オススメ記事(外部)

【骨董品】邸宅の引き出しから発見された希少な16世紀のイタリアの皿、マヨリカ描画のラファエロと言われたニコラ・ダ・ウルビーノ製と判明、1億9000万円で落札

おすすめサイト

1: 2021/10/08(金) 20:34:22.78 ID:A6uqJ7FH9

https://www.cnn.co.jp/storage/2021/10/08/1f29a6a671f79919ab317f0f13ccb75a/italian-dish-auction-scli-intl-super-169.jpg
スコットランドの邸宅の引き出しから見つかった皿が競売で約1億9000円の値が付いた/Alex Robson/Lyon & Turnbull

16世紀に制作され、聖書に登場するサムソンとデリラの物語が描かれた「信じられないほど希少」な皿が英国の邸宅の引き出しから見つかり、このほどスコットランドのオークションで当初の推定価格を10倍上回る170万ドル(約1億9000万円)超で落札された。

この直径27センチの皿は、1520年〜23年ごろにニコラ・ダ・ウルビーノによって製作されたとみられる。

錫釉(すずゆう)が施されたこのマヨリカ焼きは、6日に実施されたネットオークションで当初8万ポンド(約1200万円)〜12万ポンド(約1800万円)での落札が見込まれていた。だが終わってみれば記録破りの126万3000ポンド(約1億9000万円)で競り落とされた。

ネットでライブ配信されたオークションでは、電話やEメールを通して購入希望者からの入札が殺到。落札したのは匿名の入札者だった。

この工芸品は、英スコティッシュボーダーズ州にある大邸宅「ローウッドハウス」の所蔵品の一部としてリストアップされた品々400点超の一つ。英国の競売会社「ライオン・アンド・ターンブル」が主催した今回のオークションでは、絵画や家具、書籍の他、銀製品や美術品が出品された。

同社の広報担当者は7日、CNNの取材に対し、社内の欧州製陶器の専門家が引き出しにしまわれているこの皿を発見し、「並外れた品質の希少品」だと認識したと語っている。

マヨリカ焼きの専門家、セリア・カーナウ氏によると、この陶芸家は16世紀前半のイタリアでマヨリカ焼きの「イストリアート」式の装飾を究め、誰もが「マヨリカ描画のラファエロ」と認める人物だという。

カーナウ氏は、落札された皿がロシア・サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館にあるモノグラムのある1521年の日付が記された皿に密接に関係しているとも説明した。

落札時にエディンバラオークションハウスで進行役を務めていた、同社幹部で個人コレクション部門の責任者であるギャビン・ストラング氏は7日、CNNの取材に対し、オークションの最中の雰囲気は「電気が走るようだった」と回想。「ハンマーが振り下ろされた際、拍手喝采が沸き起こった」と話した。
また同氏はこの皿について、「信じられないほど希少」なものと話し、マジョリカ陶器の専門家は「人生に一度あるかないかの掘り出し物で、本当に究極の機会だ」と評したと説明している。

ストラング氏によると、入札は予想価格を少し下回るところから始まったが、ある入札者が状況を動かそうと一気に5万ポンド増額したところで急速に勢いづいたという。

「このようなユニークなものが市場に出てきたときには、度胸がある人、財力のある人がいるかにかかってくる」とストラング氏は語る。

2021.10.08 Fri posted at 18:00 JST
https://www.cnn.co.jp/style/arts/35177806.html

■LYON & TURNBULL:Rare Maiolica Dish Sells for World Record £1.26 million
https://www.lyonandturnbull.com/news/article/nicola-di-gabriele-sbraghe

21: 2021/10/08(金) 20:56:39.78 ID:SCct97L70
>>1
>サムソンとデリラの物語が描かれた

俺が想像していた雰囲気とはずいぶん違うといいますか、サムソンが老人みたいだし
サムソンの髪を切り落としたのは「青銅のカミソリ」だったような気がします。
この絵はハサミで老人の散髪をしているような間の抜けた雰囲気ですけど・・・・

