田中芳樹や安能務の小説「隋唐演義」を読んだことある人いる?ぜひ隋唐時代を語ろう

広告

1: 2006/10/24(火) 16:29:54 ID:WJXOjL0Z0
 『隋唐演義』は、清代に書かれた通俗歴史小説で、『隋唐志伝』『隋煬帝艶史』『隋史遺文』などを基に、唐代宋代の
伝奇小説や筆記、民間の伝承文芸から題材を集めて創作したとされるもので、隋による天下統一と、隋崩壊後の戦乱、
唐による天下統一、武則天の登場、安史の乱までを描いている。
日本では安能務版と田中芳樹版の二つの日本語翻訳版が存在する。

4: 2006/10/24(火) 16:34:33 ID:p6hSK/du0

安能務版が独自にアレンジを加えているのに対し、
田中芳樹版は原典に比較的忠実に翻訳した感じ。

両方読んでみたけど、安能務版が面白かったかな。

 

5: 2006/10/24(火) 16:36:23 ID:p6hSK/du0
内容としては、隋が崩壊して、群雄が割拠し、そのなかから唐朝が興って、
天下を平定していく部分は面白い。
だけど、唐朝による天下が定まった後の、武則天や安史の乱の逸話は、
蛇足の感を否めない。削ってもよかったんじゃないかと思う。
後、隋末戦乱の部分では、秦叔宝が活躍する部分が、武侠色が強くて面白い。

 

6: 2006/10/24(火) 20:15:11 ID:6IO3YM3P0
三国演義に比べると、ちょっと雑多な印象があるけど、
登場人物の個性が強いね。
特に、女性キャラクターの活躍が目立つ作品だと思う。

 

7: 2006/10/24(火) 22:58:39 ID:1mQzRoWo0

逆に言えば、三国演義の女性キャラクターに、存在感があまりないからね。
数はそこそこいても、受身的な女性である場合が多い。
だから、三国演義は漢たちの物語という色合いが濃い。

隋唐演義は、物語を貫く軸というのがあまりきっちりとは定まっていない。
きっと作者は、いろんなものを参考にして取り入れたんだろう。

 

9: 2006/10/26(木) 00:21:15 ID:mSuJtNLl0
>>7
日本では女性の活躍度が高いほど人気が下がる。
なんて法則でもあるのかな?

 

10: 2006/10/26(木) 00:23:44 ID:mSuJtNLl0
ところでいわゆる四大奇書と比較して本場中国での知名度はどうなの?
そもそも向こうでも四大奇書なんていう括りはあるの?

 

11: 2006/10/26(木) 00:37:38 ID:0ZZNTNDE0

>>10
中国じゃ、三国演義、水滸伝、西遊記に加えて、金瓶梅ではなく、紅楼夢を入れて、
四大奇書とするのが一般的。

紅楼夢は、紅楼夢を研究する「紅学」という学問ができてしまうぐらい人気がある。

隋唐演義は四大奇書に比べたら落ちるとは思うけど、
隋唐期の英雄たちは、三国期の英雄たちと同等以上に人気があるよ。

日本のように、三国志だけが異常に突出して人気というような状況ではない。

 

31: 2006/11/06(月) 21:38:54 ID:hS4yZDK80
>>11
俺が聞いた中国人(香港)留学生は楊家将と言ってた記憶がある。

 

32: 2006/11/06(月) 23:48:42 ID:tDKfIXdp0
>>31
テレビドラマが話題になったしね。

 

33: 2006/11/07(火) 15:22:02 ID:kXQLmcCq0
>>31
宋代の英雄が一番人気があるように思う。
ちょうど異民族の侵略にさらされていた時代で、
それへ立ち向かって行ったというタイプの英雄が多いから。

誰は翻訳可能ですか?

 

18: 2006/10/28(土) 02:55:29 ID:cDTcpeiz0
三国志演義だと割とメジャーどころの架空の人物として貂蝉や周倉がいるけど、隋唐演義にもそういう人物いる?

