【研究】彗星が引き起こした核爆弾級の大爆発で古代人の集落が滅亡していたことが判明

広告

1: 2020/06/22(月) 19:41:34.72 ID:CAP_USER

現在のシリアに位置する古代遺跡テル・アブ・フレイラには、1万3000年以上前に穀物を栽培した痕跡が見られ、「人類最古の農業の例」とされています。そんな遺跡が、隕石により発生した爆発で滅亡していた可能性が高いことが、研究により明らかとなりました。

Evidence of Cosmic Impact at Abu Hureyra, Syria at the Younger Dryas Onset (~12.8 ka): High-temperature melting at >>2200 °C | Scientific Reports
https://www.nature.com/articles/s41598-020-60867-w

Cosmic impact caused destruction of one of world’s earliest human settlements — ScienceDaily
https://www.sciencedaily.com/releases/2020/03/200306183153.htm

A Comet May Have Destroyed This Paleolithic Village 12,800 Years Ago | Science | Smithsonian Magazine
https://www.smithsonianmag.com/science-nature/comet-upended-life-paleolithic-village-12800-years-ago-180974575/

シリア北部を流れるユーフラテス川のそばには、かつてテル・アブ・フレイラという遺跡がありましたが、ユーフラテス川の氾濫を食い止めるための巨大ダム建設により、1973年にアサド湖の底に沈みました。ダム完成に先駆けて行われた発掘調査では、旧石器時代と新石器時代という2つの異なる時期の集落跡が発見されています。

同じ場所にあった2つの時代の集落跡のうち、旧石器時代にあたる1万2800年前の遺跡からは、家屋の一部や道具とともに穀物などの食料の痕跡が見つかっていたことから、この遺跡はちょうど人類が農業を始めたころのものだと考えられています。また、遺跡からは動物の骨などに混じって火災があったことをうかがわせるような痕跡も発見されていました。

ロチェスター工科大学の考古学者であるアンドリュー・ムーア氏は、「1973年にテル・アブ・フレイラを発掘した時に、この地域で激しい火災があったことが分かりました」と話しています。遺跡で発見された火災の痕跡の中には、普通の火災でも発生する木炭や微小粒子のほかに、溶融ガラスや極小サイズのダイヤモンドも見つかっています。これらは、当時の人類が起こすことのできる火では形成されないことから、落雷や火山噴火などの自然現象が原因ではないかと見られました。

以下は、テル・アブ・フレイラで見つかった溶融ガラスの粒の画像です。
https://i.gzn.jp/img/2020/06/22/ancient-syrian-town-comet/41598_2020_60867_Fig2_HTML_m.jpg
https://i.gzn.jp/img/2020/06/22/ancient-syrian-town-comet/41598_2020_60867_Fig1_m.jpg

その後の調査により、溶融ガラスが帯びる磁気が少ないことが分かったため、落雷の影響は否定されました。また、含水率が低いという特徴が隕石衝突によって作られるテクタイトと一致していたことから、ムーア氏らの研究チームは、「遺跡から見つかった溶融ガラスは、火山などではなく隕石に伴うエアバースト(空中爆発)によるもの」と結論付けました。

ムーア氏は、溶融ガラスが発生した状況について「土壌に含まれる鉱物が溶融するには、最低でも1720~2200度は必要になります」と述べました。また、共著者であるジェームス・ケネット氏は「これほどの高温下では、自動車でも1分足らずで金属の水たまりになってしまいます」とコメントしました。

ケネット氏は、溶融ガラスがテル・アブ・フレイラの集落全体で見られることから、隕石によるエアバーストはテル・アブ・フレイラのすぐそばで発生したと考えています。当時の様子についてケネット氏は「テル・アブ・フレイラの村は突然破壊されたに違いありません」と話しました。テル・アブ・フレイラを滅亡させたエアバーストは、核爆弾に匹敵する破壊力で、直下にある土壌や植物を一瞬で気化させたと考えられています。

さらに、研究チームによると、テル・アブ・フレイラが位置する地域は、中東や北米大陸、ヨーロッパにまたがるヤンガードリアス境界層(YDB)と呼ばれる地層が存在する範囲の中にあるとのこと。このYDBからは、テル・アブ・フレイラで見つかったものと似た隕石の痕跡が見つかっているほか、ちょうどテル・アブ・フレイラが1万3000年前には大規模な寒冷化が起きていることも分かっています。こうした証拠から、テル・アブ・フレイラを滅亡させたエアバーストは単一の隕石などによって引き起こされたのではなく、断片化した彗星によって引き起こされた可能性があるとのこと。

続きはソースで

https://gigazine.net/news/20200622-ancient-syrian-town-comet/

20: 2020/06/22(月) 21:33:36.62 ID:h2XViGN+
>>1
インブダス文明 

 

3: 2020/06/22(月) 19:48:38.05 ID:4YOYJJJs
古代人はこれを神の怒りが爆発したのだと解釈しただろう。

 

8: 2020/06/22(月) 20:12:45.11 ID:BR4AOnJs
古代核戦争説はもう流行らないの?

