オススメ記事(外部)

かってのアラビアは強かったのに、何で現代のアラブ人は科学も戦術も下手になってしまったの?????

1: 2020/11/22(日) 15:34:00.45 0
アラビア科学や数学は中世では先進的なものだった
だがいまでは先進じゃない

 

戦闘面でもかつては強力だったが
だんだんトルコ人にかなわなくなってきて
マムルークらにとってかわられた
現在でもユダヤ人に勝てない

なぜ中世から衰退したのか

 

21: 2020/11/23(月) 17:28:41.46 0
>>1
先進的というより
ユダヤ教が科学の発展を宗教観念で妨げただけでは??
幾何学もアルジブラ、アルコールも、アルがついたアラブの言葉
しこしこ宗教の妨げがなく発展できた

 

2: 2020/11/22(日) 15:58:09.74 0
イスラム教のせいでっしゃろ

 

28: 2020/12/04(金) 22:48:37.20 0
>>2
イランやパキスタンは
イスラム汚染に滅気ず、核開発してるでしょ
ペルシア、インダス
先行する立派な文明を誇れると
イスラムを希釈してくれるからか
セム色が比較的希薄なアーリア世界だと
また、アラブと違った一面
創意工夫の意気や覇気が見えますね

 

3: 2020/11/22(日) 16:18:22.95 0
アッラーの思し召し

 

4: 2020/11/22(日) 18:21:35.31 0
アラブ諸国が連合してせめてエジプトからアラビアにかけて一つのアラブ国家ができないと
イスラエルに勝つことはできないだろう

 

5: 2020/11/22(日) 18:31:35.87 0
エジプトのナセル大統領によれば

 

「アジアには日本があった。しかし、アラブには日本がない」

その一言に尽きるらしい

 

6: 2020/11/22(日) 18:42:28.68 0
エジプトは、ムハンマド・アリーの時代にけっこう近代化を頑張ったんだけどな

 

47: 2020/12/13(日) 08:35:46.25 0
>>6
エジプトはマジで末裔の人を復帰させて
ファラオを復活させるべきだと思う
文化も以前のように戻せばいい
別にイスラム教を禁じなければいいだけ
そうすればエジプトを中心にあのへんは栄える

 

7: 2020/11/22(日) 19:01:11.65 0
今でも、アラブ諸国の中ではエジプトが先進国ではないか

 

ドバイを別にすれば

 

8: 2020/11/22(日) 19:50:46.95 0
政教分離を果たさなければ国家としての発展はない

 

9: 2020/11/22(日) 20:00:52.77 0
科学や数学の水準でいうと、15世紀には西欧がイスラム世界より上になっていた
イスラム世界でも中国でもインドでも、それどころか宗教改革前のヨーロッパでも、世界の真実は形而上的なものであって、形而下の学術の追求に意味を見出していなかった
例えば朱子学では、倫理学を大学といい、論理学を小学という
形而上に基礎を置いた倫理学が本来の学問で、形而下に基礎を置いたものはランクの低い学術の扱いだった
宗教改革後の西洋世界が異端だったんだよ

 

10: 2020/11/22(日) 20:12:02.41 0
科学の水準と一言で言っても、アラブと欧州で最も差が大きかったのは医学

 

10世紀のバクダッドには入院できる臨床施設を備えた大病院があり、大勢の医師や看護師が働いていた。
外科手術も麻酔もあった。世界に冠たる貿易立国だけに、薬品は各国から集まってきた。

同じ時期の西欧の医者は、医者というより呪術者そのもの。
この時点では、あまりにも大きな文明の落差があった

 

11: 2020/11/22(日) 22:13:11.59 0
1258年のバグダッドの戦いが歴史のターニングポイントだったと思う。
バグダッドの陥落でイスラム世界の学問研究の中心核がモンゴル軍に破壊され、
それ以後のイスラムは正常な文明の成長コースから逸れていった。

 

12: 2020/11/22(日) 22:29:58.19 0
>>11
何でもモンゴルのせいにするのはどうかと思うが…

 

15: 2020/11/22(日) 22:36:38.25 0
>>12
加害者がモンゴルであったか否かは全く重要な論点でない。
バグダッドを壊滅したのがシリウス星人であったとしても
イスラム文明の成長に同様な悪影響を与えただろう。

 

13: 2020/11/22(日) 22:31:11.15 0
イスラム世界の最盛期は17世紀

 

