【研究】3Dプリントで、失われた「古代ダマスカス鋼」に近い素材を再現!

広告

1: 2020/07/08(水) 02:09:30.53 ID:CAP_USER

→3Dプリント技術の応用により、ダマスカ○鋼の構造を再現
→3Dプリンタレーザーの熱をコントロールすることで、軟質層と硬質層を作り出す
→作られた新しい合金は、ダマスカ○鋼よりも高い機械的特性を持つ

現代において、木目状の模様を特徴とする「ダマスカ○鋼」は高級材料として有名です。しかし、古代ダマスカ○鋼の作り方は既に失われており、本当のダマスカ○鋼を作成できる人はいません。

ところが、ドイツのマックス・プランク研究所(MPIE)のフィリップ・クルシュタイナー博士らの最新の研究では、古代ダマスカ○鋼に見られる層状構造を3Dプリンタで再現することに成功。

そのうえ高強度で延性のある新しい合金は、古代ダマスカ○鋼の機械的特性を上回っています。
https://nazology.net/wp-content/uploads/2020/07/Depositphotos_165131372_s-2019.jpg

■ダマスカ○鋼とは

ダマスカ○鋼は高い強度と美しい模様から、ナイフや包丁、アクセサリーなどに利用されており、多くの人に愛されている材料です。

もともと、ダマスカ○鋼(別称ウーツ鋼)は南インドで紀元前6世紀ごろに開発されました。当時から人気があり世界的に輸出されていましたが、その製法は既に失われています。

そのため、現代に至るまで多くの材料科学者たちが古代ダマスカ○鋼の再現しようと試みてきました。しかし、未だに完全再現できていません。

ですから、現在作成・流通している「ダマスカ○鋼」は、正確には「古代ダマスカ○鋼に似た別物」です。

現代のダマスカ○鋼は異種の金属を重ね合わせて鍛造する「積層鋼」と呼ばれるものであり、「古代ダマスカ○鋼」に似た模様があります。

積層鋼は「古代ダマスカ○鋼」のいわば代用品ですが、現代では「ダマスカ○鋼」という名称が定着しているのですね。
https://nazology.net/wp-content/uploads/2020/07/Depositphotos_52876021_s-2019.jpg
https://nazology.net/wp-content/uploads/2020/07/images.png

続きはソースで

https://nazology.net/archives/64013

2: 2020/07/08(水) 02:12:34.21 ID:TinutDIi
レーザー熱でそんな事ができるなら、
焼き物でもすごいのができそうだな。

 

12: 2020/07/08(水) 03:04:47.59 ID:/51hcig5
>>2
京セラのセラミック製品はほとんどレーザーだよ

 

3: 2020/07/08(水) 02:19:33.45 ID:++wtLaWA
刀、ナイフ、刃物とか鉄鋼系は面白いよな
不純物を入れたほうがカチンカチンになるなんてな

 

4: 2020/07/08(水) 02:26:39.38 ID:ZjOscQF2
アモルファスとかナノクリスタルが3Dプリント出来たら世界が変わるだろうなあ

 

7: 2020/07/08(水) 02:34:19.46 ID:iRHVk4Kf
ちなみに、剣で打ち合うと日本刀でさえ割れるらしい(´・ω・`)

 

8: 2020/07/08(水) 02:40:57.03 ID:acUX0Wo6
これは鋼材に木目状の模様を入れる技術なのか?(´・ω・`)

 

9: 2020/07/08(水) 02:44:38.51 ID:XJ4CA9v9
2600年も前の技術か。古代インド人の技術はすごかったんだね
今は、人口が多いだけだけど

 

10: 2020/07/08(水) 02:48:28.21 ID:AeBlpfUA
日本刀よりも高度な技術だからなあ

 

62: 2020/07/08(水) 11:28:14.32 ID:kcKQ1oAZ
>>10
優劣を比較するべきものではない
ただ、古代においてマトモな鋼を普及させていたのはインドと日本だけ
ヨーロッパもシナもマトモな鋼が作れるようになったのは近世から
この史実を知らない人が多すぎる