33: 2021/10/08(金) 21:14:45.36 ID:jyl/VjxP0
>>1
マヨイカ焼きに見えた
35: 2021/10/08(金) 21:28:37.24 ID:WGCV9k7Q0
>>1
ヘッタクソな絵だなーw
61: 2021/10/09(土) 13:27:35.49 ID:5VHD/4Fl0
>>1
下絵付けでこの発色と技巧はさすがやな
2: 2021/10/08(金) 20:36:10.27 ID:iTzyKHry0
少女の血
40: 2021/10/08(金) 22:48:36.75 ID:HIfLBAE+0
>>2
16世紀の血
に見えた
3: 2021/10/08(金) 20:37:56.84 ID:wst9cf600
日本でいったら戦国時代だからそれくらいするだろうなあ。
こんなにきれいなんて信じられないよ。
38: 2021/10/08(金) 21:45:31.65 ID:wrBi5xrO0
>>3
家康の埋蔵金はまだ見つけられないのかね
67: 2021/10/09(土) 20:47:52.60 ID:7Gpyw1O/0
>>3
綺麗なように見えても所詮は陶器だろ
同時代の中国磁器の方が遥かに美しいわ
68: 2021/10/10(日) 01:17:50.55 ID:XZlE6Vj+0
>>67
これ下絵に透明釉薬かけた白磁の絵皿だろ
73: 2021/10/10(日) 17:28:53.29 ID:cnL07Tz10
>>68
陶器だよ
ヨーロッパで磁器が生産されるのはようやく18世紀になってから
75: 2021/10/10(日) 18:45:37.76 ID:XZlE6Vj+0
>>73
へー白雲土の皿なんだ
72: 2021/10/10(日) 11:52:57.88 ID:SGJHCXDi0
>>67
でもそれ言っちゃうと、散々中華を馬鹿にしてきた日本人は裸の王様って認めることになるけど…
74: 2021/10/10(日) 17:35:26.91 ID:cnL07Tz10
>>72
文化においては古今変わらず中華が目標だったろ
特に磁器に関しては逆立ちしても発祥国には敵わない
有田、鍋島で万暦赤絵を凌いだと思ったら、精緻を極めた清朝磁器が遥か先を行ってる展開
76: 2021/10/10(日) 19:01:20.13 ID:91grRpr00
>>74
でも衰退して技術の伝承が絶えてしまったのも多いよね
再現不可能な耀変天目茶碗は日本にしか完全体が現存してないから
中国は喉から手が出るほど欲しいだろうね
77: 2021/10/10(日) 23:09:27.11 ID:uHrO/gSR0
>>76
そうだね
王朝が変わる度に少なからぬ技術が失われ、文化を支える価値観自体も変わる
そこが基本的に伝統尊重のわが国と根本的に異なるところ
抹茶が廃れた現代中国の文化人は曜変天目茶碗をどう評価するのか、聞いてみたい気がする
4: 2021/10/08(金) 20:40:01.51 ID:BKQkyP9L0
9000円でも要らないかなぁ
900円なら考える、テザイン的に
5: 2021/10/08(金) 20:40:16.14 ID:qYdv1jPG0
家中の引き出し探すわ
7: 2021/10/08(金) 20:42:49.31 ID:Ocg9OMcJ0
へえ、ちょっと薄い感じだけど綺麗じゃないの
青と黄が重なってるとこが面白い
8: 2021/10/08(金) 20:43:08.16 ID:mbxxSgQO0
買う気はさらさら無い
9: 2021/10/08(金) 20:44:37.52 ID:GS0ltUD+0
ブルーが綺麗だな。
だが絵柄は最悪だ。
10: 2021/10/08(金) 20:47:55.68 ID:m/zRmlro0
こんなのが家の引き出しにあるとかw
11: 2021/10/08(金) 20:48:26.92 ID:Khg0Eh8M0
よく価値が判ったわなと思ったら金持ちの大邸宅の所蔵品か
こういうのより蚤の市で買った物とかだと浪漫あるよね
12: 2021/10/08(金) 20:49:51.52 ID:IzuCNX93O
飾り用なのか派手な皿
13: 2021/10/08(金) 20:50:16.44 ID:N9JlVOPS0
焼き物は高麗産が至高と決まってる
14: 2021/10/08(金) 20:50:17.04 ID:s7hFPfTS0
詐欺師:これは国宝級の曜変天目茶碗で間違いございません!
どんな柄でも曜変天目(笑)
16: 2021/10/08(金) 20:51:50.01 ID:MteWEnPl0
てかめっちゃ状態いいやん
凄くいい色合いだし。
これが1500年代に作られてたんやね
17: 2021/10/08(金) 20:51:57.45 ID:squl6ABh0
500年でこんなに色落ちしないもんなのか
23: 2021/10/08(金) 20:59:47.85 ID:ux+cUIgz0
16世紀のお皿って、ほんまでっか?
24: 2021/10/08(金) 21:01:03.02 ID:J1w5wFe50
買ったのは誰かな
25: 2021/10/08(金) 21:02:52.23 ID:RLOpqVhT0
状態良すぎて後世の贋作みたいに見える
箱書きとか信憑性の手がかりとなるようなものはなんか無いのかね
26: 2021/10/08(金) 21:03:15.70 ID:Aj46ILF10
さらの皿なん?
28: 2021/10/08(金) 21:04:42.90 ID:ofkxcrRg0
1500年代はおわって17世紀初だが、日本では織部とかだよね。
精巧な造形や細微な図柄とは対極で、ボテボテした造形で大胆と稚拙の中間くらいの装飾が現代で高く評価されてる。
精巧さでいったら同時期の朝鮮の湯呑み茶碗のほうが、薄手かつ工業的な正確さがある。が、装飾は全くない。
31: 2021/10/08(金) 21:11:36.81 ID:xluVrXJE0
皿1つに2億近くか
金はあるところにはあるんだなぁ~
34: 2021/10/08(金) 21:16:36.22 ID:XbJx6obr0
相場は1~2千万だろうけど、たしかにこんなレベルの物は何十年に一度出るかどうかだし金さえあったら買ってしまいそう
37: 2021/10/08(金) 21:39:53.20 ID:1zhxmHZE0
みんな裸足なんだな
41: 2021/10/08(金) 22:55:18.88 ID:SqcbYEjU0
サムソンとデリラにまったく見えない
サムソン、ヨレヨレの爺さんじゃないか
43: 2021/10/08(金) 23:16:17.14 ID:g6y+MDKg0
1.9億で買うのは勝手だけど
次に買うやつが出ない限り
ただの古いお皿なんだよね
44: 2021/10/08(金) 23:22:39.02 ID:ZGzh1crf0
デリラのほうがサムソンよりでかいw
本文読むまで何の絵かさっぱりわからなかった。
45: 2021/10/08(金) 23:23:53.42 ID:hNaGe2DH0
ただの古いお皿に1.9億も出せるお金持ちにとっては買い取ってくれる人がいるかどうかは大した問題じゃないんだろ
48: 2021/10/09(土) 00:59:00.61 ID:bJFnBji70
ファッションがかなりイイ
女性用の服も男性用の物からきてるのが多いと分かるね
49: 2021/10/09(土) 01:14:46.75 ID:LxuUuNB70
雄山カテゴリー
51: 2021/10/09(土) 01:24:18.52 ID:rb4CgBRE0
その引き出しのついてる机自体が18世紀からずっと家にある値打ちモンのアンティークとかか
54: 2021/10/09(土) 01:33:53.40 ID:0FPld41o0
16世紀にこれ見たらみんな感動しちゃうね
今だとごてごてした感じだけど
59: 2021/10/09(土) 10:04:34.78 ID:zVwLAh+N0
日本なら利休の時代らへんだけどそんな価格しないな
60: 2021/10/09(土) 13:23:05.95 ID:rb4CgBRE0
>>59
焼き物だけならそんなしないけど有名な絵師が絵付けした希少な品ならバーンと跳ね上がる
62: 2021/10/09(土) 13:33:44.06 ID:4VuOVut+0
よくサムソンとデリラの話だとわかったなと思ったら名前書いてあったのな
69: 2021/10/10(日) 01:26:06.33 ID:V5xAVfd/0
>>62
笑った
髪切ってるしサムソンか…とは思ったけど、
あまりにトホホ、切られちゃったショボーンって顔が酷すぎるw
78: 2021/10/10(日) 23:17:39.39 ID:wV/b4noN0
いや、これ改めてみたけど普通に美しいし、
丸い皿の中にうまく収まってますね。
なんか「調和」という単語を思い出したぞ。いい感じだwww