 

19: 2006/10/28(土) 07:07:32 ID:Gn5ji5RU0
>>18
然り
小説中,秦瓊秦叔宝の武力は弱い
真実の歴史中,秦瓊は関羽と同様である闘将です。
百万の軍中に首級をすることに上がることを取って、極めてたやすいように。
あの羅成,史書中にひと言がただある:“羅藝有子名成。”

 

20: 2006/10/28(土) 07:32:48 ID:UGCmZhxn0
繁体字のほうがまだ読めるな。
それにしても、李元覇は人気あるなぁ。

 

21: 2006/10/28(土) 07:55:03 ID:Gn5ji5RU0
>>20
李元覇錘震四平山.あの話中,天下英雄聞風喪膽.

 

22: 2006/10/28(土) 22:59:45 ID:TiBDRxls0
花木蘭演義は、隋唐演義の妹分ってところだね。

 

23: 2006/10/29(日) 15:15:35 ID:elOC5wip0

 

24: 2006/10/30(月) 23:54:04 ID:eNAY3jyj0
全般的に物語が雑多で、一貫性に欠けているんだよね。

 

25: 2006/11/01(水) 16:50:37 ID:WzEdqou40
さりげに楽昌公主の故事が好き

 

26: 2006/11/01(水) 17:19:09 ID:AG4PTBaQ0

すげー、和漢混交文で難なく会話が成立しているぞ、、このスレッド!

東洋史専攻の香具師とか文献史学の連中は、一応漢文とか会話程度の
中国語はできるからな、、、。

 

27: 2006/11/01(水) 17:34:34 ID:sHEipyhB0
以下のスレで、隋唐演義の解説求められています。
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1159613660/l50
このスレへ行って、解説をお願いします。

 

28: 2006/11/01(水) 17:40:02 ID:UWx6QdHU0
李元覇(映画俳優じゃなくて)と宇文成都は人気あるみたいだけど
説唐だけの英雄らしいね。

 

29: 2006/11/01(水) 19:48:28 ID:3EVZOnan0
国際交流スレ

 

35: 2006/11/12(日) 23:58:59 ID:hWCQkQ0Y0
隋唐演義のドラマって何かある?

 

37: 2006/11/20(月) 23:55:51 ID:npk1lAni0
>>35
隋唐演技そのもののドラマと言うか、
李世民など、隋末唐初の戦乱期を舞台とした時代劇は結構ある。

 

36: 2006/11/15(水) 23:19:43 ID:4OibmrCs0
平陽公主が主人公の物語を読んでみたい。

 

40: 2006/11/29(水) 23:14:41 ID:Ixm7SSgA0
単雄信がなぜでてこないの?

 

41: 2006/11/29(水) 23:19:40 ID:t+TopxF60
飛将・単雄信は王世充の武将となったから。
この時代もまだそれほど知られていないから、敵方の名将とかって注目されないんだろうな(あくまで唐陣営からみてだけど)。

 

42: 2006/11/30(木) 13:32:43 ID:qmT2Dms50
まあ、敵方の武将を褒める理由はないしな。

 

43: 2006/11/30(木) 14:08:52 ID:lfUMpfJA0
そういう意味じゃなくて、娯楽軍記モノとしての、ここの住人の興味の対象には、まだなっていないということで。
もっとみんなが掘り下げられるようになれば、三国志みたいにココにはこういう武将がっ、というふうになるだろうと期待してはいるが…

 

44: 2006/12/01(金) 23:43:51 ID:MR3uAW220
ゲーム「隋唐無双」が発売されれば、一気にメジャーになるんじゃないか。
三国志よりずっと使いがいのあるキャラがたくさんいると思うし。

 

46: 2006/12/04(月) 20:55:07 ID:YMpGvHPm0
>>44
隋唐無双やりてぇー!
でも武器が特徴的なのは秦叔宝の金双カン、尉遅恭の鉄鞭、程知節の大斧、単雄信の槍、くらいか?
あと名のある武器使い誰かいたっけ?

