オススメ記事(外部)

歴史好きの俺が面白いと思った狂歌貼ってくで〜!!!!

おすすめサイト

スポンサーリンク

1: 2021/11/13(土) 22:59:15.665 ID:cPW7+tVOd
みんなも好きな狂歌あったら貼ってね(´・ω・)
第一弾
歌よみは 下手こそよけれ 天地の 動き出して たまるものかは

意味 天地が動き出したりすれば堪らないから和歌は下手な方が良い
紀貫之が和歌の素晴らしさを讃えた「力をもいれずして天地を動かし…」という一文への皮肉

2: 2021/11/13(土) 23:04:06.889 ID:McO2QuP40
忘れたけど高杉晋作のやつ
4: 2021/11/13(土) 23:05:30.874 ID:A+pEWOCc0
>>2
あれは都々逸じゃね
5: 2021/11/13(土) 23:05:31.676 ID:cPW7+tVOd
>>2
面白いというより深いよね^_^

世の中に か(蚊)ほどうるさき ものはなし
ぶんぶ(文武)と言いて 夜も眠れず

意味 文武両道を奨励した老中松平定信への皮肉

3: 2021/11/13(土) 23:05:05.458 ID:A+pEWOCc0
泰平のねむりをさます上喜撰 たった4はいで夜も眠れず
これしか知らん
6: 2021/11/13(土) 23:07:02.095 ID:cPW7+tVOd
>>3
教科書に載るほどの名作

貧すれば 質に奥の手 太刀かたな さすがは武士の うけつながしつ

意味 武士も困窮すれば奥の手として刀まで質に入れてしまう、さすが武芸の心得があるので刀を質に流したり受けたりも見事なものだ

7: 2021/11/13(土) 23:07:44.543 ID:McO2QuP40
狂歌ってなーに
8: 2021/11/13(土) 23:09:00.722 ID:cPW7+tVOd
>>7
皮肉の効いた川柳みたいなやつ
有名な和歌のパロディだったり政権批判だったり…
9: 2021/11/13(土) 23:11:13.049 ID:McO2QuP40
ぐぐったら江戸時代のがおおいな
11: 2021/11/13(土) 23:13:49.204 ID:cPW7+tVOd
>>9
やっぱり庶民文化の頂点は江戸時代だね!

今までは 人のことだと 思ふたに 俺がタヒぬとは こいつはたまらん

江戸時代の代表的な狂歌製作者である大田南畝の辞世の句
自分のタヒまで茶化すとは…

12: 2021/11/13(土) 23:14:48.906 ID:McO2QuP40
>>11
それ面白いな
15: 2021/11/13(土) 23:16:32.825 ID:af+S5NA30
>>11
こいつはたまらんが何の捻りもない現代語でワロタ
10: 2021/11/13(土) 23:12:31.433 ID:HYGi8eoc0
織田がつき羽柴がこねし天下餅
14: 2021/11/13(土) 23:15:28.055 ID:cPW7+tVOd
>>10
座りしままに食うは徳川
13: 2021/11/13(土) 23:14:57.899 ID:HYGi8eoc0
元の濁りの田沼恋ひしき、もわりと有名だな
16: 2021/11/13(土) 23:16:34.605 ID:cPW7+tVOd
>>13
さっき貼った世の中に〜のやつとか定信さんはやっぱ嫌われてたんかねえ
17: 2021/11/13(土) 23:18:31.391 ID:cPW7+tVOd
いつ見ても さてお若いと 口々に ほめそやさるる 年ぞくやしき

意味 お若いという言葉は本当に若い人には使わず、年寄りへのお世辞に言うものだ年々言われる機会が増えて歳をとったと思うと悔しい限りだ

これは現代にも通用するね

18: 2021/11/13(土) 23:21:34.388 ID:WZXg9VDq0
ググってみたけど白河のからはじまるやつは聞いたことあるわ
19: 2021/11/13(土) 23:24:00.418 ID:cPW7+tVOd
>>18
白河の 清きに魚の すみかねて 元の濁りの 田沼恋しき
これも有名だね
20: 2021/11/13(土) 23:43:35.027 ID:imcYWok1a
将門は こめかみ射られて タヒににけり 俵藤太の 謀(はかりごと)にて。

平将門は首を三条河原に晒されてもタヒなず、永遠と「俺の体を持って来い。繋げてもう一度戦ってやる」と喚き続け、京都の人達は皆コレを恐れた。
ある時、歌詠みの上手い人物(坊さんだったかな?)が上記の歌を詠んだトコロ、将門は大笑いして成仏したという。
歌中にある俵藤太とは将門討伐に活躍した藤原秀郷の別名で、当初は将門に傘下に付いたが朝廷から討伐令が下ると裏切って敵側について将門を滅ぼした事を指していると思われる。
長年この歌の意味は判らず、なぜ将門は大笑いして成仏したのかも不明で、多くの研究者達を悩ませ続けていたが、
近年とある将門研究者が
「コレは『コメカミ』『タワラ藤太』『ハカリごと』が全て米に関連している一種の駄洒落歌ではないか。だから将門は大笑いし、機嫌を直して成仏したのではないか」
と主張。現在はコレが最も有力な説となっている。

引用元: https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1636811955/

この記事に興味ある方はコチラもおすすめ

管理人おすすめサイト

スポンサードリンク

注目サイト

スポンサードリンク