オススメ記事(外部)

おまえら「真の日本刀は室町時代に技術が途絶えた!今でも再現できない!!ロマン!!ロマン!!!」俺「ほーん」

1: 2019/07/29(月) 09:54:20.878 ID:HzxcUMnQ0
アメリカのコールドスチール社のKATANAの方が性能いいらしいぞ

6: 2019/07/29(月) 09:58:22.277 ID:JMWTGOEx0
>>1
それガセらしいぞ

 

9: 2019/07/29(月) 10:12:00.928 ID:e7GjerRJa
>>1
そもそも材質が圧倒的に違うやんけ

 

13: 2019/07/29(月) 11:04:22.668 ID:l4EhJX4CM
>>1
もしかしてどうやって古刀を製作したかまだ解明されていないという話を
おかしな解釈しちゃってるの?

 

2: 2019/07/29(月) 09:56:19.503 ID:mpBGJKkbM
圧倒的不審社の極み

 

3: 2019/07/29(月) 09:57:01.847 ID:uqAQ0sXk6
比較動画とかないん?

 

4: 2019/07/29(月) 09:57:19.277 ID:qvTyQzolr
今ならもっとスゲーのできるんじゃねーの

 

5: 2019/07/29(月) 09:57:51.050 ID:ZOuCTwX8a
刀で懸垂してるのを米のテレビショッピングで見たとき何やってんだコイツと思った

 

7: 2019/07/29(月) 09:58:30.722 ID:ueaXglBpr
俺そんなこと言ってないけど

 

8: 2019/07/29(月) 10:02:47.739 ID:SQn+OB9I0
出来のいい満鉄刀は古刀に勝るとも劣らない切れ味だったらしい

 

10: 2019/07/29(月) 10:18:02.873 ID:nVZRk+Dv0
それは真の日本刀の定義次第だろ

 

14: 2019/07/29(月) 11:56:30.377 ID:F6IuAgmla
戦国時代の鉄鋼は不純物が多く質が低く、品質は南蛮鉄以下であり
ダマスカス鋼の足元にも及ばないにも関わらず刀の切れ味は西洋剣どころかサーベルにも勝る
そりゃ最新の製鉄技術と機械加工で作られたアメリカ刀には勝てやしないが日本の鍛冶屋は変態だったのも事実

 

16: 2019/07/29(月) 12:53:08.410 ID:3mB0jsRpMNIKU

>>14

茅元儀 『武備志』
日本の刀は剛利で中国のものはそれに及ばない。

アビラ・ヒロン 『日本王国記』
繰り返して述べるが、彼らは非常に闘争的で、容易に鉄が切れるほど精錬された
鋼鉄で作った残忍極まる鋭利な武器を使用する。

アーノルダス・モンタヌス 『日本誌』
戦いは日本人の頗る喜ぶ所なり。彼等の武器は鉄砲弓矢の外に刀あり。
刀は非常に能く鍛えられあればヨーロッパ流の刀身などは容易にこれにて切断せらるべし。

ゴロヴニン 『日本幽囚記』
鋼製品はどうかといふと、日本の大小刀は、おそらくダマスク製を除いて、
世界中のあらゆる同種の製品を凌駕している。
それは極端な試練に堪へる頑丈なものである。

メイラン 『日本』
日本刀のすぐれていることは十分一般に知れ渡っているので、私が特別にそれについて話すまでもないことであろう。

チェンバレン 『日本事物誌』
日本刀は、その名も高いダマスコ剣やトレドで鍛えた剣をも凌駕する。
刃を傷つけずに銅貨の山を一刀両断することは決して難しい離れ業ではなかった。

 

15: 2019/07/29(月) 12:19:20.452 ID:4YL0vQ8OaNIKU
そのコールドスチールと同等の性能なら
同じステンレス製の明治から昭和の軍刀がいいところ

 

 

引用元: https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1564361660/

スポンサードリンク