世界歴史ちゃんねる管理者からのお詫び

2021年7月3日未明〜、サーバ移転によりアクセス不可が生じておりました。
現在は移転完了しており、前のサーバより安定してより訪問者の皆様へより良いコンテンツをご提供できるよう尽力させていただきます。
訪問者の皆様にはご不快とご迷惑を与えて申し訳ございませんでした。

オススメ記事(外部)

【歴史】真珠湾攻撃、ミッドウェー海戦…漫画やアニメにも描かれる「第三四三海軍航空隊」を率いた源田実大佐は「名参謀」なのか?

1: 2021/07/03(土) 23:21:48.71 ID:e37tGyIv9
三四三空司令・源田實大佐(左)と志賀淑雄少佐(右)。昭和20年春、松山基地にて。

https://gendai.ismcdn.jp/mwimgs/1/a/-/img_1a6642c11637854b2727534068a2f4d8326759.jpg

※省略

■三四三空を率いた司令「源田實」

第三四三海軍航空隊は、昭和19(1944)年末、軍令部参謀として航空作戦を司ってきた源田實中佐(のち大佐)の、「精強な戦闘機隊をもって片っ端から敵機を撃ち墜とし、怒涛のような敵の進撃を食い止め、もって戦勢挽回の端緒をつくる」という構想から生まれた。

源田は、海軍の戦闘機乗りの草分けの一人で、昭和7(1932)年から9(1934)年にかけ、現代のブルーインパルスの元祖といえる日本初の編隊アクロバット飛行チーム「源田サーカス」を率いた名パイロットとして、また、昭和16(1941)年12月8日の真珠湾攻撃のさいは、作戦立案に参画、機動部隊の航空参謀として辣腕をふるったことで知られる。

だが、源田が「名指揮官」で「名参謀」だったかと言えば、その答えには残念ながら疑問符がつく。華やかな印象とは裏腹に、戦闘機乗りとしての空戦経験は皆無だったし、参謀としても致命的な失策が目立った。

源田の失敗のうち、戦後も関係者の間で語り草になっていた大きなものを挙げると、

●生粋の戦闘機乗りでありながら、昭和8年から10年頃にかけ、「戦闘機無用論」を主唱したこと。高性能な陸上攻撃機の登場によるものだったが、このとき戦闘機搭乗員の養成人数を大幅に減らした影響が、のちに重く響いてくる。

●昭和17(1942)年6月5日、ミッドウェー海戦で、機動部隊航空参謀だった源田の判断ミスから攻撃隊発進のタイミングを逃し、虎の子の主力空母4隻が撃沈されたこと。

●昭和19年10月の台湾沖航空戦で、敵空母の発着艦ができない台風の荒天を利用して攻撃をかけるという実現不能なアイディアをもとに「T部隊」を編成、ほとんど戦果を挙げられずに味方の航空兵力を壊滅状態にしたこと。

……などがある。また、「失敗」とは異なるが、軍令部第一部(作戦担当)で航空機による特攻作戦の採用を主導し、人間爆弾「桜花」の開発にも深く関わったことは記憶されていい。

――三四三空は、そんな源田にとって、それまでの失敗を帳消しにし、最後のひと花を咲かせる舞台でもあった。そのことは本人も著書に、〈精鋭な部隊を率い、思う存分に暴れ回り、冥途の土産としたい。〉と記している通りである。もし「三四三空司令」の経歴がなかったら、戦後の源田評は惨々たるものになっていたのではないだろうか。

■高高度性能とスピードを備えた「紫電改」

川西航空機が開発した紫電改を、航空技術廠飛行実験部部員(テストパイロット)として、実用化の域まで育て上げたのは、志賀淑雄(しが よしお)少佐である。志賀は支那事変で敵機6機を撃墜、太平洋戦争では空母「加賀」分隊長として、真珠湾攻撃に零戦隊を率いて参加したのをはじめ、アリューシャン作戦や南太平洋海戦にも参加した、実戦経験の豊富な戦闘機隊指揮官だった。

※省略

三四三空は、愛媛県の松山基地(現・松山空港)に本拠地を置き、司令・源田實大佐、副長・中島正中佐(のち、相生高秀少佐)、飛行長が志賀少佐で、主力機となるのは、志賀が心血をそそいだ紫電改である。