 

45: 2006/12/03(日) 23:49:34 ID:CWqGcBaz0
平陽公主とか花木蘭とか、そのまま使えるしな

 

47: 2006/12/04(月) 21:21:36 ID:/RV05jNG0
作品名が『隋唐無双』では… ちょっとかっこ悪いw
女武将も、なんだっけ突厥のお姫様とか、竇建徳の奥様とか使えそうね。
後には、樊梨花あたりもバリバリの巾幗英雄だしね。

 

48: 2006/12/04(月) 22:28:55 ID:SLbhVCQr0
魏徴とか李密がビーム撃つとこ想像たら笑えてきた。
沈光とか使えたら楽しそうだな。

 

49: 2006/12/05(火) 06:21:38 ID:N6VG2gvQ0
煬帝も化け物みたいなボスキャラにできそうw

 

50: 2006/12/05(火) 18:15:52 ID:ZD0OeYPe0
十六院からヤケクソに強い夫人たちが続々と出てくるんじゃないか?

 

51: 2006/12/05(火) 19:05:14 ID:pqBOFSFC0
どこかどこまでをカバーするかにもよるが、少林寺関係もでてきたら燃える。
李密なんかも颯爽とした美丈夫のイメージができあがると、いちファンとしてはにやけるが…
たぶんすぐ、「そんなもんは過大評価じゃ!なにあのキモイ李密!」と言い出すこと確定だ。

 

54: 2006/12/13(水) 04:52:18 ID:EOThTMeo0
ようは、いろいろある中で、三国志だけが特別扱いされているということ

 

55: 2006/12/14(木) 23:53:43 ID:Mn1xrzZA0
三国志演義は物語としての完成度が高いからね
なにより、日本では室町時代の昔から訳本されたりして人口に膾炙してる所が強み
三国志を知らなくても、諸葛孔明はなんだか聞いたことがあるなんて人が多数いるのが何よりの証拠かと

 

56: 2006/12/15(金) 23:58:49 ID:JEeyU0e40

三国志の場合、群雄割拠で天下統一を目指すあたり、わりと単純な内戦で、

日本の戦国とも似たところがあるから、受け入れられやすいってこともあるだろうね。

 

57: 2006/12/19(火) 02:39:17 ID:L4p7ncy20
ドラマチックなエピソードにもことかかんしな。よく出来てるよ、三国志演義は。
それに比べ我らが隋唐演義は……orz
いや、まあ面白くないわけじゃあないんだが、完成度はね。

 

58: 2006/12/19(火) 23:58:31 ID:sYvBvphZ0
隋唐演義そのままのドラマってないねえ

 

61: 2007/01/11(木) 23:37:04 ID:z2Cr7Hb00
>>58
李世民とかを扱った時代劇はわりと多いけどね。
映画の少林寺なんかも、この時代だし。

 

59: 2006/12/20(水) 00:19:41 ID:OKqabo840
隋唐演義はどうも完成度が低いように思う。
宮城谷氏あたりに書いてもらいたいところ。

 

60: 2006/12/20(水) 19:23:43 ID:pIa71Bnf0
楊家将はあるのにね

 

62: 2007/01/12(金) 00:10:38 ID:8XplCMPX0
煬帝と武則天は李成民が間に挟まるのでどうしても小物に見えてしまう。

 

63: 2007/01/13(土) 21:17:42 ID:qs15dPtQ0
玄武門の変の後は蛇足感が強いので、武則天は余計な感じがするけど、
煬帝は十分に大物なんじゃないかな。

 

64: 2007/01/14(日) 00:44:13 ID:EZHJNfNX0
仮に無双風になるなら、煬帝は董卓のポジション確定だね。

 

65: 2007/01/14(日) 18:03:51 ID:qqYrxi1j0
>>64
煬帝が董卓なら、楊玄感は呂布か。
李密はスケールの小さめな曹操あたり? 本当は楊素あたりが姦雄っぽいけど。

 

