オススメ記事(外部)

俺達は進化しているの?後期白亜紀の貝の化石から7000万年前は1年が372日あり1日は30分短かったと判明!

2020年5月11日

1: 2020/03/15(日) 09:21:04.02 ID:4Nc8mxqe9

 どうやら今の地球は、恐竜の時代の終わり頃に比べると、少々回転がゆっくりになっているようだ。

後期白亜紀の貝の化石から、その当時1年は372日あったことが判明したのである。つまり、1日は23時間と30分しかなかった。

ベルギー・ブリュッセル自由大学の研究グループが『Paleoceanography and Paleoclimatology』で発表した研究では、「厚歯二枚貝」という絶滅した貝の「成長線」を調査している。

これは木の年輪のようなもので、貝の成長速度や当時の1年の日数を知る手がかりとなる。

大昔の海は今よりも暖かかった

貝殻の化学分析からは、後期白亜紀における海洋の温度がこれまで考えられていたよりも暖かく、冬でも30度を超えていたことが判明している。

さらに夏なら40度にも達し、軟体動物の生理学的限界にも近かった可能性が高いという。

大昔の気候を探る研究は、大抵の場合、数万年というかなり長い単位でしか説明してくれない。しかし今回のような研究は、当時の生物が生きている間に起きた変化に着目したもので、気候モデルと天候モデルとの間の空白を埋めてくれる可能性を秘めているという。

7000万年前、1年が372日あった
古代の二枚貝は天文学者にとっても嬉しい情報を伝えてくれている。各年の成長線を注意深く数えたところ、7000万年前は1年が372日あったことが明らかになったのだ。

じつは、このこと自体は意外ではない。かつて地球の1日が24時間よりも短い時代があったことならすでに知られているからだ。

それでも後期白亜紀の日の長さを今に伝えてくれる現時点では一番正確なデータであり、これを応用すれば地球と月の進化のモデル化にも役立つのだという。

地球が太陽を周回する公転軌道は変わらないので、地球が誕生して以来、1年の長さは常に一定だ。しかし1日の長さが一定ではないので、1年の日数は変化してきた。

月の重力によって生じる潮汐の摩擦のために、地球の自転はだんだんと遅くなる。そのために1日の長さは少しずつ長くなっているのである。
http://karapaia.com/archives/52288820.html

24: 2020/03/15(日) 09:34:41.98 ID:zX0zTXzf0
>>1
貝殻なんでそんなことが分かるんだ 凄すぎない?
2: 2020/03/15(日) 09:22:22.47 ID:dOrMXiHY0
じゃあ恐竜時代はもっと古かったんだね
3: 2020/03/15(日) 09:22:57.02 ID:MiPzbqS30
潮汐力のせいじゃ説明がつかない
やっぱ隕石だな
4: 2020/03/15(日) 09:23:42.64 ID:EO05mFLZ0

給料同じなのに7日間余計に過ごさなければならないんだぜ~!

時給の人は30分少ないんだぜ~!