戦闘機隊は、戦闘第七〇一飛行隊(飛行隊長・鴛淵孝〈おしぶち たかし〉大尉)、戦闘第四〇七飛行隊(飛行隊長・林喜重〈はやし よししげ〉大尉)、戦闘第三〇一飛行隊(飛行隊長・菅野直〈かんの なおし〉大尉)の三個飛行隊で、それに偵察機「彩雲」で編成された偵察第四飛行隊、錬成部隊として戦闘第四〇一飛行隊が加わった。

※省略

「目標は敵戦闘機」

という源田司令の簡潔な訓示は、一見、勇壮でカッコよく感じられるけれど、敵機による攻撃を阻止する「防空戦闘」の任務は、はなから放棄していた。航空作戦の勝敗は、撃墜機数や喪失機数の比較で決まるものではなく、いかに強力な戦闘機隊を編成しても、敵に目的を達成させてしまえば意味がない。

源田實はこの点で失敗したとも言えるし、敵にやりたい放題やらせた上で、目標を絞ったこんな戦い方しか選べなかったのが、当時の日本海軍航空隊の戦力の限界だったとも言える。(続きはソース)

神立尚紀(カメラマン・ノンフィクション作家)

現代ビジネス 6/29(火) 6:02配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210629-00084451-gendaibiz-pol

★1:2021/07/02(金) 20:20:28.75
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1625224828/

8: 2021/07/03(土) 23:34:48.76 ID:1NHaoy+E0
>>1
反骨ものの菅野直が唯一尊敬した上官が源田さん

>戦闘機無用論
実際は制空隊を考案して戦闘機が増える

>判断ミスから攻撃隊発進のタイミングを逃し、虎の子の主力空母4隻が撃沈されたこと
日本が敵空母を見つけた時には敵はすでに攻撃開始してるので日本のタイミングは日本空母が撃沈されたこととは無関係

>「T部隊」を編成、ほとんど戦果を挙げられずに味方の航空兵力を壊滅状態にしたこと。
源田参謀が夜間攻撃には訓練不足と忠告するも、指揮官の福留中将が夜間攻撃に使用し壊滅状態になっただけ

調べもせずにてきとうな批判するな

95: 2021/07/05(月) 02:42:44.04 ID:kcP6SZx40
>>8
>日本が敵空母を見つけた時には敵はすでに攻撃開始してるので日本のタイミングは日本空母が撃沈されたこととは無関係
関係あるわ馬鹿w
15: 2021/07/03(土) 23:40:57.19 ID:mELN+dhj0
>>1
最近コロナと絡めてかつての軍人を批判する文を見かけるが
門外漢が屍体を鞭打ってるようにしか思えん。

確実に言えるのは鞭打ってる輩の人間的な卑劣さと矮小さ。
源田をどうこう言えるような人間なのかよ、オマエは。

おエラいこったな。

87: 2021/07/04(日) 23:54:25.67 ID:uQ9ZwAxG0
>>1
爆装のまま出撃させなかったのは源田なのか?
89: 2021/07/05(月) 00:06:21.57 ID:7ESvlAdj0
>>87
高速で回避運動中の空母の格納庫内の18機の艦爆を飛行甲板に上げて
暖機運転、発艦するまでどのくらい時間が掛かるか?五分や十分では
とても無理。
しかも空中待機で燃料切れ寸前の第一次攻撃隊はどうするの?
90: 2021/07/05(月) 00:16:10.35 ID:EeJMllqp0
>>87
陸用爆弾だったからな
後で飛龍が反撃した時は通常爆弾だったが、それが命中しても敵空母は機材が少し壊れたくらいで甲板は無傷だった
陸用爆弾だったら無駄足の挙句に戦闘機に落とされて状況は悪化してた
92: 2021/07/05(月) 00:29:00.86 ID:7ESvlAdj0
>>90
ヨークタウンバトルレポートによれば命中した四発の爆弾のうち一発
は陸用爆弾。
煙突から飛び込んだ一発の通常爆弾によりボイラーの火が吹き消されて
航行不能、飛行甲板にも穴が開いたが友永隊が到着するころには何れも
修理完了。
109: 2021/07/05(月) 08:32:59.03 ID:H9uXmaz+0
>>1
【戦争秘話】漫画やアニメにも描かれる「三四三空」。その偽らざる素顔に迫る。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/84453?page=5