 

64: 2020/07/08(水) 11:50:57.73 ID:xvDmz28d
>>62
むしろ製鉄の方法を知ってたが、用途がアジアと比較して遥かに多岐に渡っていたので大量生産に質が追い付かず廃れたって印象だがなぁ
日本の場合、古代から少しずつ進化させてきた製法を愚直にも守っていたところからいくつか製鉄方法を知ったと見える
炉の研究から溶かす素材の見極め、鍛錬による不純物の除去と均一化、そして得られる合金の質を昔は色んな所から情報を集めて、その再現が始まったのが東日本
そしてより良い鉄を得るために流通の盛んな西日本へ作刀集団が移動していったと

 

66: 2020/07/08(水) 12:58:45.88 ID:IPFVHZAJ
>>64
元はと言えば、製鉄の技術そのものが2000年前に
中国から弥生人が農耕と共に伝来したものだからな。

 

11: 2020/07/08(水) 02:52:06.77 ID:/51hcig5
多分俺の予想だと炭素鋼と南部鉄を熱で貼り合わせ 叩いて一枚の大きい板にして
そこから武器を作っていたんじゃないのかな

 

13: 2020/07/08(水) 03:05:51.65 ID:e2s1v+Nt
杢目旗とか板目肌というのと違うのか

 

14: 2020/07/08(水) 03:07:20.48 ID:MUXdmTm8
ゴムの塊の中にみっちり接触し合った鋼球が詰まってたら曲がらないし折れないし多少の変形も復元する
硬い部分をみっちり隣り合わせる技術がロストテクノロジーなのよ
3dプリントならそこんとこ自由自在。

 

15: 2020/07/08(水) 03:12:18.64 ID:AivPZ7er
どうやってダマそうか、はかね?

 

16: 2020/07/08(水) 03:21:14.67 ID:mkjUFefJ
  紀元前9世紀に、小アジアにあったバルガル神殿の年代記には、この鋼の作り方を次のように述べてある。
「平原にのぼる太陽のごとく輝くまで熱し、次に皇帝の服の紫紅色となるまで筋骨逞しい奴隷の肉体に突き刺して冷やす、・・・奴隷の力が剣に乗り移って金属を硬くする」。
奴隷の肉体に突き刺すのは“焼入れ”の意味があるのだろう。中世にはこの焼入れを「赤毛の少年の尿の中で行う」ことを勧めていたという。

 

19: 2020/07/08(水) 03:25:37.81 ID:/51hcig5
>>16
?血の鉄分と不純物 尿の老廃物を
コートして鋼を作ったのか??

 

18: 2020/07/08(水) 03:23:01.58 ID:wfq/Rbc2
欧州で知名度が高く神秘視される理由は、この鋼で作られたサラセン人将官の佩刀を
十字軍が戦利品で持ち帰ることがあって珍重されたため。

 

21: 2020/07/08(水) 03:35:24.38 ID:rI68R2qw
入れ墨みたいな模様だな
これはその手の人はヨダレを垂らして欲しがりそう

 

22: 2020/07/08(水) 03:43:07.07 ID:JgdMCRHu
ウーツ鋼におまえらの気を注入したら鬱鋼に

 

23: 2020/07/08(水) 03:43:09.66 ID:XwAEN0w/
利益が出ない、用途が少ない3Dプリンタでも
ロマンを加えれば売れる!!!
古代ダマスカ○鋼の研究
カ○タムナイフ
欲しい

 

47: 2020/07/08(水) 06:25:57.63 ID:SPCpLG+3

>>23
身の回りにある様な量産品は無理やけど
工業用には結構使われてるよ、金属3Dプリンター

日本は遅れているっぽいけど

 

24: 2020/07/08(水) 03:50:09.89 ID:9sZmKe2r
ずっと疑問に思ってたけど
ダマスカ○と中の上以上の日本刀と切れ味、強度ほどっちが上なの?