78: 2020/03/15(日) 10:53:35.98 ID:G2l93z7Z0

>>4

8時間労働ってのは1日の1/3ってことから来てんだから、昔は10分短くて同じ給料もらえたってことだ
休日も1日多かった

5: 2020/03/15(日) 09:24:27.66 ID:7KAyoUSK0
地球が速く回って目が回る
7: 2020/03/15(日) 09:25:18.75 ID:pI1G00hJ0
公転軌道はだんだん小さくなるでしょ。
25: 2020/03/15(日) 09:36:06.62 ID:Ys9+8zVa0
>>7
いや
その話は聞いたことない
どうゆう事?
67: 2020/03/15(日) 10:37:08.14 ID:llLqUAtF0
>>7
ソースどこよ
でももしそうだとしたら地球温暖化ってもしかして…
75: 2020/03/15(日) 10:51:12.14 ID:1RetjY0r0
>>67
寿命を終えた人工衛星がちょいちょい地球に落ちてきてるでしょ。大気圏で燃え尽きるけど。
地球は太陽の周りを周りながら落ちてるだけなんだから同じことよ。
8: 2020/03/15(日) 09:26:17.35 ID:ZTlhxv6D0
1日が1年になったらどうしよう!
112: 2020/03/15(日) 14:50:26.29 ID:LCDZVo5z0
>>8
月の方も自転速度が地球との潮汐で減速して既に1日が1ヶ月で地球もやがてそこまでは減速する。
地球と太陽の潮汐も一応あるからはるか先にはやはり公転=自転になってそこまでいくことになるけど、
太陽の寿命がそこまで持たないからその前に地球もろともなくなるな。
119: 2020/03/16(月) 10:11:02.73 ID:SB+iQHj50
>>8
地球の長い午後って小説があるけど、あんな感じで生態系が維持されるのか疑問
10: 2020/03/15(日) 09:27:19.75 ID:i4looQGa0
地球の長い午後がいずれ来るんだな
11: 2020/03/15(日) 09:27:22.18 ID:Yaxu1x4z0
太陽最強伝説
12: 2020/03/15(日) 09:28:06.68 ID:Kc9NIxyA0
いやいやいや、1日30分短かったなら372日だったとは言わんだろ。
むしろ365日無かったのでは?
17: 2020/03/15(日) 09:31:50.94 ID:xQ6D7Ag40
>>12
🤔
20: 2020/03/15(日) 09:33:37.13 ID:0+xIdJbq0
>>12
算数苦手?
23: 2020/03/15(日) 09:34:02.90 ID:ZTlhxv6D0
>>12
なんでその様な考えになるわけ?
53: 2020/03/15(日) 10:04:22.40 ID:e+qqDsac0
>>12
1年とは地球が太陽の周りを一周する時間のことだからな
まあこれも変化するからな
それも嫌となると秒単位で計算するしかなくなるぞ
77: 2020/03/15(日) 10:52:50.67 ID:KBx20HXG0
>>12
1年間に日が登って日が沈む回数が372回
ってことだろ
15: 2020/03/15(日) 09:29:53.26 ID:RAYhYvEb0
自転スピードの減衰ペースが変わらないなら32億9000年ほどで完全停止
28: 2020/03/15(日) 09:37:36.14 ID:CqFQSTlj0
>>15
観世に停止と思いきや年に一回自転
16: 2020/03/15(日) 09:31:23.64 ID:6eItiSFS0

> 地球が太陽を周回する公転軌道は変わらないので、地球が誕生して以来、1年の長さは常に一定だ。しかし1日の長さが一定ではないので、1年の日数は変化してきた

ふーん(´・ω・`)
へえ。条件からして覆りそう。

19: 2020/03/15(日) 09:33:26.99 ID:KzQC/SIg0
一日の長さが違うとか想像した事もなかったわ
化石からそんな事も分かるんだな
62: 2020/03/15(日) 10:23:00.72 ID:cmf84YrO0

>>19
最初は2000年くらい前からある皆既日食の記録が、計算と合わない話しから出たんじゃなかったかな?
皆既日食が見える狭い帯の予測と場所が合わない、、、
記録が正しいとのスタンスで計算をやり直すと自転が5時間とかのスケールで早く回っちゃってることになる
これは、1/75,000秒/日(数値うろ覚えすまん)ずつ自転が遅くなってる補正するとぴったり合う