66: 2007/01/18(木) 23:54:36 ID:cfIuXVAX0
三国演義の劉備みたいに、主人公を一人決めるならば、
やっぱり李世民かな。

 

67: 2007/01/20(土) 15:38:13 ID:3U9AujMN0
どうせ演義なんだし、少年時代の李世民が、各地を旅して、
悪人を退治するなど水滸伝の英雄ばりに活躍、
といった物語を前半に据えればよかったかな。

 

69: 2007/02/02(金) 23:47:50 ID:IZtifpwf0
>>67
やっぱり一貫した主人公があった方がいいと思う。
李世民英雄伝みたいな感じの物語に仕立てた方が、
分かりやすかったかもね。

 

70: 2007/02/03(土) 00:11:36 ID:syAtdupU0
>>67 病弱で貴族な李世民は、世間知らずで体が弱い貴公子だけど才能は群を抜いているとか、そういう設定が似合いそう。
武勇伝を披露するタイプの英雄ではないと。
どっちかっていうと、李淵のほうが…(しかし一般には優柔不断おやぢ)

 

68: 2007/01/20(土) 19:22:07 ID:Kb8yrJ6o0
説唐には、なかなかに面白いエピソードとかあるようだよ。

 

71: 2007/02/08(木) 09:30:35 ID:M8oit8+C0
李淵はぐうたらオヤジのイメージだな。

 

72: 2007/02/09(金) 00:37:20 ID:DOqgonJ1O
袁紫煙タソ萌えー☆

 

73: 2007/02/10(土) 16:31:39 ID:33ShAuPe0
いや朱貴児の方が萌える

 

74: 2007/02/11(日) 10:54:25 ID:Wp3sCcEh0
おまいら、竇線娘たんを忘れてないか。

 

75: 2007/02/12(月) 23:41:46 ID:5zSj65DP0
実は蕭皇后が一番萌える

 

76: 2007/02/23(金) 20:27:19 ID:5ltlvBQ70
蕭皇后はゼウスに対するヘラっぽいところがある

 

80: 2007/02/25(日) 23:52:37 ID:Y73BN7at0
例えば、趙国公と趙王は同時に存在しても構わないのだろうか?

 

81: 2007/02/26(月) 05:06:31 ID:Ui5EfyU60

唐の爵位制度

親王、藩王 > 郡王、嗣王 > 国公 > 郡公 > 縣公 > 縣侯 > 縣子 > 縣男

 

82: 2007/02/27(火) 20:50:06 ID:bj6yZ9qX0
県男って何だかださいな。

 

83: 2007/03/11(日) 19:26:23 ID:ytTibeqn0
縣男ぐらいなると、一体どれぐらいの優遇を受けることができたんだろう。
単なる称号だけかな。

 

84: 2007/03/28(水) 15:01:27 ID:XISqMzd40
村の名士って感じじゃないの。

 

85: 2007/04/01(日) 23:43:19 ID:u0s7QLxJ0
ちょっとした地方の豪族だろう。
東漢を興した劉秀なんかも多分そんな感じ。

 

86: 2007/04/18(水) 21:08:03 ID:DWM6F6Os0
唐代では、地方で刺史なんかをしている皇族が反乱を起こすという事例が目につく。
特に武則天の簒奪の時とか。

 

87: 2007/04/21(土) 23:27:19 ID:ouhgef9Z0
漢なんかの場合、一度滅亡しても地方にいた皇族が復興させたりしたけど、
唐はそういうにはならなかったね。

 

88: 2007/04/22(日) 07:47:42 ID:mpAgslZN0
>>87
武韋の禍。
安史の乱。
皇族の動きをみるがよろしい。

 

89: 2007/05/01(火) 15:02:46 ID:ArKIUmSp0
隋唐もののアニメが、台湾と中国の合作で制作されているね。

 

91: 2007/05/07(月) 23:56:54 ID:/rR+tLMr0

「隋唐英雄伝」
かなり少女漫画ちっく

http://comic.book.sina.com.cn/2003-10-22/11623.html

同題のドラマもあったり
http://ent.sina.com.cn/v/f/styxz/

 

93: 2007/06/05(火) 23:44:13 ID:8N+94JMl0
隋唐演義なら素で萌えキャラいっぱいいるしな。

 

103: 2007/08/19(日) 08:41:14 ID:5YZjLQHH0
隋唐演義って今は絶版状態なのか?

