世界歴史ちゃんねる管理者からのお詫び

2021年7月3日未明〜、サーバ移転によりアクセス不可が生じておりました。
現在は移転完了しており、前のサーバより安定してより訪問者の皆様へより良いコンテンツをご提供できるよう尽力させていただきます。
訪問者の皆様にはご不快とご迷惑を与えて申し訳ございませんでした。

オススメ記事(外部)

【戦国時代】前田慶次(前田利益)の史実で打線組んでみないか?

1: 21/02/18(木)07:31:35 ID:39B
1 中
2 二
3 遊
4 左 前田利家を騙して氷風呂に入れる
5 一
6 三
7 捕
8 右
9 投

2: 21/02/18(木)07:32:30 ID:FaG
よく史料少なすぎな漫画の主人公で打線組もうと思ったな
18: 21/02/18(木)08:39:21 ID:AA8
>>2
史料が少ないから
創作しやすいんやで
3: 21/02/18(木)07:32:44 ID:567
これだけで大ふへん者名乗る糞ガ○ジってマジ?
4: 21/02/18(木)07:33:32 ID:WzL
終わりよければすべてよしっと!!
5: 21/02/18(木)07:36:25 ID:Akc
としいえよりとしうえ
6: 21/02/18(木)07:37:21 ID:l1L
源頼光よりましやと思いたい
7: 21/02/18(木)07:39:08 ID:acH
風呂で酒飲み
8: 21/02/18(木)07:39:15 ID:I2K
よくこんなに情報ないのに漫画書いたな
13: 21/02/18(木)08:28:57 ID:mNl
>>8
情報ないからこそある程度好き勝手出来るからね
9: 21/02/18(木)07:41:39 ID:l1L
まあ原作は山田風太郎やからな
10: 21/02/18(木)08:25:46 ID:aJx
解説せーよ
11: 21/02/18(木)08:27:19 ID:Z3x
慶次が
虎は何ゆえ強いと思う?的なこと言うけど
江戸時代に虎おったんか?
12: 21/02/18(木)08:28:42 ID:VdR
>>11
一休さんとかご存知無い?wwwwww
14: 21/02/18(木)08:29:05 ID:JsX
>>11
朝鮮征伐からそんな経ってないやろ
当時の朝鮮には虎もおったし
15: 21/02/18(木)08:34:43 ID:tdR
ひょっとこ斎の別名を使った
17: 21/02/18(木)08:38:07 ID:vz1
これは大ふべん者と読むのだ
この前田慶次の相手になる奴がおらんで、不便で不便で仕方がないってことよ
わーっはっは
19: 21/02/18(木)09:26:57 ID:SgZ
花の慶次の前田慶次かっこE
20: 21/02/18(木)09:38:49 ID:PHM
慶次郎(利益)には常日頃世を軽んじ人を小馬鹿にする悪い癖があり、それを叔父の利家から度々教訓されていた。
慶次郎はこれを喜ばず、ある時利家に「これまでは心配かけてしまい申し訳ありませんでした、これからは心を入れ替え真面目に生きるつもりでございます、茶を一服もてなしたいので自宅に来て頂きたいと思います。」と申し入れた。
利家は慶次郎が改心したと喜び、慶次郎の家を訪ねると利益は「今日は寒かったので、茶の前にお風呂はどうでしょうか?」と利家に勧めた。
利家は「それは何よりのご馳走だ」と承諾し慶次郎と風呂場へ向かった。
利家が衣を脱いでいると、先に慶次郎が「丁度良い湯加減です」と言いその場を去った。
利家がそれを聞き湯船に入ると氷のような冷水であった。これには温厚な利家も怒り「馬鹿者に欺かれたわ、引き連れて来い」と供侍へ怒鳴ったが、慶次郎は愛馬松風(利家の愛馬「谷風」ともいう)へ乗って無事に国を去った。
利益の逸話の類で最も有名なのが、この水風呂の逸話であるが、初出は江戸時代後期の随筆集『翁草』であり信憑性は低い。
また『翁草』では「利家が浴室にむかうと」との記述であったが、後年『常山紀談』などで「湯船に入ると」に脚色されている。

んやって

引用元: https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1613601095/

スポンサードリンク