原因考えたら潮汐のブレーキだ!って気づいたんだった思う

79: 2020/03/15(日) 10:55:20.54 ID:0TCxC8Qo0
>>62
そんなトコから着想したのか
昔の事だから大雑把な計測なんだろwとか思わずに
突き詰めてく人が居たからの発見なんだな
為になったよ
教えてくれてありがとう
21: 2020/03/15(日) 09:33:52.95 ID:zRCEpVe+0
ということは7000万年前にはジャンプが53号まであったのか
お得だな
22: 2020/03/15(日) 09:34:02.08 ID:9Dpkpipt0
おかしいな人間の体内時計は約25時間なのに
69: 2020/03/15(日) 10:42:39.02 ID:d+Ol7QGw0
>>22
人類の祖先は自転速度が25時間まで伸びた未来からやってきたという事だな
72: 2020/03/15(日) 10:47:16.97 ID:JI96MPZ+0
>>22  >>69
体内時計は朝日でリセットされるしくみだから長めになってる。
将来長くなることも考えて25時間にしてるとしたら凄い。
87: 2020/03/15(日) 11:16:55.01 ID:aD1ZAfWX0
>>22
自転周期が25時間の星の生命体がルーツだからな
90: 2020/03/15(日) 11:29:48.80 ID:JI96MPZ+0
>>87
体内時計は日周とシンクロする仕組みではない。
デフォは長めの周期にしといて、朝日の光でリセットする仕組み。
まことに巧妙である。
97: 2020/03/15(日) 11:46:41.06 ID:ata+Th100
>>22
話は聞かせてもらった
人類は火星人の末裔なんだよっ!
26: 2020/03/15(日) 09:36:29.91 ID:5LV6xTqa0
公転軌道は変わらないっていうけどさ
最初の6億年ぐらいは結構変化したんじゃないの?
27: 2020/03/15(日) 09:37:35.99 ID:oSUJ6HQ+0
1日が23時間30分なんて世界、ものすごく面倒だな
1日が24時間だから、半分の半日は12時間とか、
1日を3人で廻していこうとするとき、一人当たりの勤務時間は6時間とか
簡単に計算できるのにそれが難しくなっちゃう
30: 2020/03/15(日) 09:38:59.49 ID:5LV6xTqa0
>>27
多分1秒1分1時間の概念が変わる
基軸はあくまでも1日24時間
32: 2020/03/15(日) 09:40:47.74 ID:ZTlhxv6D0
>>27
12進法じゃなくなるだけじゃ
34: 2020/03/15(日) 09:41:28.74 ID:dOrMXiHY0
>>27
そんなん秒の進みを早めたらいいだけやん。
1秒を0.02843U秒短くするだね
時計の買い替えとかで時計や大儲けな
37: 2020/03/15(日) 09:44:31.69 ID:+Du8pthJ0
>>34
長さの単位として整合性がなくなるから、もうそれは絶対にやらない。
今後の変化はSI単位の定義をどれだけ厳密に出来るかだけ。
29: 2020/03/15(日) 09:38:45.32 ID:vFJ9gvMx0
>後期白亜紀における海洋の温度がこれまで考えられていたよりも暖かく、冬でも30度を超えていたことが判明している。
これを見ると地球温暖化は戻るべくして戻ってるわけで、温暖化利権の戯言だとわかる
33: 2020/03/15(日) 09:41:04.48 ID:9H4XIfbV0
最終的には太陽に飲まれるってことだな
35: 2020/03/15(日) 09:43:08.08 ID:0mLT+H5w0
大昔は地球が物凄い速さで自転していたので重力が小さくて恐竜が巨大になったという説があるけど
それだと赤道付近だけしか効果がないんじゃない。よく分からんけど
91: 2020/03/15(日) 11:31:59.54 ID:1xL08ttk0
>>35
その通り。
そもそもそんなに早く自転してた頃は恐竜どころか生物そのものがいなかった様な大昔だし。
恐竜時代は1日の長さが三畳紀で1時間、ジュラ紀後期だと20分強しか今と変わらないから、自転説は大法螺のトンデモ説でしかない。
36: 2020/03/15(日) 09:44:24.34 ID:oPHPYU4V0
7000万年でその程度か、それほど変わらんのやなぁ
38: 2020/03/15(日) 09:44:53.09 ID:dY/qC/jc0
貝殻の日輪の研究はむかしからあって、たしか京大総合博物館にもそれ関連の展示があった気がする
この研究の新規性は、一日のあいだにできる貝殻の化学組成の変化まで調べて、年間日数の精度をより高めたこと
39: 2020/03/15(日) 09:45:41.85 ID:ehX4JIvk0
なるほど最近1日が長いなあと感じていたのはそのせいだったか
40: 2020/03/15(日) 09:46:14.06 ID:0wQsOip60
1日は25時間で丁度いい
もう少しゆっくりになれ
41: 2020/03/15(日) 09:47:01.28 ID:hcvth6VB0
自転の速さは変わるけど公転の速さは変わらないってこと?
同じ軌道を通ってても変わる可能性あるんじゃないの?
51: 2020/03/15(日) 09:58:28.71 ID:qungMr+t0
>>41
公転の軌道が真円ではないので公転速度は1年の間では変わるが、公転周期は変わらない
42: 2020/03/15(日) 09:47:06.74 ID:sSY6L2SA0
そのうちうるう年がなくなるのか?
43: 2020/03/15(日) 09:47:18.04 ID:GODp7CzY0
プログラムのバグやな
今は修正済み
44: 2020/03/15(日) 09:48:59.33 ID:AScP4Sxn0

?7000万年後、日本は一日が25時間になり、1年は360日になる?