 

104: 2007/08/19(日) 11:45:47 ID:VzdvueC40
>>103
田中版は存在。絶版したらやっかいだから文庫本で集めるのをすすめる

 

108: 2007/09/14(金) 12:48:27 ID:xl+VC9hB0

アニメ「ムーラン」の実写版「花木蘭」が本格始動、ヒロインにチャン・ツィイーが有力―中国

2007年9月6日、ミシェル・ヨー(楊紫瓊)が数年越しの念願だった「花木蘭」の実写映画化がこのほど動き始め、
ヒロインにチャン・ツィイー(章子怡)を迎える可能性が高いという。中国現地メディアが伝えた。

「花木蘭」は中国の有名な伝説で、1998年にはディズニーがアニメ映画「ムーラン」を製作している。ミシェルは
2004年、製作・主演が決まっていた「花木蘭」を降板。共同制作者だった恋人との破局が原因とされている。その
後、ミシェルは「花木蘭」の脚本を、「グリーン・デスティニー」などを手がけた脚本家・王恵玲に依頼。仕上がった脚
本を購入した華映電影とツィイーの間で出演交渉が一気に進んだという。

「花木蘭」では、ミシェルも中華圏を代表するアクション女優として出演し、華を添える予定。監督にはジョニー・ト
ー(杜チ峰)とツイ・ハーク(徐克)の名前が上がっているが、今のところ明らかになっていない。主要キャストは今
月末にも決定し、上海で発表記者会見が行われる予定。
http://www.recordchina.co.jp/group/g11106.html

 

111: 2007/10/10(水) 01:33:02 ID:2cPAdk4u0
すいません、隋末の群雄(李密とか王世充とか竇建徳)の下にどんな武将(文官)がいたか分かるサイトとか知りませんか?
李密に王伯當、王世充なら単雄信、竇建徳には凌敬ぐらいは分かるのですがもっといたと思うので分かってる名前だけでも知りたいのですが

 

115: 2008/01/20(日) 10:29:30 ID:0zz1BxyF0
>>111
ここはどうだ?
http://www2.ktarn.or.jp/~habuku/toutou.htm

 

112: 2007/10/10(水) 19:34:58 ID:U0MHERwH0

日本語サイトでいい紹介サイトって見つからないね。
この時代に三国志ぐらい人気が出れば違うんだろうけど。

とりあえず百度百科から、

李密
http://baike.baidu.com/view/17827.htm

竇建徳
http://baike.baidu.com/view/93915.htm

 

114: 2008/01/19(土) 13:03:58 ID:hL5/AhiM0
煬帝、結構人間的に描いているよなあ

 

116: 2008/01/20(日) 22:14:52 ID:hiK/Wn5N0
>>114
楊広を単なる暴虐な皇帝に描いていないところが、
この作品のいいところ。

 

118: 2008/03/06(木) 00:54:39 ID:qy07Y0ig0
隋唐演義久しぶりに読み返してみたら、結構、面白かった。
あのときは三国志演義のようなものを求めていたからな。
これはこれで再評価されてもいい気がする

 

119: 2008/03/06(木) 01:27:32 ID:W0FVwHaS0
三国志と水滸伝の両方の要素が入れられていると思えば、
また見方が変わってくるね。

 

143: 2010/04/24(土) 00:33:17 ID:fizqChgt0

安能版はあるエピソードが故意に削られているなどの
改変があるとは聞いていたが
実際に田中版と比べるとエピソード所かキャラの性格すら違う気がする。

例えば田中版だと誠実そうに見えた李セキが
安能版だと薄っすら黒く感じる・・・。

 

 

