例から実際の音を推測して読んだのがsharu
前者はshaarruのようになるのも見た

 

212: 2018/10/18(木) 09:14:21.40 0
>>210
ありがとう
アッカド王の名前でさえ両方あるから混乱した

 

221: 2018/10/18(木) 16:56:48.10 0
>>217
理由ははっきりしないが、全部の語彙がそんな感じで書かれる
日本語と同じように子音Cと母音Vが交互に続くCVCVCVCV…という構造だが、
C1V1+V1C2+C2V2…と綴る
メリットを想像するに、綴りが長くなることで文字が欠けても推測しやすくなるのと、
一字一字を細かく気にせずゆったりと読める(伝達に有用な「剰余性」が確保される)
ことがあったのかもしれない

 

222: 2018/10/18(木) 18:17:25.73 0
>>221
なるほど
というかアルファベットはあくまで推定した音なんだよね

 

261: 2018/10/21(日) 11:51:22.08 0
>>221
シュメール人の音節概念がそうだったんだろうなあ。CVで腑分けが出来ず、前の音が次の音にかかっているという理解だった。
日本語でいうと「れる・られる・可能動詞・ら抜き」のようなイメージ。ひらがなで綺麗に腑分けできないでしょ?
さりとて、音素の抽出も(事前に概念として知らなければ)難しい。
アルファベットが「ギリシャ人の『発明』」とされるのは、事実上、音素概念の抽出に成功したといえるから。

 

213: 2018/10/18(木) 09:16:00.43 0
シュメール語の数字の呼び方とか曜日さえ調べてもよく分からない
曜日は昔は検索したら出た気がするけど記憶は信用できない

 

224: 2018/10/19(金) 15:31:32.52 0
アブジャドじゃないの

 

229: 2018/10/19(金) 22:51:52.88 0
>>224
子音だけのだっけ
シュメールは一文字でdingirとか読むらしい
だからアッカド語を表現するのが苦労したとか

 

268: 2018/10/21(日) 14:18:47.65 0
もしかして四方世界の王ってナラムシンだけか?
バビロンだとシュメールとアッカドの王だしな

 

286: 2018/10/22(月) 12:39:15.50 0
シュメールの価値は古いことだけ

 

287: 2018/10/22(月) 13:27:14.42 0
いやいや、広範囲に普及した最初の文字文化やで

 

305: 2018/10/28(日) 13:46:00.08 0
シヴィライゼーション6でギルガメッシュが言ってる言葉はマジでシュメール語なのか?

 

306: 2018/10/28(日) 17:27:47.79 0
多分そう
ただギルガメシュはアッカド語で
シュメール語ではビルガメシュ、古語ではビルがメス

 

327: 2018/12/18(火) 04:00:41.30 0
世界史教科書にシュメールから始まる中東史をのせよ
キリスト教徒によるイスラムへの陰謀でそれが禁止されているが
歴史は間違いなくメソポタミアから生まれている

 

339: 2018/12/20(木) 11:37:38.00 0
シュメール文明が続いていたら
西暦1500年ぐらいにすでに人口衛星打ち上げてたかもしれん

 

342: 2019/01/20(日) 09:55:19.88 0

アッカド人に滅ぼされた説もあったけど、年代的にそうではなく、
アッカド人以前にほぼ自滅、つまり
アッカド人と接触した時期にはまだシュメール人は残っていたけど
すでに自滅への道を歩んでいたらしい

完全に自滅した後にアッカド人と接触したのなら、
アッカド語が楔形文字やシュメール神話を
継承することはなかっただろう
その場合シュメールとアッカドに接点はなく、
インダス文明とアーリア人との間のような「断絶」「無関係」
という関係になっていただろう

 

343: 2019/01/20(日) 16:29:12.64 0
アッカド人と接触?
シュメール初期からアッカド人はいましたよ

 

344: 2019/01/21(月) 04:02:30.82 0
ていうことはアッカド人はシュメールを滅ぼしたんだな

 

349: 2019/01/21(月) 15:58:45.15 0
アッカド帝国が明らかにエブラ文字の影響うけたアッカド文字作ったのもそうだ
シュメールより西の影響があるはず

 

350: 2019/01/21(月) 21:30:16.99 0
シュメールより西に独自の文字なんてないだろ
シュメール文字を借用して文字化に成功したのはアッカド語が先、
エブラ語の文字化はそこからの方言的な派生だ

 

351: 2019/01/21(月) 21:49:26.63 0
>>350
エブラのが先だ
エブラはシュメール時代だから

 

352: 2019/01/22(火) 14:42:20.37 0
そら年代がおかしいわ
エブラがシュメールからどんだけ離れてると思ってんの
そんないち早く文字を応用して独自表記を生み出したのなら
語順だってセム式のVSOにできただろう

 

353: 2019/01/22(火) 19:56:16.31 0
>>352
SOVになってないからアッカドから輸入されたわけじゃない

 

354: 2019/02/14(木) 21:58:51.58 0
シュメール人の身体的特徴が記録されていないのはアッカド人とあまり変わらないのかな

 

363: 2019/02/15(金) 21:23:25.91 0
シュメール人の骨ってでてないの?