夏休みは短くなるな。

45: 2020/03/15(日) 09:50:26.18 ID:awWaJzp20
372日だと1ヶ月は全て31日か
覚えやすいな
46: 2020/03/15(日) 09:51:27.37 ID:eBgLCPw90
お前見てきたんかい
47: 2020/03/15(日) 09:51:45.36 ID:Mgc0WeVy0
地球を押したやつがいるな
48: 2020/03/15(日) 09:53:00.85 ID:HnzWkTNI0
円周率が変わる?
50: 2020/03/15(日) 09:54:33.95 ID:8LE8kGj70
公転周期が変化しないわけないじゃん
せめて「ほぼ変化しない」くらいに書けよ
52: 2020/03/15(日) 10:00:45.87 ID:H65fbbR+0
45億年前は1日が6時間じゃなかったかな
月が離れていってるせいで変動する
109: 2020/03/15(日) 14:27:18.79 ID:zcY46WBH0
>>52
そこが重要。自転速度が落ちているのが、潮汐力を介して地球のマグマの
保温に使われている。マグマの温度が下がれば、海水は地中に入り込み
地球は砂漠化する。地球は水の惑星ではない。程よい海水が地球表面を覆って
いるから今の自然が保たれている。これ常識。
54: 2020/03/15(日) 10:07:24.49 ID:llLqUAtF0
温暖化しても大丈夫じゃん
55: 2020/03/15(日) 10:12:25.14 ID:gqQ+SZcp0
その貝がバ○で時間間隔が他と違ったということはないのかな
56: 2020/03/15(日) 10:14:27.28 ID:5YGjWrUP0
重力も今より小さかったんでしょ?
71: 2020/03/15(日) 10:44:21.76 ID:jKBqOUnt0
>>56
回転が早いと遠心力も強まるからね
92: 2020/03/15(日) 11:34:04.37 ID:1xL08ttk0
>>56
今とほとんど変わらないよ。赤道直下でもね。
57: 2020/03/15(日) 10:14:46.15 ID:x3+Am/jg0
海水温40度と言う話は初耳だ
当時の海水の酸素濃度はかなり低かったと予想される
今までの定説が色々と修正されそうだ
60: 2020/03/15(日) 10:19:55.90 ID:Pd1gq4FA0
むかしは夏休みが多い。7月と8月は32日まであった。
宿題余裕って思ったら、1日が23時間30分で、忙しくなるなw
66: 2020/03/15(日) 10:36:24.13 ID:OJl5hWf40
何かさ考古学も宇宙についても
計算のできる奴のオカルト論感が拭えない
101: 2020/03/15(日) 12:04:26.31 ID:yRZ46lBb0
>>66
化学なんてものも皆オカルトだぞ
再現性を持って証明される事柄以外は全て推測
推測に賛成が多い論が定説のように扱われてるだけ
68: 2020/03/15(日) 10:41:34.25 ID:JI96MPZ+0
一日の長さが短くても、一年の日数が多いほうが、人間の経験は豊富になると思う。
73: 2020/03/15(日) 10:48:28.47 ID:rau7Wgt30
クリスマスの12月25日は昔は冬至だったけど
冬至がだんだん早まって今は21~22日あたりになった
74: 2020/03/15(日) 10:49:37.61 ID:P+qPuyWj0

「地球が太陽を周回する公転軌道は変わらない」って本当なのかね?
地球なんて自力で軌道修正が出来ない人工衛星みたいなもんなのに?