144: 2010/06/10(木) 02:09:08 ID:542hiHti0

安能作品はキャラの味付けがあっさりだよね
実は読んだ本の半分は安能務作品なんだけど、たまに他の人の読むと
モノローグ的な心情吐露が新鮮

まぁあっさりな分、自分なりに程々に妄想できて楽しいんだけど

 

145: 2011/04/28(木) 04:23:10.57 ID:fevtW3bY0
漫画になれば知名度があがる

 

146: 2011/04/28(木) 07:33:12.84 ID:hX6Uq8m2O
安能は原作を削った部分に自分のイデオロギーを嵌め込むからなぁ。
日本人の心象に馴染み易い内容で書いてくれる点はいいんだが、ポロッといらんモノを混ぜ込むから
安能作品読む時は取り込まれないようこちらもそれなりの知識を仕込んで臨むか、充分注意しながらイデオロギーを取り込まず無視して楽しむようにせんならん。

 

178: 2013/04/08(月) 20:44:25.56 ID:IUhNyEDs0
今の中国は大き過ぎて危険だから
中国(宋代くらいの領土)、ウイグル、チベット、満州くらいに分かれるのが
丁度いいと思う。
内蒙古はモンゴルに返還しよう。

 

179: 2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:w2BzLlZU0
隋唐演義って田中・安能両名が訳したもの以外に
同名の別小説でもあるの?
京劇に隋唐演義から引用したと言われる演目があるけど
明らかに隋唐演義の内容と違うんだけど・・・
あれは何?

 

184: 2014/03/30(日) 10:46:54.27 ID:nCououH7O
>>179
遅レスも甚だしいが、京劇の台本は本来の原作と違う事が非常に多く西遊記でも独自内容の改変はある。
それは地方巡業の折にその地方で流布するエピソードを盛り込んだり、宮廷の場合は京劇迷の西太后が改変を指示した例もあるし
客受け狙いに武生や旦の見所を増やすため改変した事例もある。
だから京劇のは物語の社会浸透に伴う一変容と見て、極端に深く考えない方がいいよ。

 

180: 2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:C7JssLAD0
武侠ものや水滸伝みたいなのが好きな人はお勧め。
三国演義みたいな戦記ものを求める人にはちょっと。
レッドクリフ見てがっかりした人にはお勧めできない。

 

181: 2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:WTG7P7uG0
田中や安能の隋唐演義は翻訳というより翻案なんだろ

 

186: 2014/04/18(金) 19:32:33.77 ID:cphjz/0o0
田中氏のやつ見つけたけどこの時代の知識全くなくても読みやすい物なのかな?

 

193: 2016/03/18(金) 15:27:41.86 ID:bY9gYWBLO
>>186
全くのレベルにもよるけど大丈夫じゃないか?
楊堅の姿に面食らうけど

 

192: 2015/11/27(金) 06:09:48.67 ID:zpb2dohuO
北平王やってた役者さん好き
羅成のパピー

 

195: 2016/03/25(金) 07:58:39.51 ID:CW1tGeNoO
前半の熱い秦叔宝押しからの李世民配下後の空気

 

196: 2016/03/25(金) 09:29:00.76 ID:OA4JzbJg0

嗚呼…
わかるわかる

主人公は必ずしも一人に一貫しなければならないってわけじゃないけど
まだ世代交代しないと話が進まないって時期でもないのに
あの李世民が出張るようになってからの脇役への降格っぷりは寂しさを覚える

 

197: 2016/03/25(金) 14:58:00.70 ID:CW1tGeNoO
>>196
秦叔宝は
から
秦叔宝も
になって
秦叔宝もタヒんだ
だもんな
あっけなさ過ぎる

 

200: 2016/05/09(月) 13:58:07.39 ID:kB06CY5V0
辮髪は清朝から

 

201: 2016/05/09(月) 15:43:30.85 ID:PHiX0nBn0
>>200
ありがと
アウトローは総髪だろうけど、役人は辮髪かと思ってた
清朝からなのね

 

 

引用元: https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/chinahero/1161674994/

広告