オススメ記事(外部)

「ナパーム弾の少女」撮影から50年、ベトナム戦争を象徴する写真の物語 [oops★]

おすすめサイト

スポンサーリンク

1: 2022/08/13(土) 16:39:06.26 ID:Icftp86W9

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/b/ba/The_Terror_of_War.jpg
「戦争の恐怖」 1972年、ニック・ウト氏撮影

多くの命を奪うナパーム弾攻撃から逃れる子どもたちを写したその恐ろしい写真は、ベトナム戦争だけでなく、20世紀の決定的写真となった。背後には黒煙が立ち込め、子どもたちは恐怖、苦痛、混乱が入り混じった表情を浮かべている。南ベトナム陸軍第25師団の兵士らも、なすすべなく子どもたちの後ろを歩いている。

1972年6月8日にトランバン村の外で撮影されたこの写真には、一部の推計で100万人以上の民間人の命を奪ったとされる紛争のトラウマと無差別暴力の様子が写っている。

この写真の公式の題名は「戦争の恐怖」だが、写真の中央に写っている重度のやけどを負った9歳の裸の少女に付けられた「ナパーム弾の少女」というニックネームの方が有名だ。

その少女、ファン・ティ・キム・フックさんは、複数の傷を負いながらも一命をとりとめた。フックさんが助かったのは、当時AP通信のカメラマンだったニック・ウト氏のおかげでもある。ウト氏は、今やベトナム戦争の象徴となったこの写真を撮影した後、写真に写っている子どもたちを支援した。あの運命の日から50年が経過した今も、フックさんとウト氏は定期的に連絡を取り合っており、2人のエピソードを語ることにより平和のメッセージを広めている。

フックさんは、現在住んでいるカナダのトロントからのビデオ通話の中で「あの瞬間を決して忘れない」と述べた。

フックさんが幼少期を過ごしたトランバン村は、サイゴン(現ホーチミン市)の北西48キロ以内に位置し、当時はベトナム北部からの共産主義勢力に占領されていた。当時の米紙ニューヨーク・タイムズの記事によると、南ベトナム軍は3日間かけて共産主義勢力を村から追い出そうと試み、近くの幹線道路を再開しようとしていた。その朝、南ベトナム空軍はプロペラ機スカイレイダーを現地に送り、敵陣にナパーム弾を投下した(ナパームという物質は、重度のやけどを引き起こす上、標的に付着する特徴がある)。

フックさんとその家族は、他の民間人や南ベトナム軍の兵士らとともに仏教寺院に避難していた。頭上を飛行する自軍の飛行機の音を聞いた兵士らは、攻撃されるのを恐れ、全員に逃げるよう促した。しかし不幸にも、その一団は敵に間違えられてしまった。

フックさんは「振り返ると複数の飛行機が見え、さらに爆弾が4発投下されるのが見えた」と述べ、さらに「突然、そこら中が火で覆われ、私が着ていた衣服も燃えてしまった。その時、私の周りには誰もおらず、見えたのは炎だけだった」と付け加えた。
フックさんは「あの時、思ったことは今でも覚えている」と述べ、さらに次のように続けた。

「『大変、やけどを負ってしまった。醜くなって人から変な目で見られてしまう』と思ったが、その時はひどくおびえていた」

フックさんは焼け残った衣服をはぎ取り、国道1号線を駆け下りた。当時21歳だったベトナム人写真家のウト氏は、その日、さらなる紛争が発生すると予想し、他の数人のジャーナリストらとともにトランバン村の外に待機していた。

ウト氏はロサンゼルスからのビデオ通話の中で、「キム(フックさん)が走っているのが見えた。彼女は(ベトナム語で)『熱い!熱すぎる!』と叫んでいた」と述べた。

「(フックさんの)写真を撮った時、彼女が体にひどいやけどを負っているのが分かったので、すぐに助けたいと考えた。私はカメラ一式を国道の上に置き、彼女の体に水をかけた」(ウト氏)