源田實という、よくも悪くも時代を象徴する、カリスマ性のある軍人を司令に戴いたこと、その源田が回想記を書いたことが、後世に残る三四三空のイメージを決定づけたのは間違いない。

そして、実績を顧みればけっして名指揮官とはいえない司令を、
志賀淑雄という紫電改「育ての親」とも呼べる名パイロットが飛行長として支えたこと、
じっさいに空で戦った飛行隊長に、部下たちを惹きつける個性豊かな人材が揃ったことで、部隊の結束が戦後にいたるまで保たれた。

三四三空の歴史はけっして華々しいものではなく、トータルで見れば敵に与えた損害よりも犠牲のほうがはるかに多い、苦難に満ちた血みどろの戦いだった。

そこで命を散らしたのは漫画の「キャラ」などではなく、血も涙もあり、悩みもあれば家族もいる、実在した若者たちであることだけは忘れたくないものである。

2: 2021/07/03(土) 23:22:40.53 ID:LFV6u5r+0
呉を守れなかったうんこだろ。
5: 2021/07/03(土) 23:24:39.24 ID:druQFFku0
>>2
ああっ、何様だ、バ○ヤロー!

https://dotup.org/uploda/dotup.org2524561.jpg
19: 2021/07/03(土) 23:54:44.05 ID:xoT+vD2w0
>>5
やーん読みたい
早よ単行本出してぇ(泣
106: 2021/07/05(月) 08:20:30.30 ID:Livjx9hm0
>>5
菅野、意外と文学青年だったんだよな
愛媛の紫電改館の展示はかなりくる
6: 2021/07/03(土) 23:33:39.55 ID:gThYdiiX0
アメリカ留学してた山本五十六は、

長州、薩摩、華族中心の日本政治が許せなかった。

貧乏な旧徳川方に比べ、贅沢三昧の薩長の人間たちや皇族や財閥。

旧徳川幕府方の者は皆、貧乏で少女はカイコ工場か女郎へ身売りだった。、

男は働けど自分の土地すら持てず、一生~小作人。

ゆえに山本五十六は外圧で強固な、アメリカの力を借りて、日本を敗戦させ日本政治を変えたのであった。

ちなみにその山本五十六は、旧徳川幕府方、長岡藩の出である。

つまり、英国の武器で関ヶ原では勝利し、明治維新では敗北、そして又アメリカの力を借りて勝利したのである。

7: 2021/07/03(土) 23:33:47.63 ID:oEVMZ55b0
漫画やアニメ? そうなん
9: 2021/07/03(土) 23:35:16.38 ID:A1jER+bZ0
あんだけ大敗北しといて、名参謀はいるわけない
10: 2021/07/03(土) 23:35:21.94 ID:LIBW3X/J0
セイロン沖海戦はいつも取りあげられない
11: 2021/07/03(土) 23:37:41.73 ID:GYExrn8E0
元々戦略次元での不利を作戦次元でひっくり返そうと言うところに無理がある
参謀としての能力を戦争の経緯から決めつけるのはアンフェアではないの
無理な目標を求められたら無理な作戦を立てざるを得ない
17: 2021/07/03(土) 23:43:44.95 ID:lWjm2S2l0
「負けると思ったら負けるのだ!」
現代まで続く日本の言霊信仰。
21: 2021/07/03(土) 23:56:18.17 ID:mELN+dhj0
異論も多々あるだろうが、真珠湾奇襲ってのは
つくづくよく実行したよなぁと思う。

指揮官の山本、立案に関与した大西、源田
機動部隊の現場指揮官の南雲、参謀の草鹿とかも糞度胸よな。

オレならションベンちびるわw

23: 2021/07/04(日) 00:02:05.42 ID:92QR6Px70
世論的に戦争反対のアメリカが参加したくて日本が攻撃してくるように仕組んだんだんだっけ?
25: 2021/07/04(日) 00:20:36.92 ID:xAEAZUax0
紺碧の艦隊おもろいよな
愛国心でてくるわ
26: 2021/07/04(日) 00:21:21.28 ID:eg0bcVE00
明治の高級将校は戦術レベルで負けた=タヒ、自刃
昭和の高級将校は戦術レベルで負けても戦略レベルで負けても責任を取らない
責任のたらい回しだから下士官兵士をぞんざいに扱うそういうイメージ
太平洋戦争で責任を取って自刃した将校の少なさよw
56: 2021/07/04(日) 10:04:10.60 ID:TBubh9900
>>26 太平洋戦争で責任を取って自刃した将校の少なさよw