オスマン帝国・サファヴィー朝・ムガール帝国が鼎立したときだよ

 

14: 2020/11/22(日) 22:33:14.44 0
>>13
でも科学水準では、もう西洋世界とは格段の差が産まれていたんだよね
中国も然りで、清王朝は中国史上の経済的絶頂期だけれども、西洋世界の学問水準からみて後進国だった

 

16: 2020/11/22(日) 23:33:11.13 0
アラビア科学の場合、アル・ガッザーリーの正統神学の路線がイスラーム世界を
支配するようになると、ギリシア的な合理主義思想は衰えていった

 

17: 2020/11/22(日) 23:50:17.85 0
軍事的にも
マムルークに寄り掛かるようになってから
振るわなくなってきた

 

18: 2020/11/23(月) 03:39:23.92 0
十字軍と戦った連中も、ザンギー、ヌールッディーン、クトゥズ、バイバルス、
カラーウーンはトルコ系
アル=アフダルはアルメニア系
シールクーフ、サラディン、アル=アーディル、アル=カーミルはクルド系

 

19: 2020/11/23(月) 07:56:42.91 0
もうひとりのナポレオン「ムハンマド・アリー」
https://youtu.be/KUJL–Qtfcg

 

20: 2020/11/23(月) 14:17:24.63 0
アラブ人は職人や技術者を卑しい仕事だと考えているから

 

22: 2020/11/24(火) 09:34:21.43 0
最盛期のオスマン帝国の国家財政は、スルタンが一円課税権をもつ広大な領土からの
諸税に加え、東西交易の陸のオアシス・ルートと海の紅海ルート、ペルシャ湾ルートの
掌握による利益により、非常に豊かであった
そして、原則として条約も特権も、あくまで強者からの一方的な恩恵として
与えられる形をとった
西欧諸国も常駐大使をおくことが認められたが、これも一方的恩恵賦与と考えられ、
自らは随時使節を派遣するにとどめた
外交儀礼については、もっぱらオスマン側の方式を強制した

 

23: 2020/11/26(木) 14:43:56.80 0
イジュティハードの門が閉ざされたから

 

24: 2020/11/30(月) 15:47:10.40 0
イスラム帝国をして7つの海を制し得たかもしれない重要な発明が1270~1280年ごろ生まれた。

 

シリアの技術者ハッサン・アルラマーによって考案された「ロケット魚雷」と呼ばれるべき超兵器である。
https://weaponsandwarfare.com/2015/10/18/hassan-al-rammah/

 

25: 2020/12/03(木) 16:38:01.96 0
そりゃ外国人に何しても問題じゃない社会だし、
まして平たい顔族かつ女とくりゃあ、煮ようが焼こうが文句を言われる筋合いはないって
なもんでしょうね、あいつらからしたら。
そもそも自分たちはムスリムだから生まれながらに道徳的に優越してるという信念が
ありますからね。
それがハヤワーンの元なのに
https://twitter.com/MiddleEastArtJp/status/1334088804735467520
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

 

26: 2020/12/03(木) 16:38:42.44 0
こういうの全部放置して、むしろ社会として正当化さえして、
他方で自分はあれもこれも言われた通り完璧にやりました絶対天国行く行けるってな
人間ばかり育てるからクソラムって呼んでんだよ。その「言われた通り」の中に含まれてないと、
すぐ地が出て、なんでもやったもん勝ちのハヤワーンになるだろ。
https://twitter.com/MiddleEastArtJp/status/1334086838965846020
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

 

27: 2020/12/04(金) 22:16:05.68 0
アラブっぽく見える
https://youtu.be/_FTfNantH9w

 

29: 2020/12/05(土) 16:35:36.31 0
斉次法則を外せれば代数学が発展し、デカルトのような機械論も出てくるから、
革新的なアイデアを採用する寛容さを社会が持ってるかどうかに尽きると思われる。
イスラム国家に寛容さを求める、規制を緩和するインセンティブがあれば、欧州と競争するだろうし、
その勝利の為にイスラム教の宗教改革を行い、利息を認め、金融市場を大きくしようとするだろうよ。
それは今日にも通じる話だと思われる。

 

30: 2020/12/05(土) 16:39:05.04 0
てかデカルトの本読んでると、半分くらいは「イスラム学では~」みたいな孫引きが多いのなw

 