そしてウト氏は、負傷した子どもたちを自分のワゴン車に乗せ、そこから車で30分の距離にある近くの病院に連れて行った。しかし病院に到着すると、新たな患者を受け入れる余裕はないので、子どもたちをサイゴンに連れて行くように言われた。

「そこで私は、『(治療をせずに)もう1時間放置したら、彼女はタヒんでしまう』と言い返した」とウト氏は当時を振り返った。

ウト氏は当初、フックさんが病院に向かう途中、車の中でタヒんでしまったのではないかと心配したという。

しかし、最終的にウト氏は医師らを説得し、子どもたちを入院させることに成功した。ウト氏は、自分の取材許可証を提示し、翌日に子どもたちの写真が世界中の新聞に掲載されると医師らに告げた(ウト氏は2015年に米誌バニティフェアのインタビューに応じ、病院側に告げた言葉は正確には『もし子どもたちの1人が亡くなったら、あなた方は苦境に立たされる』だったことを明かした)

※以下省略。記事全文はソース元にて

2022.08.13 Sat posted at 13:50 JST
https://www.cnn.co.jp/style/arts/35190266.html

4: 2022/08/13(土) 16:41:13.55 ID:6yc0MN5b0
68: 2022/08/13(土) 17:29:57.09 ID:0v4qCIHm0
>>4
出るだろうと思ってたがw

やっぱ日本ていい国だよなシミジミ

6: 2022/08/13(土) 16:41:54.13 ID:v13h5oh20
映像の世紀で観た
10: 2022/08/13(土) 16:42:39.02 ID:A/Ib06230
今となっては戦時プロパガンダとしか思えないわ
15: 2022/08/13(土) 16:44:42.97 ID:CiC3zSX20
有名な写真
17: 2022/08/13(土) 16:47:13.75 ID:b8zbmUJJ0
10年くらい前にも、この今はオバさんになった少女がニュースになってたな

>>病院側に告げた言葉は正確には『もし子どもたちの1人が亡くなったら、あなた方は苦境に立たされる』

こういう脅迫はヨシ!!

26: 2022/08/13(土) 16:53:07.75 ID:SqJe3IZU0
住民に被害が出るようなのやめてほしいわ。政府首脳同士で話し合って決めろよ。
122: 2022/08/15(月) 04:46:24.28 ID:Zq0a/YFs0
>>26
プーチン「フーン(ハナホジ」
30: 2022/08/13(土) 16:55:42.54 ID:+WZtrE4u0
あの画像かな?と思ったら、やはりそうだった。有名だよね
32: 2022/08/13(土) 16:56:28.36 ID:k57bdeQi0
悲しくなるわこんな画像見たら
37: 2022/08/13(土) 17:00:41.22 ID:YXACASID0
これ画像だけでなく動画もあるんだよな
38: 2022/08/13(土) 17:01:03.53 ID:eEvFnRCfO
これのカラー動画もあったと思うけど、報道写真はモノクロの方が権威あったのかな
41: 2022/08/13(土) 17:02:21.18 ID:OKfYq2080
>>38
カラーフィルムは高いからだと思う
115: 2022/08/14(日) 17:13:33.05 ID:tLQXJsUv0
>>38
モノクロネガはその場で現像できるから
120: 2022/08/15(月) 03:38:58.09 ID:tUzxYFV/0
>>38
カラー動画見たら
皮膚が火傷して焦げて皮が剥けてるのがわかって
カラーの方がより悲惨さを感じた
39: 2022/08/13(土) 17:01:16.65 ID:Cceqe5BL0
写真が発表された後、この人に世界中の金持ちから養女にしたいという希望が○到し、
カナダでそれなりの支援を受けて反戦活動家として活動できている
日本のプロ活動家と違ってそれなりにちゃんとした人ではあるが、それでもベトナム戦争の被害者では
かなり恵まれたほうだ
本当に悲惨なのは注目されないままで亡くなったり、障害を負って生きた人だと思う
42: 2022/08/13(土) 17:03:19.09 ID:zWQBqtBQ0
このころのピューリッツァー賞はベトナム多かったな
43: 2022/08/13(土) 17:05:33.99 ID:eEvFnRCfO
1972年てアメリカ軍撤退する前年だけど、
もうヤケになって爆弾の雨降らせてたんだろな
45: 2022/08/13(土) 17:07:29.39 ID:C45HTrDu0
右の方で泣かずに弟の手を引く健気なお姉ちゃんもポイント高いよな
50: 2022/08/13(土) 17:12:13.83 ID:Ak+ET2tx0
この時代の戦争ってバンバン都市部を空爆して、市民だろうが非戦闘員だろうが構わず○すイカれた時代だよな。
いま考えるとすげぇな。