そんな脳筋情緒的な将校ばかりだったら
もっとひどいことになってただろうな。

患者タヒぬたびに泣きまくる医者に手術して欲しくなかんべ

36: 2021/07/04(日) 01:37:58.23 ID:xrrY3EEyO
夜間戦闘機月光も良かったな
37: 2021/07/04(日) 01:38:05.25 ID:uF3+0RDP0
バトルオフブリテンに比べれば
結局の所で国力技術力が全く足りてないのが原因としか言えないんだよなあ
指揮所、電探、連絡、機数、性能すべてが足りてない
本土防空でイキナリ責任者やらされて主人公ご都合展開で無傷クリア要求されたら自分なら逃げる
41: 2021/07/04(日) 01:55:01.94 ID:jNlM/iTi0
山口少将の進言を受け入れてたら、誤報に従って何もいないところへ攻撃隊を向かわせたうえ、収容をしなかった艦載機をむだに水没させ
今頃は南雲中将ではなく山口少将が非難の的になってたんだろうな
そもそも飛龍隊の通常爆弾でも米空母にたいしたダメージ与えられなかったのに陸用爆弾で甲版が破壊できる前提なのが戦後になっても楽観的というかなんというか
47: 2021/07/04(日) 05:36:14.83 ID:VdZWjfq30
石原莞爾は対米戦を「1万円持ってる国と100円しか持ってない国が
オークション勝負してるようなもの」と言ったが、
嘆くだけで他の代替手段を提唱してないのが軍人らしい限界。

アメリカの独立戦争時の国力はベトナム戦争の時のベトナム以下だが、
フランスが国家財政傾くほど資金援助して、軍隊までも借りることができて
大国イギリスの勝つというミラクルを達成できた。

日露の外債や、ドイツだって英米資本ユダヤ資本まで
利用して復興再軍備やった。中立国利用したりいくらでもできる。
なんならアメリカ政府とは対決してもアメリカ民間資本を
中間に第三者はさんで対米戦に利用するって手もあった。

戦争は近視眼的に二国間だけでやるもんじゃない。
複数が絡むから国力も戦況も逆転することが多々ある。

48: 2021/07/04(日) 05:47:59.07 ID:MKw/gtWu0
>>47
経済的な視点
日本は既に大陸での運営に行き詰まっていた
アメリカに占領してもらうのは敗戦革命プランだから抗えん

地政学的な視点で言うと、太平洋を挟んだ日米の激突は不可避
大西洋もあった>アメリカ独立戦争の米vs英
大抵の人は「アメリカと戦うんじゃなかった」という、
後悔の念をにじませて語ってるし、あなたもその気を感じるが
志那事変の前から計画されてた事なので、論点にならん

