オススメ記事(外部)

幕末土佐藩・山内容堂と後藤象二郎を中心に〇〇〇〇←には何が入ると思う???

1: 2010/11/01(月) 02:31:31 ID:45Xcagw40
大政奉還

2: 2010/11/01(月) 14:00:55 ID:CEHvqhJNO
山内容堂(「やまのうち」が正しい。ここ数年NHKが使いはじめた「やまうち」は間違い)→塩屋俊

後藤象二郎→小木茂光

23: 2011/04/03(日) 20:57:12.41 ID:uwZ2hGUz0
谷干城
25: 2011/04/17(日) 20:27:37.16 ID:iOETjgo30
谷干城はエラかったね。
維新後は薩長の大名だけが勲四等を与えられたのに抗議して、容堂にも勲四等を与えるようにした。
26: 2011/04/18(月) 00:01:07.48 ID:gcaNrp58O
岩崎(後藤)早苗タソ
27: 2011/04/29(金) 09:44:30.40 ID:0dUpPhqT0
山内容堂は維新後に大久保利通にブチ切れて早々に所領に引き返した。
まんまとハメられたのう
28: 2011/05/14(土) 17:23:59.97 ID:s9NDxJLO0
29: 2011/05/17(火) 11:40:15.22 ID:w91YqF020
幕末に藩はないよ。藩は明治の制度だから。
あと土佐は藩でなく国な。通称は土州。
藩は高知藩だから。土州高知藩。
31: 2011/06/22(水) 20:21:08.41 ID:q6xYxD2T0
今週の本棚・新刊:『谷干城 憂国の明治人』=小林和幸・著
http://mainichi.jp/enta/book/hondana/news/20110529ddm015070033000c.html
32: 2011/06/29(水) 23:20:30.15 ID:AeOqD0Fm0
>>31
歴史好きの読者には土佐藩出身の軍人、政治家、谷干城(1837~1911)が1877年、
西南戦争で西郷軍をくい止め、明治政府を救ったことはよく知られていよう。
本書の眼目はその後の長い人生と思想を明らかにしたところにある。
「国家主義者」「保守主義者」と思われがちだが、議会と言論の自由の重要性を深く理解していた。
旧来の身分制を解消し、真の「民権」を伸長させようとした。貴族院議員として活躍。
大陸に軍事的に膨張するより経済的発展を求めるべきだと考え、ロシアとの戦争に反対した。
こうした主張の多くは現実政治、外交のダイナミズムの中で容易に実現しなかったが、ぶれずに国民と国益のことを思いつづけた政治家の生涯を浮かび上がらせている。(栗)

