魏軍絶対撃退する!王平について

2019年10月21日

1: 2018/08/20(月) 02:49:29.00
http://r2.upup.be/f/r/P0VAYba359.png
魏の校尉から蜀の鎮北大将軍にまで出世した王平を語りましょう!

2: 2018/08/20(月) 02:51:37.82
王平の功績
街亭の戦いで、王平は諸葛亮から馬謖軍の先鋒を命じられ、
馬謖が山上に布陣しようとするのを何度も諌めた。
しかし馬謖が王平の諌言を聞き入れなかったため、
結果として魏軍に大敗を喫した。
しかし、王平の指揮する部隊1,000が踏み留まって陣太鼓を打ち鳴らし踏み堪えたため、
魏軍を率いていた張郃は伏兵の存在を疑って近づこうとはしなかった。
敵が追撃の手を緩めたところで、彼は徐々に諸営の残留兵を収容し、
将兵を率いて帰還した。これにより蜀軍は全滅を免れることができた。
馬謖及びその配下の武将がいずれも軍令違反で処罰されたが、
王平だけはこの時の功績により特別に敬意が払われた。
参軍・討寇将軍の地位を与えられ、
五部の兵を統率することを許可されると共に、亭侯に封じられている。
諸葛亮が祁山に出陣した際、王平は別働隊を率いて山の南を守備した。
この時、司馬懿が諸葛亮の軍を、張郃が王平の軍を攻撃したが、王平は堅守して張郃軍を撃退している。
魏の曹爽が歩兵・騎兵あわせて10万余りを率いて漢水まで攻め寄せ、先鋒隊が駱谷に侵攻してきた。
そのとき、漢中の守備兵が三万に満たなかったため、諸将は恐れ慄いた。
ある者が、漢中を捨て後退し、漢城・楽城を固守して本隊の援助を待つべきだと主張した。
しかし王平は、漢中を取られることの危険性を考慮してこの意見を退け、前進して隘路で敵軍の足止めを行ない、救援を待つことにした。
王平は、劉敏と杜祺を派遣して興勢山に立て篭もらせ、自らは黄金谷より敵が兵を進めて来たときのために、後方での備えにあたった。
王平は、費禕の援軍が到着するまで抵抗を続け、撃退することに成功した(興勢の役)。

 

6: 2018/08/20(月) 12:54:27.39
横柄な王平

 

10: 2018/08/20(月) 17:59:31.52
>>6
仕方ないね馬謖が無能だから

 

28: 2018/08/30(木) 12:08:45.52
姜維の北伐再開~蜀滅亡まで生きてたらどうなったかな?

 

42: 2018/09/02(日) 11:36:56.47
>>28
そりゃ魏の攻勢を跳ね除けたやろ

 

31: 2018/08/30(木) 21:05:46.77
Totalwar三国志の武将500人以上出るらしいから、王平も出そうだな。

 

47: 2018/09/06(木) 16:09:24.72
魏延にも勝利した王平

 

65: 2018/12/17(月) 16:25:46.66
無双ももう8まで来てるのにね 華雄とかをするんだったら王平を出せって

 

引用元:http://maguro.2ch.sc/test/read.cgi/warhis/1534700969/