31: 2020/12/05(土) 17:27:42.48 0
UAEは規制とか緩和してると聞いてるけど

 

32: 2020/12/05(土) 18:13:03.35 0
一元的なものじゃないからな。規制を緩和するだけでうまくいくならどの国でもうまく行く。
その国の科学を振興させたければ、まず科学者を育成しないといけない。
そして、育成は長期に亘る事を知っておかないと。農林業と同じだ。

 

33: 2020/12/05(土) 18:29:46.44 0
中東諸国やアフリカ諸国は「リープフロッグ型」の発展を望んでいる
要するに、楽をして発展できる方法がどこかにあると考えている

 

34: 2020/12/05(土) 19:32:11.51 0
向こうのエリートって、生活、スキル向上や地位向上を求めて外に出て行っちゃうでしょ。
日本は、それが東京、大阪などの都市に留まる者が多いけど、向こうだと先進国に行ってしまう。
又、サッカークラブの中には優勝に絡まないBクラスのクラブで育成専門なんていうのがある。
人材を育てて、ビッグクラブに売る事で、クラブ運営をしているんだね。
これらを踏まえた上で、リープフロッグをやってる国ってどう考えているんだろう。
最先端だけで端折って先進国入りを望んでるのかもしれないが、人材の流出が止まらず不発に終わり、
かと言って人材供給地になるわけじゃないから、結局はコスパが悪いと思うんだが。

 

35: 2020/12/05(土) 22:12:21.59 0
2000年以降は「リープフロッグ型発展」の実例を中国が自ら示し、そのモデルを輸出し、
途上国の人々は喜んで飛びついた。
かつて、中東やアフリカの知識人は日本について、20世紀まで無に等しかった日本が
短期間で近代化し、敗戦後も経済復興した「秘密のカギ」を知りたがった。
食うや食わずで教育や産業を育成した話など聞きたがらない。
中国は「カギ」を提供してくれるように見えるのだろう。

 

36: 2020/12/06(日) 14:08:00.26 0
明治政府が教育とか
科学者や技術者発展に尽力したのは正しかった

 

科学や数学や工学等々の基礎研究が発展に重要だとなんとなくわかってたんだろうな

 

37: 2020/12/06(日) 14:09:44.75 0
カタール=トルコの犬
UAE,サウジアラビア=トルコ嫌い
カラバフ紛争でも欧州の国よりよっぽどアルメニアを支援した

 

43: 2020/12/08(火) 22:26:34.68 0
ムハンマド・アリーの孫のイスマイルは、在位中に4600以上の各種学校を
新設し、教育水準の向上に尽力した
国立図書館や高等師範学校、エジプト地理学協会なども彼が設立したもの
また彼は新聞の発行を奨励・支援した

 

アラブ諸国の中で、エジプトはまだ努力したほうじゃないのかなあ

 

44: 2020/12/10(木) 05:10:19.69 0
>>43
ムハンマド・アリーはヨーロッパから来たアルバニア人
アラブ人じゃない

 

45: 2020/12/10(木) 09:45:53.42 0
エジプトでは、70年代のソ連の支援によるアスワン・ダム建設の頃は、
そこから生まれる電力を利用して工業化を達成するというバラ色の夢が盛んに語られた
しかしエジプト経済は、現在も相も変わらぬピラミッドとスエズ運河頼みである
国内消費をまかなう石油とガスが見つかったのは朗報であったが、
どれひとつとしてエジプト人が作り上げたものではない

 

46: 2020/12/12(土) 05:47:26.37 0
エジプトはもともとは非アラブ人地域

 

48: 2020/12/13(日) 08:56:14.44 0
今のエジプト人は古代の子孫なのか?
ほとんどアラビア半島から移住してきたアラブ人の子孫では
元は非アラビア語圏だったんだろうコプト語はもうタヒ後だそうだし

 

49: 2020/12/13(日) 12:02:09.39 0
7世紀、イスラム勢力が急速に拡大した際、支配者たちは征服した地の知識に強い関心を示し、
手稿や本を「知恵の館(バイト・アル=ヒクマ)」に収集した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/d745b4039af15a44cb1c337b208a081277409701

 

それ略奪したと言うのでは

 

50: 2020/12/13(日) 22:12:17.40 0
ムウタズィラ派を復活させればいいかも

 

引用元: https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/whis/1606026840/

スポンサードリンク