88: 2021/07/05(月) 00:04:03.95 ID:cDS9y5VE0
>>48
>日本は既に大陸での運営に行き詰まっていた

意味不明。全然行き詰まってないし敗戦プランってのも意味不明だし
変なカルトの電波歴史はお話にならない

103: 2021/07/05(月) 08:08:10.38 ID:pc0Fiwhl0
>>47
包囲網敷かれた時点で日本が組める国なんてソ連しか残ってないだろ
105: 2021/07/05(月) 08:15:40.08 ID:TOQFi6lJ0
>>103
ソ連が日本の味方するメリットないじゃん
北海道まで美味しく頂きたい野心を持ってるのは当時ですらはっきりしてたのに何故組もうとしたのか
52: 2021/07/04(日) 07:09:15.16 ID:c6EamxjS0
源田だの黒島だの陸軍なら辻だの
参謀の大佐がでかい顔ができたのはなんで?
役職や階級が上な人はいっぱいいたのに
55: 2021/07/04(日) 09:13:29.08 ID:3WepfnT70
>>52
軍隊的には大佐で一人前、それにトップは部下に任せるタイプが多かった
官僚化や年功序列で門外漢で腰掛人事とかも
英米だともっとアクティブだったり価値観のすり合わせなりしてたので
比較すると微妙…まあ英米でも例外とかあるけど
60: 2021/07/04(日) 10:37:09.57 ID:R/Iytj0d0
>>52
基本的に戦略も戦術に関しては大佐クラスが作って、
将官クラスはそれらから判断するだけだろ
53: 2021/07/04(日) 07:44:28.34 ID:8z1gG4U/0
戦果は高いがそれでも被害が出てる
いずれ物量でやられちゃうよね
ノモンハンもそう
57: 2021/07/04(日) 10:28:57.90 ID:R/Iytj0d0
ミッドウェーの判断ミスは、源田1人の責任というよりも日本海軍の戦術の構造的なミスといっていい。

軍縮以降日本海軍は、米英相手に劣った戦力で戦わなければならなく、
そのために英国のような見敵必戦(要するに消耗戦)ではなく味方の損害を極力抑える戦術が基本になった。

58: 2021/07/04(日) 10:31:01.25 ID:R/Iytj0d0
でも真珠湾攻撃、空母を集中させて運用するアイデアは源田実のものなんだよなぁ
59: 2021/07/04(日) 10:34:26.41 ID:R/Iytj0d0
源田ほど多くの戦歴もってりゃ当然うまくいかなかったものも多々あるわけで、
的確な判断ですべて勝利するなんて諸葛孔明か源義経ぐらいしかいないんだが

こんなもん意図的に源田実を貶めるための記事でゴミ程度の価値しかねぇw

61: 2021/07/04(日) 10:39:08.37 ID:f5Dg6uT+0
今の霞が関も課長が一番力があって、次官局長審議官は威張るだけ、というのは
昔も同じ。陸大軍刀組で、大佐の参謀本部第二課長(作戦担当)あたりが実質的な最高意思
決定機関だったんだよ。その上の部長、参謀次長、参謀総長なんかは、花押のサインを
しているだけ。
ノモンハンの頃は第二課長は稲田正純大佐。支那で手一杯なので、満蒙(実質はソ満)国境は
平穏にが基本姿勢で、関東軍に対しては満蒙の挑発に乗るな、隠忍自重せよと命じてはいたが、
関東軍参謀本部の若手参謀は野心満々で大人しくはしてくれない。板垣征四郎中佐や
辻政信少佐は、やはり陸大軍刀組の俊英。中央の不拡大方針の背いて勝手に事態を拡大して
いった。板垣や辻は事変後に一時左遷はされるものの、程なく中央に復帰して、太平洋戦争
でも枢要の地位を占める。