 

11: 2020/06/22(月) 20:36:09.49 ID:04SJ2kgv
>>8
こうやって解明されていくと可能性としては消えていくね

 

31: 2020/06/23(火) 00:02:52.97 ID:mFY0efWv
>>8
人類は何度も滅亡した説か

 

63: 2020/06/23(火) 12:19:05.00 ID:94mOw4hR
>>31
歴史の道標か

 

15: 2020/06/22(月) 20:57:41.36 ID:8nDvuG9h
モヘンジョダロにもガラス化したところがあるというね

 

16: 2020/06/22(月) 20:59:58.52 ID:dQ0hWQPg
旧約聖書にもあるソドムとゴモラを滅ぼした天の火だよ。ラーマヤーナではインドラの矢とも伝えているがね

 

18: 2020/06/22(月) 21:18:08.11 ID:1tuGspAv
>>16
そうですよね、ガーゴイル様

 

21: 2020/06/22(月) 21:45:28.72 ID:TyFGvKCV
>>18
いやいや
ムスカ大佐でしょう

 

23: 2020/06/22(月) 21:53:53.88 ID:PkgOZHYJ
何年か前のロシアの隕石でも何十キロも上空なのに紫外線で日焼けしたって言うしな

 

25: 2020/06/22(月) 22:04:33.05 ID:+R6+Aump
こういった記憶が、世代を何代もまたいで
語り継がれて、神話や宗教になったのか

 

27: 2020/06/22(月) 23:05:28.89 ID:SwhpP+0P
こういうの経験したらもの凄い力を持ったただ一人の全能の神様の存在を信じるようになるのかもな
キリスト教ユダヤ教イスラム教の聖地が同じ場所なのと関係あるのかも

 

67: 2020/06/23(火) 23:53:19.44 ID:v4IT3Iug
>>27
あれは同じものを3人の別々の広報が広めたら別の宗教になっただけ

 

28: 2020/06/22(月) 23:40:46.74 ID:v6NawOue
ソドムが焼かれた話はこれのことか

 

29: 2020/06/22(月) 23:44:26.46 ID:04MtiFdV
近くにクレーターに類するものがないのなら
ツングースカ大爆発みたいに空中でさく裂したのかね?

 

33: 2020/06/23(火) 00:38:01.15 ID:uRnDqPKm
これが口伝で後世において神話などに取り入れられていったとか妄想するとロマンあるよな

 

34: 2020/06/23(火) 00:49:26.57 ID:IylE2HVu
なんだ。彗星ってやっぱ危ないんじゃん。

 

39: 2020/06/23(火) 02:34:00.93 ID:AkIr/39w
パンデミックがだいたい100年に一度
隕石衝突が万年に一度ってところか
どの時代に生まれるかなんて運だわな

 

42: 2020/06/23(火) 03:01:12.58 ID:D3EgWqwo
マグマに覆われた状態の地球を原始地球と呼んでるけどあれはジャイアントインパクト直後の地球でそれ以前の地球には生命が存在してたんじゃないかな

 

45: 2020/06/23(火) 06:08:50.30 ID:F+nCxL+C

複数の断片化した彗星が
空中でエアバーストか

運が悪いな

 

46: 2020/06/23(火) 06:50:52.74 ID:o8SD+jvW
インド神話の2大叙事詩である
「マハーバーヤナ」、「マハーバーラタ」を
漫画化・アニメ化できないのかね。

 

50: 2020/06/23(火) 07:32:26.59 ID:TQQSPKc7
何故 今同じような災害が起こらないのか?不思議だ。

 

66: 2020/06/23(火) 23:45:44.55 ID:qmQe5Nh8
>>50
ちょっと前にロシアに落ちたじゃん。
ずいぶん前にシベリアで大爆発しているじゃん。
起きているんだろうが、海の上なんだろうな。

 

52: 2020/06/23(火) 08:21:34.42 ID:hVW9s1+T

メソポタミア文明の近くだし
ヒッタイトが製鉄しはじめたとこだな。

彗星じゃなく宇宙船の墜落だったら
ロマンあるな。

 

54: 2020/06/23(火) 09:16:16.46 ID:SKCHApgq
金属が溶融するレベルの環境にさらされた遺跡でなぜ穀物栽培の痕跡が残っているのか合理的な説明を求む!

 

55: 2020/06/23(火) 09:20:50.87 ID:wSvO4YPK
焼きムラがあったんじゃないかい?
下手なトーストみたいに

 

68: 2020/06/24(水) 00:11:20.72 ID:TLVinZbE

聖書以外の歴史文書にエジプトのマネトの記録がある
モーゼは皮膚病を利用して宗教指導者として権力を拡大し、エジプトを13年間統治したが、当時科学に基づく法律で統治されていたエジプトにとって望ましくない古い考えの宗教指導者であったため皮膚病患者とともにエジプトから追放される

モーゼはそれまでエチオピアの侵略時のエジプト軍の指揮官でもあった

なお、この話自体はヨセフスの時代の頃それなりに広まっていたものであるが、ヨセフス自身を含む大半のユダヤ人からはこれと結びつけることはモーセを侮辱するものだと考えられ排除された。

 

70: 2020/06/24(水) 00:23:31.42 ID:KN5d1HKT
子供の頃にわくわくしながら読んだ古代核戦争説、
「地盤が通常の火災ではありえないガラス質になっている!」云々書いてあったなあ…

 

78: 2020/06/24(水) 18:57:14.83 ID:Wb1PPwfH
どっかの爆裂娘が爆裂魔法撃ったんじゃないか

 

79: 2020/06/24(水) 22:12:53.52 ID:Ex3pjhGw
ラピュタのいかづちか!

 

 

引用元: https://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1592822494/

広告