600年の間、イタリアからスコットランドへと、
そして現代に至るまで割れずにね、よくもってくれました。
そういうところも込みでね、カンドーするよね。
2億円弱するかといえば「う~~~む」と思うが。

>>62
wwwww

そうそう、ちゃんと書いてあるのはワロタw
でも後世の人士や工房が想定する皿の使用者にとっては
一目瞭然なユーザーに優しい意匠は評価したいwww

そういえば浮世絵なんかもね、登場人物の名前とか書いてありますなw
例えば国芳の有名なガシャドクロの浮世絵『相馬古内裏』にも
「瀧夜叉姫」「大宅太郎光國」「荒井丸」とかいてあるやうにw
さすがに召喚獣(?)のドクロの名前は書いてないwww

>>69
そう! まさにそのほのぼの感が魅力ではあるよね
故事を知らなくてもなんとなく微笑ましいイラストとして
眺められるってところもいい。600年後の極東人が見ても!
アートの普遍性ってやつっすかねえwww

79: 2021/10/10(日) 23:20:01.91 ID:tQS9Hh1q0
16世紀のヨーロッパに染付技法って有ったの?
80: 2021/10/11(月) 00:28:30.75 ID:WB0Q1zzK0
13世紀頃からあったんじゃないかね

引用元: https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1633692862/

この記事に興味ある方はコチラもおすすめ

おすすめサイト

スポンサードリンク