へー

36: 2011/07/20(水) 22:40:19.32 ID:8GTWjio5O
>>32
谷の娘ってすごい行き遅れだったような・・・
33: 2011/06/30(木) 23:00:01.48 ID:UK5g2S510
土佐なら佐々木高行は外せないだろうけど
地味だからだれも伝記を書きたがらないな。
37: 2011/07/20(水) 23:49:20.68 ID:3Tuj3/cf0
谷は地味だからかなり有能だったからなぁ
熊本城防衛や大隈だかのかなり妥協した不平等条約改正案も反対した
日露戦争も本土決戦派だったね
38: 2011/07/21(木) 12:16:03.42 ID:7PhXPIRD0
谷干城はいろいろとまともなこともやってるけど、
見廻組今井信郎への反論は一体何なんだよ。子供か。
40: 2011/08/22(月) 13:26:08.44 ID:RdZHhZ96O
ぶっちゃけ幕末の会津藩って相当クズだよなw
藩主は忠義の対象をコロコロ変えるわ龍馬暗○疑惑濃厚だわ外国と結んでリアル売国謀るわ。
治安維持の矢面に立ちたくないからって新鮮グミみたいなヤクザまがいのならず者集団雇うわw
白虎隊ってアレ何か泣ける話にされてるけど単なる道化じゃね?
41: 2011/09/16(金) 21:57:22.24 ID:pYjgDfl20
容堂の妾、
容堂が冷たいもんが食いたいといったら
全裸で滝に入り、そうめん冷やしてきたw
44: 2011/09/30(金) 07:10:52.42 ID:FffByTHH0
容堂の悲劇は武市を○してしまった事
45: 2011/11/13(日) 00:34:34.44 ID:QEO5viVn0
土佐は正式な藩士よりも郷士の方が活躍してるってどーよこれ
46: 2011/12/20(火) 20:20:51.07 ID:zV5/fnTm0
郷士って武士じゃなくて「農民」だからな。
勝手に都合のいい家系図作ったりして足軽のまねごとをしていたらしい。
47: 2011/12/22(木) 08:44:08.47 ID:DjVPk6Cf0
土佐閥弱すぎ、
侯爵:山内豊範、
子爵:山内豊尹、
男爵:山内豊積・山内豊静・深尾重孝・伊賀氏広、
侯爵:佐々木高行、
伯爵:板垣退助(内相、自由党党首)・後藤象二郎(農商相、逓信相、大阪府知事)・土方久元(農商相)・田中光顕、
子爵:田中光顕(農商相、陸軍少将、警視総監)・山地元治(陸軍中将)・福岡孝弟・谷干城(農商相、陸軍中将)・河野敏鎌・清岡公張、
男爵:石田英吉・岩村通俊・岩村高俊・川田小一郎、神山郡廉・中島信行・岩崎弥之助・岩崎久弥  児島惟謙(宇和島藩,大審院長)
49: 2012/01/27(金) 11:42:57.54 ID:kVnFPNI60
山内家宛ての公文書4通発見http://www.nhk.or.jp/lnews/kochi/8016755011.html
明治天皇が徳川慶喜を助ける高松藩などの追討を土佐藩に命じた御沙汰書など朝廷が山内家に宛てた公文書4通
が県内で新たに見つかりました。
専門家は土佐の維新史を知るうえで貴重な資料になるとしています。この公文書は県内の収集家が所蔵していたもの
で佐川町立青山文庫の松岡司名誉館長が鑑定した結果、いずれも朝廷が山内家に宛てた公文書の原本であることが
確認されました。
このうち「讃州豫州追討御沙汰書」は、徳川慶喜の反逆を助ける高松藩と松山藩などを征伐没収せよという明治天皇の
命を土佐藩の16代藩主山内豊範に伝えています。また、「参内達書」は2通あり、いずれも山内豊範が孝明天皇に拝
謁し、杯を賜ることを伝達しています。
これらの文書は山内家の資料をまとめた書籍、「豊範公紀」に写しがあることから存在は分かっていましたが、原本が
見つかるのは珍しいと言うことです。
松岡名誉館長は「朝廷から山内家への公文書はほとんどが散逸しており、この4通の公文書は土佐の維新史を知る
うえで貴重な資料になる」と話しています。
50: 2012/01/27(金) 14:09:39.37 ID:TY4WeuVg0
>>49
これは凄い
51: 2012/02/28(火) 12:17:15.97 ID:6N/FeDqO0
土佐は仕事に見合ったうまみもなく田舎となった
67: 2016/01/20(水) 11:46:43.80 ID:AidCi80M0
>>51>>52
三菱財閥とは何だったのか?岩崎弥太郎にとって高知は単なる故郷か
そうだろうな 松下幸之助も本社は大阪の門真に置き、生誕の和歌山じゃないもんな
和歌山にあるのはエネルギーランドだけw
52: 2012/04/06(金) 10:59:52.29 ID:P2RCSl9/0
四国は何やっても田舎
53: 2012/04/17(火) 11:17:36.10 ID:GsVE2pyL0
山内家新資料館の新事業を検討http://www.nhk.or.jp/lnews/kochi/8016762591.html
高知城近くに建設される予定の新しい土佐山内家宝物資料館の事業内容を検討する会議が16日から、始まりました。
高知市の山内会館で開かれた会合には、学識経験者や地元商店街の代表など8人のメンバーが出席しました。
はじめに、土佐山内家宝物資料館の担当者が、新しい資料館が行う事業として、▼土佐藩の年中行事の再現や▼城下
町を紹介するイベントの開催など33の新規事業を含む、あわせて80の事業のたたき台を示しました。
これを受けて、メンバーが意見を交わし、「限られた人員で多くの事業を行うのは無理がある」とか「運営に関してはボラ
ンティアの力を借りる事も必要」、「観光客を取り込むために、夜に資料館でイベントを開催してはどうか」などと提言が
出されていました。
土佐山内家宝物資料館は、建物の老朽化が進んでいるため、高知県が平成26年度の完成をめざして高知城近くに
新たな資料館を建設する計画です。
メンバーは来年度までテーマごとに会議を開き、新しい資料館が行う事業を決めることにしています。
55: 2012/04/28(土) 19:26:26.29 ID:BslOF8ZJ0
山地元治や小笠原唯八あたりにもスポットを当てて欲しいよね。
58: 2013/10/28(月) 20:15:55.80 ID:M/85BRX60
土佐の鯨は大虎で
60: 2013/10/29(火) 19:16:13.73 ID:ZWYMAXEhO
てか、薩長土は今現在、糞田舎の僻地扱いだからなぁ。
鹿児島県…糞田舎
山口県…糞田舎
高知県…糞田舎
61: 2013/11/09(土) 14:59:29.93 ID:BN/1nGL10
肥は超ド田舎だけど
63: 2016/01/14(木) 02:50:40.00 ID:chK3ypE40
容堂の伝記読みたいけど、オススメある?
64: 2016/01/16(土) 01:02:07.02 ID:z7sIOAFz0
酔って候
65: 2016/01/16(土) 01:04:04.90 ID:9JwgWyw70
伝記ちゃうやん
笑説やん
66: 2016/01/16(土) 01:12:46.48 ID:z7sIOAFz0
容堂と言えば、司馬様の「酔って候」だよ
72: 2016/04/05(火) 22:17:58.94 ID:nNuEbINUO
>>66
ヤンキー漫画みたいだよね
77: 2017/07/31(月) 18:26:43.22 ID:/Dp3BOkx0
後藤象二郎の半生を紹介07/31 12:09nhk
土佐藩の家臣で坂本龍馬とともに大政奉還を成し遂げた後藤象二郎の半生を紹介した企画展が高知県南国市の県立歴史民俗資料館で開かれています。
土佐藩に忠実に尽くした後藤象二郎は大政奉還に向けて奔走し、のちに明治政府で逓信大臣などを務めました。
企画展では象二郎の写真や書などおよそ80点が展示されています。
このうち初公開となる自筆の書には「日華」という象二郎の号とともに雪の降り積もる中で1本の梅の木が華やぎを与えている様子が詠まれていて、
理解者であり幼なじみの板垣退助を思って書かれたと見られています。
また大政奉還の直前に友人に送った手紙には「心配」などといった文字が記されていて、思いがけない出世に戸惑う気持ちがにじみ出ています。
県立歴史民俗資料館の石畑匡基学芸員は「龍馬の陰に隠れている後藤象二郎ですが、果たした役割は大きいと感じています。展示を通じて
おおらかな人物像を感じてもらえればいいです」と話していました。
企画展は9月18日まで、南国市の県立歴史民俗資料館で開かれています。

引用元: https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/history2/1288546291/

スポンサードリンク