地球を周回してる人工衛星は、人為的に軌道修正しないでほっとくと、
超希薄な大気との摩擦で速度が低下して高度が落ちてを繰り返して墜落するやん。

宇宙空間は完全な真空じゃないし、太陽からは膨大な量のガスや粒子が常時放出されてる。
億年単位でみればその摩擦が地球の公転速度を低下させて公転軌道が太陽に近づき、
太陽に近づけば濃いガスや粒子の抵抗で加速度的に速度が落ちるの繰り返しになる気がするんだが。

82: 2020/03/15(日) 11:07:18.60 ID:UkXV33bO0
>>74
その前に太陽がかならず爆発するから安心してほしい
83: 2020/03/15(日) 11:08:44.11 ID:3K0evlFs0
当時が1Gだとすると、今は少し重力が緩いのか
84: 2020/03/15(日) 11:09:29.89 ID:uuMINv5j0
7000万年前のほうが非正規は手取り多いわけだな
85: 2020/03/15(日) 11:10:40.38 ID:JI96MPZ+0

太陽の質量が少なくなってるので、地球は毎年1.5cmずつ太陽から離れている。
しかし、太陽そのものの寿命はあと50億年ぐらい。その前に熱くなるので、
地球に生命が住めるのはあとる10~30億年くらい。
その前に、惑星衝突、パンデミック、文明自滅、地球温暖化などてタヒぬだろう。

太陽と地球の距離は大した問題じゃない。

94: 2020/03/15(日) 11:40:20.78 ID:lH/N5nF0O
>>85
滅亡世代となる人類を思うと気の毒だよな。
ババ引いたみたいな世代だしさ。
コロナですら世界中に恐怖心与えてるのに、
滅亡となればどんな気分になるんだろ。
93: 2020/03/15(日) 11:34:55.21 ID:KnnaFORu0
つまりいつか地球の自転が止まるのか
98: 2020/03/15(日) 11:57:20.87 ID:TaRUAiPA0
月の引力で海の満干が発生し、その摩擦で自転が徐々に遅くなっている。海がなければ自転速度は落ちない。
103: 2020/03/15(日) 12:56:16.91 ID:gA7U6Pe30
>>98
海がなくても落ちます。
じゃないと月の自転周期が公転周期とシンクロしてる理由がつかないでしょ。
105: 2020/03/15(日) 13:06:32.08 ID:0lodTaAr0
>>103
回転軸と重心がズレてることが原因だけどね
113: 2020/03/15(日) 16:55:26.67 ID:TaRUAiPA0
>>103
それは月が誕生した時からシンクロしていたという説がある
114: 2020/03/15(日) 18:45:30.21 ID:sHF2EXvE0
>>113
月が地球の潮汐力によって変形することにより運動エネルギーが熱変換されたからシンクロしただけだよ。
最初からシンクロなんてのはトンデモ説だわ。
123: 2020/03/16(月) 12:39:32.24 ID:TkA42OCV0
>>114
ジャイアントインパクト説を知らないのか
125: 2020/03/16(月) 15:00:46.51 ID:zj0vG5e70
>>123
ジャイアントインパクトでも月が自転していない証明にはならんぞ。
というかジャイアントインパクトで月にモーメントかからなかったって方が無理あるわ。
108: 2020/03/15(日) 14:00:24.58 ID:Xc9QCdQ00
自転が遅くなってるのに公転は遅くならないのか
公転は常に一定なんて決めつけていいのかよ
天動説かもしれんぞ
111: 2020/03/15(日) 14:38:27.09 ID:cmf84YrO0

>>108
たしかに、、、
公転がが遅いと太陽より遠いわけだから
僅かでも太陽に近づいてる証拠を掴めば
その説を展開出来るな!

頑張れ

115: 2020/03/15(日) 19:02:08.63 ID:cCTNum3f0
年の定義は、どうなるの?
太陽の周りを何回回ったかじゃないの?
116: 2020/03/15(日) 22:18:24.23 ID:PJWIfzv40
>>115
1回だろ
118: 2020/03/16(月) 10:05:32.65 ID:4NHZoFrV0
1回転が360度じゃなくなるやん
知らんけど
124: 2020/03/16(月) 14:12:02.56 ID:xr4RU4iK0
>>118
地球は24時間で360度以上自転で回るんだぜ

引用元: https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1584231664/

スポンサードリンク