何十万人という市民が○されてもだれも気にしないとか、いやイカれてる

52: 2022/08/13(土) 17:15:22.87 ID:ekrDjFdD0
>>50
イラク戦争も20万人の民間人が○されてるが報道されてないだけだぞ
何を知らされて何を知らされないかは管理されてる時代
54: 2022/08/13(土) 17:19:13.93 ID:Ak+ET2tx0
>>52
えぇ!そうなんだ…なんか湾岸戦争ってあの頃から精密誘導爆撃とか前面に出してたからもう無差別空爆とかしない戦争なのかと思ってた。
59: 2022/08/13(土) 17:21:13.85 ID:bTqLMuSL0
高校の英語の授業でこの人の手記読んだわ。
全身大やけどで十回以上手術してなんとか生き延びたらしいわ。
80: 2022/08/13(土) 17:42:56.84 ID:dj8NQb1Y0
どうして女や子供も○せるんだ
83: 2022/08/13(土) 18:04:50.75 ID:sKKx44Yl0
簡単さ!動きがのろいからな!
97: 2022/08/13(土) 19:14:04.39 ID:6yc0MN5b0
2017年ニューヨーク

https://i.imgur.com/ABusiMM.jpg

2020年ロンドン

https://i.imgur.com/y4eLfRr.jpg

よし!人類は進化してるな!

106: 2022/08/14(日) 05:19:39.63 ID:+g6I2ego0
>>97
安心してください
穿いてますよ
99: 2022/08/13(土) 20:10:55.22 ID:QyPLYmVA0
グッドラックサイゴンって古いドラマ好き
103: 2022/08/13(土) 22:29:09.70 ID:2LGKGq4D0
うわ、あの少女生きてたのか…
火傷大変そうだけど、命があって良かった
105: 2022/08/14(日) 02:57:20.96 ID:4xvysdNz0
被写体のキム・フックさん(59)が、自由を求めてもがいた長い道のりは、教訓に満ちている。
https://dot.asahi.com/aera/2022062300090.html?page=1

9歳で身体の約3割に負った重度の大火傷から九タヒに一生を得て入院治療中、ニックさんは写真を紙焼きして彼女の自宅に届けていた。
退院後にそれを見たキム・フックさんは「なんでこんな写真を撮るの」と恥ずかしく嫌な気持ちになった、と取材に語っている。

イベントがあった日の午前、彼女はニューヨークのAP通信本社をニックさんと訪ね、当時の一連のネガを初めて見た。すると、「泣いてしまった」と言う。50年を経ても、トラウマが蘇るのだ。

写真はベトナム戦争終結後も、思いがけず彼女の手足を縛ってゆく。
「自分のような子どもを助ける医師になりたい」と猛勉強して医大に入った82年、
ベトナム政府に「あの写真の少女だ」と「発見」され、反米の象徴として、
また西側の援助を引き出す「道具」として外国メディアの取材を受けさせられ続けた。政府の意に反した発言は許されなかった・・

全裸の彼女を利用しまくるベトナムもヒドイ。
ニッポンの腐れパヨも同罪。

112: 2022/08/14(日) 10:12:51.72 ID:9/x+utbY0
この子はアメリカに移住して、政府機関に勤めてたな
幹部クラスの役職だったな
113: 2022/08/14(日) 11:15:53.59 ID:jpT2iOhN0
「ベトナム戦争を終わらせた1枚の写真」てやつか

引用元: https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1660376346/

この記事に興味ある方はコチラもおすすめ

管理人おすすめサイト

スポンサードリンク

注目サイト

スポンサードリンク