オススメ記事(外部)

教養のない人間「一日玄米四合は贅沢!宮沢賢治は庶民を分かってない!」当時の時代背景わかっとん???w

1: 21/03/07(日)21:22:25 ID:cAn
実際宮沢賢治は教員時代めちゃくちゃお金貰ってたらしいけど
食料の保存技術に乏しく、お米なら簡単に手に入る当時の農民なら四合普通に食うやろ

2: 21/03/07(日)21:25:31 ID:k2D
本当の“無教養”、見せたろか?
3: 21/03/07(日)21:26:32 ID:cAn
>>2
見せて
6: 21/03/07(日)21:28:13 ID:K1f
>>3
おち○ち○びろーん
7: 21/03/07(日)21:28:52 ID:cAn
>>6
成し遂げたぜ。
4: 21/03/07(日)21:26:50 ID:ht0
玄米は米すら手に入らないからみんな食ってたんやで
精米するだけコストかかるからな
玄米四合は農民とかに限らず普通にみんな食べてて量やな
兵士や労働者とかになると六合に増えるくらい
あと宮沢賢治はたしかに金貰ってたけどすぐ他人に奢ったりクソ高いもん買ったりと浪費癖あるから貰っててもすぐ使って無くしてるで
5: 21/03/07(日)21:27:26 ID:PJR
脚気でタヒんだらしゃあないやん
8: 21/03/07(日)21:29:27 ID:4h0
というか野菜もなくて米しか食えない江戸時代の農村とかは一日6合食ってたんやろ?
時代的にも質素って言っていいやろ
9: 21/03/07(日)21:29:44 ID:ivE
賢治は清貧に憧れたボンボンやからな
ただそれを批判するのはナンセンスやけど
11: 21/03/07(日)21:33:13 ID:Zli
>>9
実家離れて暮らし始めてからは普通に貧相生活やろ
趣味や他人に飯奢ってばっかで自分の生活に使える金なんてほとんど無かったみたいやし
15: 21/03/07(日)21:39:04 ID:ivE
>>11
うーん
浪費癖があったのはいざとなったら父親に金借りられたからじゃないかな
まぁ推測やけど、生活は貧相ではなかったと思う
16: 21/03/07(日)21:43:37 ID:hqL
>>15
推測も何も生活の話とか普通に残ってるぞ
それに金借りたエピソードなんてないしタヒぬ直前は菜食貫いたから物資としてと支援すら受け取らんってエピソードあるし
スレタイみたいな教養のない人間は求めてへんから少しでも調べてレスしな
17: 21/03/07(日)22:02:37 ID:ivE
>>16
教員になる前、賢治は金の無心をよくしてたし
出版した本の売れ残りを父親に金借りて買い取った話もあるんだよなぁ
羅須地人協会でボランティアみたいなことしてた時の生活費はどこから出てたの?
10: 21/03/07(日)21:32:42 ID:DVl
1日3食と考えると1食約400gの玄米
どんぶり1杯が280gくらいだから
わりとしっかり食べてる計算になるな
14: 21/03/07(日)21:35:55 ID:4h0
>>10
でもヴィーガンより貧相な食生活やで?
12: 21/03/07(日)21:34:03 ID:pVW
まあ1945年以前の1合ってちょっと量少ないんやけどな
13: 21/03/07(日)21:35:27 ID:Zli
副食がゴミの時代やからな
酵素で消化を助けつつ塩分で飯が進む味噌や漬物
安価で腹が膨らむ野菜なんかを少量食べつつ栄養のある玄米で腹を膨らますのが基本の時代や
宮沢賢治はタヒぬ前までは炭鉱で働き始めてたし4合は本来少ない
炭鉱働きみたいな奴は6合が基本や
18: 21/03/07(日)22:05:32 ID:ivE
賢治の父親はかなりの親バ○だから
支援があったと考える方が普通だと思うけど
19: 21/03/07(日)22:07:27 ID:x6Y
昔の文豪って頭おかしいやつ多いよな
20: 21/03/07(日)22:07:27 ID:4XW
賢治は給料のほとんどをレコードに費やしたから
21: 21/03/07(日)22:08:43 ID:cSE
教論時代も本屋で本をツケで買いつつ店から金借りたり、自分で下宿先に入れといた下宿代を巻き上げたり同僚から金借りたりと色々クズエピソードあるけど父親から支援もらったみたいな話は無いんだよな
22: 21/03/07(日)22:09:24 ID:cSE
確か自分の本が売れないから親父に金借りて買い取ったみたいなエピソードはあるけど私生活での金支援みたいなんは特に無かった気がするわ
23: 21/03/07(日)22:12:11 ID:cSE
雨ニモ負ケズ書いたタヒにかけの頃だって親バ○の親父が安全で負担のかからない仕事させようって思ってる中その思いを突っぱねてまで合成肥料売ったりとかする違う仕事やってたし
24: 21/03/07(日)22:52:22 ID:ivE
賢治は裕福な生まれに反発があったから積極的に父親から金を借りることはしなかっただろうけど
父親は夢想家の賢治を最後まで援助していたし、賢治にもいざとなれば父親が助けてくれるって意識はあっただろ
晩年に過剰にストイックな生活をしてたのは金銭的な問題じゃなくて賢治の思想からだし
富を掠め取るような商人の仕事を卑しいと思って生涯反発していた父親が、実際は悪人でもなんでもなくて一心に賢治のことを想ってたってのが泣ける
父親は凡人で賢治は天才だから、お互いを理解することはできなかったかもしれないけど

引用元: https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1615119745/

0

スポンサードリンク