64: 2021/07/04(日) 10:59:43.70 ID:SVCx57Mx0
>>61
板垣征四郎はノモンハン時陸軍中将かつ陸軍大臣
67: 2021/07/04(日) 11:13:01.29 ID:f5Dg6uT+0
>>64
すまない
服部卓四郎中佐だった。勘違いです
62: 2021/07/04(日) 10:48:35.63 ID:3WepfnT70
若干出世欲が強いの除けば良いんだろうけどね
あと戦後良く言われた現場批判で、本来批判されるべきは作戦立案の上層部なのとかもあるし
どちらかと言うと他の目立たない人達にスポット当てて欲しい
堀とか西島とか美濃部とか水上とか中村虎とか
65: 2021/07/04(日) 11:00:13.25 ID:7/cwiRrT0
辻の息子だか孫だかが辻は末席の参謀にすぎなかったのになんで辻にばかり責任押し付けられるんだ、
その上の人たちの責任はどうなんだってテレビのインタビューで怒ってたな。
66: 2021/07/04(日) 11:11:35.48 ID:SVCx57Mx0
1930年代後半まで高速爆撃機思想が全世界で蔓延して、「戦闘機無用論」運動が続いていた
しかし、これに終止符を打ったのは渡洋爆撃による大損害
68: 2021/07/04(日) 11:36:48.53 ID:3WepfnT70
そしてバトル・オブ・ブリテンでの戦闘機(対戦闘機・対爆撃機)…なのにアメリカでは吸収されドイツ日本では吸収できず
ちなみに哨戒網も戦果確認も搭乗員救助もアメリカは注力して日本では軽視(カタリナボロクソで二式大艇べた褒めするけど
ミッドウェーには飛行艇だけで24機、ソロモンでも日本機動部隊に安易に接近させなかった
69: 2021/07/04(日) 17:32:00.24 ID:KwS5WhUE0
源田は戦後にたかり屋の政治屋に身を落とした売国的元軍人。ミッドウェイでの敗戦
の責任など「どこ吹く風?」ですごしたお気楽男。頭の中はお花畑だっだ。
70: 2021/07/04(日) 17:34:14.37 ID:RJn/XumI0
カーチスルメイの犬
71: 2021/07/04(日) 17:34:29.53 ID:y3bywLxG0
鴛淵さんは母校の大大先輩
72: 2021/07/04(日) 17:49:39.66 ID:KwS5WhUE0
ミッドウェイ戦では作戦に重要な影響を与えうる立場にあった。そういう立場に
身を置きながら日本軍をあれほどの大敗におとしめた責任は大変に重い。多くの
日本海軍軍人が海の藻屑と消え去った。彼らの無念に報いるべきだ。
73: 2021/07/04(日) 18:04:26.81 ID:qkjoDcAN0
史上初の本格的な制空権争いの
バトル・オブ・ブリテンは日本の陸海軍によって
詳細に分析研究されなのかな。
ノモンハン事変も制空権で優勢だったと思う。
75: 2021/07/04(日) 18:13:15.15 ID:zXdkJkdy0
>>73
陸軍は観戦武官を派遣して実状を具に観察させ
帰国後は山下奉文中将が対空レーダー開発
の必要性を強く訴えた。
それを陸軍中央は認めレーダー開発が急がれ
開戦時には本土の数カ所に設置されていた。
74: 2021/07/04(日) 18:04:47.28 ID:4gE97LF90
無理だって
ミッド作戦を停止できるのは山本五十六だけ
南雲当然源田もマクラスキー隊の攻撃で赤城自体が大破炎上中にて司令部機能損失
76: 2021/07/04(日) 18:17:56.47 ID:4gE97LF90
ノモンハンはあと2週間続いていたら97戦枯渇で制空権が奪われていた
停戦直前でさえ97戦の補充ができず、一つ前の95戦で補充していたほど

