オススメ記事(外部)

【アラスカ】北米最古の犬の骨が見つかる、人類の旅路を示唆、シベリアの犬の子孫、1万150年前の骨片

1: 2021/02/28(日) 07:28:02.69 ID:2P74HDhE9
ナショナル ジオグラフィック日本版2021.02.27
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/21/022600094/

米アラスカ大学博物館に「PP-00128」という標本があり、20年ほど前から、かなり古いクマのものだと考えられていた。この標本は大腿骨の破片で、指でつまめるほど小さく、アラスカ南東部の海岸沿いの遺跡から発掘された。同じ遺跡からは、数千年前の魚や鳥や哺乳類の骨のほか、人間の骨も発見されている。

2月24日付けで科学誌「Proceedings of the Royal Society B」に発表された論文によると、遺伝子解析の結果、PP-00128は、今から約1万150年前に人間の忠実な友として氷に覆われたアメリカ大陸にやってきたイヌの骨だったことが判明した。

この研究成果は、イヌがアメリカ大陸に入ってきた時期やルートを知る手がかりになるほか、人間と家畜化されたイヌとの長く深い関係を裏づけるものにもなる。

「1万年前の人々の生活を想像することはできなくても、彼らとイヌとの関係を理解することはできます」と、今回の研究には関与していない英エクセター大学の動物考古学者カーリー・アミーン氏は言う。

■足どりを追う
今回の骨片は、アメリカ大陸におけるイヌの証拠としては最古だが、アジアからアメリカ大陸に渡ってきた最初のイヌとは限らない。2018年には米イリノイ州で見つかったイヌの墓が約9910年前のものと判明している。

わずかな差で「最古」の称号はアラスカのPP-00128のものになったが、考古学者たちは、ほぼ同じ時代に北米の2つの遠く離れた場所にイヌがいたという事実に関心を寄せている。これは、イヌがもっと早い時期にアメリカ大陸に来ていたことを意味するからだ。では、イヌが最初にやってきたのはいつなのだろう?

最近発表された遺伝学的証拠によると、北米の3分の1が氷の下に埋もれていた約2万3000年前、シベリアにおいて人々とオオカミとの遭遇機会が増えていたという。当時、シベリアは比較的温暖で、人間にとってもオオカミにとっても獲物になる動物が生息していた。人間は約4万年前から1万9000年前にかけてオオカミを徐々に飼い慣らし、やがてオオカミはイヌになったと考えられている。

今回、PP-00128が調査されたのは、北米の氷の状態と、動物や環境の変化を調べる研究プロジェクトの一環だった。小さな骨片からこのイヌの核DNAを抽出することはできなかったが、ミトコンドリアDNA(母方の血統からのみ遺伝するDNAで、全ゲノムのごく一部しか占めていない)は抽出できた。分析の結果、このイヌは、今から約1万6700年前にシベリアのイヌから分かれた系統に属していたことがわかった。約1万6700年前といえば、人間が海岸沿いに北米に入ってきた時期とほぼ同じである。

しかし、1万6700年前という年代はイヌが遺伝学的に分岐した時点であり、個体群が分裂した時点であるとは限らない。つまり、家畜化されたイヌが初めてアメリカ大陸に入ってきた時期を示す数字ではないということだ。

それでも、アラスカ沿岸の氷床が急速に後退した時期に、この地域の海岸に家畜化されたイヌがいたという事実から、人間がどのようなルートを移動したかが浮かび上がってくる。

科学者たちは、最初にアメリカ大陸にやって来た人々が大陸ルート(北米大陸西部のコルディレラ氷床とローレンタイド氷床の間)を通ってきたのか、それとも海岸ルート(太平洋の海岸線沿い)を南下してきたのかを知りたいと願っている。「どちらの移動経路もあったはずです」と米バッファロー大学の進化生物学者で、今回の論文の共著者であるシャーロット・リンドクビスト氏は言うが、これまでの研究から、海岸ルートの方が氷が早く後退し、新世界への回廊となったことが示されている。

■毛皮を着た十徳ナイフ
PP-00128の同位体分析から、このイヌは、魚やクジラやアザラシの肉などを食べていたことが明らかになった。おそらく飼い主の食べ残しなどを与えられていたのだろう。このイヌが生前どのようなイヌだったのかは不明だが、専門家はいくつかの合理的な推測をしている。

カナダ、アルバータ大学で人間と動物の関係に着目した研究をしている考古学者のロバート・ロージー氏は、今回の研究には参加していないが、このイヌがシベリアに生息していた初期のイヌに似ていたとしたら、比較的大きく、おそらく体重23~27kgほどになっただろうと推測する。「このイヌは私たちのイヌに似た行動をし、寒い環境によく適応し、おそらく狩猟に参加したり、荷物を運んだり、ソリで荷物を引っ張ったりしていたのではないかと思います」と同氏は言う。

(長文の為以下リンク先で)

4: 2021/02/28(日) 07:33:45.68 ID:nNqnfBIF0
今まで何億何十億っていう人間・脊椎動物がタヒんできたはずなのに、
見付かる骨の数が少な過ぎない?
10: 2021/02/28(日) 07:40:58.41 ID:A9Uinx3X0
>>4
本当は世界は5000年前にできた
11: 2021/02/28(日) 07:45:06.82 ID:Yt52Movx0
>>4
そこに気が付いてしまったか…
あと、なぜ都合よく遺物や遺跡が地中に埋もれてるか考えた事はあるか?
8: 2021/02/28(日) 07:39:41.43 ID:paLnhIL70
太郎……
9: 2021/02/28(日) 07:40:04.29 ID:84mNbRV50
(U^ω^)BOWWOW WO!
12: 2021/02/28(日) 07:47:19.85 ID:85UddAFY0
北米に人が来たのは1万5千年前だったというし、
想定内の発見かね
13: 2021/02/28(日) 07:57:05.34 ID:76EhK62P0
凍った当時はソビエト領だったろ
アメリカの手柄にするのはちょっと違う気がする
20: 2021/02/28(日) 10:07:15.27 ID:lyLlHx/g0
大型犬じゃねーか
21: 2021/02/28(日) 10:10:00.28 ID:oeCgbwtf0
犬をペットにするかどうかで
昔から人間は犬を使役してきたからいいんだとかいう人いるけど

人間が昔から黒人を奴隷として使ってきたんだから、何でも言うこと聞かせる奴隷として今も使っていいじゃん
とかの奴隷賛成派の人らと何が違うのかよくわからないわ

ペットして買って自由にさせるならまだしも、躾とか言って奴隷扱いしてるのは心が醜すぎる

24: 2021/02/28(日) 10:47:39.37 ID:JJ5i5BHE0
>>21
躾のなってない犬に咬まれるか
法の制御されてない国に逝ってみるといいよ
25: 2021/02/28(日) 11:10:47.06 ID:oeCgbwtf0
>>24
街中で飼うような動物じゃないっしょ、危険すぎ
避難所でも細菌バラマキ兵器になるし
わざwざ飼うために大量に産ませなくていいよ
23: 2021/02/28(日) 10:38:38.11 ID:A9Uinx3X0
イヌイット

引用元: https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1614464882/

スポンサードリンク