 

27: 2020/07/08(水) 04:09:04.98 ID:q9uIfWNW
来年あたりダイソーにダマスカ○調三徳包丁が1000円で並ぶんだな

 

28: 2020/07/08(水) 04:12:09.68 ID:JihX2ckJ
個人的にダマスカ○鋼は隕鉄なんじゃないかと思う
生産されなくなったのは地面に埋まってた隕石を掘り尽くしただけ
隕鉄はニッケルやマンガンが含まれてるし、隕鉄は金属ごとに成分が結晶化して分離してるから、完全に合金化するんじゃなく可燃して加工したらあの独特の紋様ができるはず

 

30: 2020/07/08(水) 04:12:59.03 ID:WDWS+OBG
持ってても使い途がないな
ビクトリノックスのクラシックひとつ
キーホルダー代わりにぶら下げてる方が役に立つ

 

31: 2020/07/08(水) 04:15:18.66 ID:RYF1FBru
もうかなり出回ってるもんなダマスカ○調の包丁やナイフ

 

32: 2020/07/08(水) 04:20:08.72 ID:y2ePRrpu
銃夢で存在を知った

 

33: 2020/07/08(水) 04:22:55.33 ID:StOZg6On
ヤスリの熱処理に味噌を使うように
何か特別な熱処理があるんだろう

 

34: 2020/07/08(水) 04:39:23.83 ID:Zn2RqvmQ
>>33
うんちだったりしてな

 

36: 2020/07/08(水) 04:50:43.95 ID:Qvyy9uTw
ミスリルは?

 

38: 2020/07/08(水) 04:58:03.90 ID:5T1mKUMG
まあドイツ人の職人気質と日本人が逆立ちしても追い付けないらしい最先端の環境科学技術は
排ガスの検査の時だけ、窒素化合物などが少なくなるソフトウェアが埋め込むことだってことが
つい最近になって完全な事実として歴史に記されたわけでどのような勇ましい宣伝をされても
普通の日本人ならドイツ製≒韓国製っていう風にしか受け取ることが出来ない思うな

 

39: 2020/07/08(水) 05:24:17.56 ID:IUURNzfL
(´・ω・`)ダマクラカ○鋼?

 

40: 2020/07/08(水) 05:37:53.90 ID:F1KF7k12

>>39
インドで隕石の原材料集めて、ダマスカ○で製鉄だ。

インドは強かったぞ。アレキサンダーやモンゴルにも
勝っている。セイロン島や南インドで隕石が多かった
いうことだ。

古代エジプトも隕鉄だった。古代エジプトはメソポタミア
のような多民族による侵略は無かった。

 

41: 2020/07/08(水) 05:41:47.05 ID:F1KF7k12

欧州人は、日本刀はよく切れるというだけで弱いと言う。

ダマスカ○鋼だったら、折れない。
日本刀は、折れる。

地球外物質を使っていたダマスカ○鋼の勝利だ。
欧州人は、バイキングはダマスカ○鋼だったと言う。

 

44: 2020/07/08(水) 05:59:31.78 ID:k/1bSKG4

いかにも神秘的な扱いされてるけど

技術自体は大したことないって日本の鍛冶屋が証明してるよ

 

46: 2020/07/08(水) 06:20:40.77 ID:xvDmz28d
>>44
鍛錬の緻密さで日本刀に勝るものってあるのかね
あれだけ細く軽く強くを追求したもので当時の両手剣を造れば、
ダマスカ○鋼を使ったものよりもはるかに強度の高いものが作れるのは容易に想像付くね
それに日本刀の素材は時代で変化するけど基本的に合金だし

 

48: 2020/07/08(水) 06:48:38.61 ID:N69DuNdq
日本刀の玉鋼の秘密は、砂鉄を木炭を使って精錬するので、
硫黄分が少ないこと、それと砂鉄の含む微量のチタンがよかったらしい。

 

50: 2020/07/08(水) 08:11:55.94 ID:S837Fl1y

ダマスカ○の最大の能力は、見た目のインパクトで、消費者の財布の紐を緩める力であり、
機能的には普通の包丁と何ら変わることはありません
http://modama.net/knife/damascus.html

そこまで言う!