それに引き換えソ連はふんだんに作っているI-16、もう少しでポーランド戦が始まるにもかかわらず最新版を割り当て続けた

本気度が全然違う

77: 2021/07/04(日) 18:39:47.99 ID:KwS5WhUE0
ミッドウェイ戦の話だが何にも難しいことないんだよ。敵の航空機の大軍がおしよせて
来る可能性がある海域に自軍の空母があって発進前の自軍の航空機がたくさん並んでい
る状況は誰がどう考えても危険な状況だろう。作戦に関与する参謀でなくても小学生で
もわかることだ。小学生だって言うだろう「源田のおじちゃん、今アメリカの飛行機が
ここに来たら全滅しちゃうよ。早く発進させようよ。僕はあせってるよ。」
82: 2021/07/04(日) 22:44:07.18 ID:f5Dg6uT+0
>>77
ミッドウェー海戦に限って言えば、アメリカ軍が大群で日本機動部隊に押し寄せた
わけではない。戦技がなっていなかったから、発艦に時間がかかってしまい、先に発艦
した雷撃隊が旋回空中待機中に燃料が心配になってきたため、先行することになってしまい
結局は五月雨式に日本艦隊にバラバラになって攻撃を加えたんだよ。
日本の第一次攻撃隊なんか、当時世界一の練度を誇っていて4空母から合計108機が
全機発艦が終わるまで15分かからなかった。
せっかく初陣のスプルーアンスが一撃で日本空母を仕留めるには全力攻撃しかないと決断
したまでは良かったのだが。
だが、何が幸いするか分からないのが戦場。意図しない五月雨攻撃によって、日本軍の
艦隊上空邀撃の零戦は時間の経過とともに疲弊していった。銃弾や燃料補給で随時着艦
しなければならず、甲板を空けておく必要から第二次攻撃隊を飛行甲板に並べることすら
ままならない。そうこうしているうちに第一次攻撃隊が帰還しはじめ、さらに混乱に
拍車が加わっていった
85: 2021/07/04(日) 23:19:32.35 ID:jNlM/iTi0
>>77
それだと作戦中は常に攻撃される危険があるから航空隊の発進準備はさせられないな
それはいつ攻撃が来るか知ってる今だから言えること
悲しいことにこのレベルの批判でいい気になってるやつがほとんどなんだよな
78: 2021/07/04(日) 19:22:17.56 ID:f5Dg6uT+0
しかし、飛行甲板に飛行機を並べないと飛び立たせられないしな
防空専門の空母も連れていけたら、もう少し邀撃隊に余裕が持たせられたかも
81: 2021/07/04(日) 22:28:42.73 ID:zXdkJkdy0
>>78
搭載機を発艦させるには空母を風上に向け高速で直進航行をしなければ
ならない。補給のために降り発艦する一機か二機の直掩機ならともかく
空襲下で各艦30機近い搭載機を発艦させるのは無理。
80: 2021/07/04(日) 20:42:50.41 ID:jNlM/iTi0
この記事も憶測で批判してて証拠は全くないけど、源田批判って情弱がマスゴミに踊らされてるだけなんだよな
マスゴミの作ったイメージをそのまま信じ込んでるだけで、実際に何か悪いことしたわけではない
源田さんは安保闘争全盛期に、憲法改正、自衛隊合憲化を掲げて選挙でトップ当選する人気だったからマスゴミは面白くない
右傾化って言われる今の時代でも同じことを言った安倍首相は攻撃の的にされたが、当時はネットなんかないからもっとひどい
91: 2021/07/05(月) 00:23:09.83 ID:jdMdxB2G0
源田サーカスってなんだったのか 今のブルーインパルスみたいな曲技飛行チームを作ったのかな
93: 2021/07/05(月) 00:30:01.50 ID:EeJMllqp0
ブルーインパルス作ったのも源田さんだしな
曲技飛行は海外でフライングサーカスと呼ばれるから源田サーカス、源田さんは二代目
当時は航空機の予算は少なく、戦闘機はその中でも直接的な攻撃力がないので軽視されていたから
自分たちで公演して寄付や人材募集をする必要があった
今だって自衛隊も一生懸命に人材募集してるだろ
94: 2021/07/05(月) 01:38:27.31 ID:CGMTlsvJ0
現場で勝手に基本方針無視出来ないし
基本方針は敵情判断が根本にあるし
敵情判断は戦果誤認や甘い見積もりがあるからなあ
日本の場合貧乏だからリスクヘッジより押せ押せなのもあるし…
98: 2021/07/05(月) 02:53:00.30 ID:/gAlPST90
ネトフリの戦争物で、
アメリカ側からのミッドウェイの分析やってたけど、
それによると、アメリカもかなり幸運の連発に助けられてるんだよね。
驚いた。まあ、それ以上に日本のミスもあるけど。
有名な暗号文の解読もそれをやった軍人が、
かなりエキセントリックな人で信頼がなく、
初めは相手にされなかったとかw
100: 2021/07/05(月) 03:05:16.44 ID:LWrbH0tx0
大惨敗なら無能ちゃう?
104: 2021/07/05(月) 08:11:59.06 ID:PsOsio4d0
リットンの調査報告だって、よく読めば日本の利権を認めているんだよな
何であんなに頑なにアメに喧嘩売っていたものか
利の独占ではなく、ある程度分ける度量さえあれば、連盟理事国の大国グループで
上手くやって行けたのになあ・・・と思う
0か100かじゃなくて、7-3とか6-4とか、それが商売じゃないのかね
110: 2021/07/05(月) 09:33:52.81 ID:cBrQUTou0
>>104
野党や活動家やマスコミが納得しますか?
107: 2021/07/05(月) 08:23:41.86 ID:UzpmmlHu0
弾薬の詰め替えで甲板に弾薬を野ざらしにしてたって奴か
108: 2021/07/05(月) 08:28:22.07 ID:63NOR8G40
結果が全て
勝ってから言え

引用元: https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1625322108/

スポンサードリンク