 

364: 2019/02/17(日) 17:50:23.54 0
暑いところは保存状態が良くないらいしね

 

392: 2019/05/17(金) 22:33:44.79 0
シュメールよりさらに古い
ギョペクリテペ

 

394: 2019/06/22(土) 02:15:25.46 0
まじでギョペクリテペとシュメールの関連性について研究してもらいたい
絶対何か関係ある

 

397: 2019/06/22(土) 17:46:46.09 0
>>394
ウバイド文明の人口変形頭骨はイラクで発掘された8000年前の文化とつながりあるんだろうか

 

407: 2019/08/24(土) 18:11:07.23 0
>>397
自分たちに文明を与えてくれた
アクァッホの頭部の形状に
似せようとしたんだろう

 

400: 2019/07/16(火) 09:19:33.66 0
>>394
むしろマヤとかアステカとかに近い気がする

 

396: 2019/06/22(土) 11:08:11.64 0
テペとかホユックとは「丘」を意味していて、だいたい数千年にわたって人間が住み続けた場所
遺棄されてしまった住居群跡にまた人が自然と住み着いて、それが7~8回も続くと20mほどの丘になる
現代の考古学だと第一層(オスマン時代とか)から順に掘り進め、丁寧に文化編年を記録せねばならない
なのでシュメール時代以前あたりまで辿り着くには、数十年の歳月がかかってしまうので大変だ
シュリーマンみたいに「俺の興味ない時代層の破壊上等!」って出来ないのがツライところ

 

399: 2019/07/15(月) 23:42:56.67 0
イラク人が掘らせてくれたらすべて解決
イラク人は欧米きらい
だったらアジア、日中考古学が協力するから掘らせてって頼めば掘らせてくれないか
エジプトは大部分欧米にとられたが、シュメールは大部分まだ土の中だ

 

402: 2019/08/23(金) 07:15:13.87 0

>>399
現地の地主の了解を得るのにそれなりのみやげが必要らしい
更に酒が強くないと地主と付き合えないことも多いようだ

考古学者も大変だ・・・

 

404: 2019/08/23(金) 14:57:35.76 0
>>402 酒好きのイラク人ってw なんだかんだ言っておっさんの好物は世界共通か
あるいはキリスト教徒とかマンダ教徒とかの多い地域に遺跡が多いのかな

 

408: 2019/08/24(土) 19:33:47.01 0
>>404
ゴメン
これはトルコの話
まあイスラム教徒と言っても隠れて飲んでるヤツは多いけどね

 

445: 2020/02/15(土) 13:02:39.18 0
>>399
欧米が嫌いと言うか遺跡が破壊されまくってる
イラク戦争とシリア内戦でどれだけの遺跡が破壊されたか
欧米は自分達の破壊工作は棚に上げて
カメラの前だけは苦悩して見せている

 

412: 2019/08/26(月) 00:51:31.85 0
クウェートや湾岸産油国には少しでもシュメール時代の遺跡はないのかな
一番安全に観光できそう
シュメール時代はへき地だったのかな

 

414: 2019/08/26(月) 19:04:10.17 0
>>412
少しはあるはず
沿岸地は海の底になってるだろうけど
識字率高かったし契約の粘土板とかかなり普及してたし

 

413: 2019/08/26(月) 03:23:05.66 0
シュメール時代の中心地は海の底

 

415: 2019/08/29(木) 13:07:54.22 0
>>413 でも5000年前とかに日本では縄文海進で海岸線が相当内陸まで入り込んだから、その時期に近ければ結構海岸線は今より奥にあったのでは
あるいは氷河期以降は海進と海退は世界各地でばらばらに起きてるのかな

 

426: 2019/12/04(水) 21:59:51.26 0
ウバイドとシュメールでどうかわったんだろうか
人種が変わった?
ウバイド人も「黒い頭」の人種だったんだろうか

 

427: 2019/12/20(金) 21:54:20.45 0
中国のイ族だかも支配階級は自分達を黒イと称していたとか

 

440: 2020/02/12(水) 06:37:13.42 0
エラムは膠着語でシュメールに近いから同系統の民族が住んでいたのか
でもすぐに中東コーカソイドに滅ぼされてる
おそらくシュメールがアッカドにくだる以前

 

451: 2020/03/19(木) 20:14:35.15 0

メソポタミアのシュメール人たちの戦争はどんな様子だったのか興味があります

密集陣形(ファランクス)が古代ギリシャの発明ならば、シュメール人たちは三々五々に戦っていたのか
鉄器がヒッタイト人の独占兵器ならば、青銅武器で打ち合っていたのか
あぶみがまだない時代ならば、騎馬や騎兵はいたのか(戦車ならあったのか)
攻城兵器はつくれたのか、籠城戦はどうなるのか

なにかそこらへんがよくわかる書籍やサイトなどはありませんか?

 

455: 2020/03/28(土) 12:43:00.96 0

>>451
ファランクスはシュメル発祥
雑兵は裸足
戦争の最後は首塚でフィニッシュ

だったかと思います

 

460: 2020/04/04(土) 12:11:56.52 0
滅亡せず現代まで残っていてもらいたかった
シュメール語も現代まで残って

 

463: 2020/04/13(月) 00:57:57.98 0
>>460 イラクのアラビア語の基層になって、語彙とか音韻で残ってるのかな

 

469: 2020/07/17(金) 23:35:16.12 0
シュメール神話といえば、キシュ王のエタナは結局、天界から帰ってこれたのか否かが凄く気になる。

 

470: 2020/07/31(金) 12:30:09.74 0
「古代メソポタミア」が舞台の都市
運営SLG『Nebuchadnezzar』発表。
紀元前の歴史をゲームで追体験 https://automaton-media.com/articles/newsjp/20191105-105614/
https://automaton-media.com/articles/newsjp/20191105-105614/

 

471: 2020/07/31(金) 20:39:22.91 0
>>470
これは絶滅計画を発動せざるをえないな

 

474: 2020/09/05(土) 00:55:57.02 0

 

475: 2020/09/05(土) 16:11:00.89 0
楔形文字地域は歴史の空白には絶対ならない
シュメールは掘れば掘るほど実態がわかる
アラム語主流になった後の時代は闇の中になるだろう
誰か政治家がイラク人に「掘らせて」とたのめ

 

 

 

引用元: https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/whis/1521804205/

スポンサードリンク