 

51: 2020/07/08(水) 08:13:43.82 ID:0IQ5UC6i

まあ製法がなかなかわからないってのはあるんだろうかな
日本でも、昔、黒光りする古刀を名だたる刀職人が再現しようと
何百年もやってきたけど、無理だった
古刀の再現不可だったのか最近分かって、隕鉄をつかってた

最強の刀はタングステン使ったリアル斬鉄剣だけどな

 

60: 2020/07/08(水) 10:56:59.01 ID:IPFVHZAJ
>>51
学生時代に教師が言っていたけど、日本刀の中には
現代でもどうやったらこんな組織になるのかわからん。
っていうのがあるというね。
少しずつ秘密が明らかになっているということだな。
ロストテクノロジーは中々、元には戻せないってこった。
滅ぼすのは簡単。持続するのは難しい。
ルネッサンスの時もアラビアからヘレニズム文化をリストア
出来たから良かったけど、そうでなければ、今も欧米は暗黒時代のままだった。

 

69: 2020/07/08(水) 17:49:56.05 ID:tCSUp0lf
>>60
そういうの、高周波焼入れの職人さんだと一月もあれば再現できそうなんだよなあ
そんな無駄金使う人いないから実現しないけど

 

70: 2020/07/08(水) 18:25:33.77 ID:pRfWMNW+
>>69
いわゆる炭素鋼とは違うらしいから焼き入れの効果は低いかも
むしろ金を使わなくてもいいくらいゆるりとした製法のおかげという話もある
見た目だけは似たようなものを現代でも作れるんだろうけどね

 

71: 2020/07/08(水) 22:23:26.41 ID:nv0Fc5eM
>>69
今までに再現できない日本刀はいくつもあるよ
日本刀コレクターなんてのは金持ちの道楽なんで
職人を一か月借りてうまく行くならとっくにやってる

 

53: 2020/07/08(水) 08:29:14.71 ID:UZigcMMV
インド人もビックリ!

 

54: 2020/07/08(水) 10:32:58.61 ID:weDdokK9
>>53
賞賛に値するレベルのダマレカ○公

 

58: 2020/07/08(水) 10:53:45.19 ID:hsCajkiN

A型
ZOOMで息子がモッコリコリ罪

O型
多目的便所名誉毀損罪
ならびにコロナばら撒き罪

 

61: 2020/07/08(水) 11:25:25.13 ID:xgvOy0WS
軍刀素材としては玉鋼の鍛造品よりもスプリング刀の方が優れているとか聞いたことがあるな
まあ浪漫の欠片も無いが

 

63: 2020/07/08(水) 11:45:15.55 ID:bPpYM2QB
日本みたいな原始的な鍛錬で強い日本刀つくるより
3Dプリンターで日本刀も作ったほうが効率的だなw

 

67: 2020/07/08(水) 15:00:26.51 ID:sBBlyENR
失われた古代文明のハイテクとか、なんとも昭和臭い

 

68: 2020/07/08(水) 15:23:39.37 ID:KEKN51u+
鉄の曜変天目

 

73: 2020/07/09(木) 01:04:06.43 ID:nUV/SWM+
ダマスカ○あればダマサレルカ○あり

 

74: 2020/07/09(木) 09:10:11.17 ID:ZDRtKUI/
所詮人の手で造る日本刀は、性能や品質にばらつきが出る。
造ってみて出来の良いのだけが名刀として残るのだろう。
多くの中から、よい物が僅かにできる。
もちろん名刀工なら、よい物ガできる割合も多いだろう。
失敗した物は棄てられたり、打ち直されて鎌や鋤などに
なっていたのではないだろうか?

 

75: 2020/07/09(木) 10:46:39.70 ID:gvBOC1kp
いや、鍛錬の過程で最終的な質変わるなら途中でこれ鎌にするわとかにはならんのじゃ

 

 

引用元: https://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1594141770/

広告