3世紀の奈良・桜井市の纏向(まきむく)で鉄が使われなかった理由を考察する

1: 2019/11/29(金) 14:33:22.26
なぜ、3世紀の纏向では、鉄が使われなかったのだろうか、、、

12: 2019/12/17(火) 15:33:20.66
>>1
未だに纒向は全体の5%位しか発掘調査できてないから慌てるようなことはない。
同時代、近隣の唐古鍵遺跡からは出てるので、そのうち出てくるだろうし。

 

3: 2019/11/29(金) 15:47:48.19
3世紀の纏向は、石器の時代だったのではないのかな。

 

4: 2019/12/01(日) 04:01:06.05
目と鼻の先の淡路で2世紀頃のどでかい鉄器製造施設の遺構が見つかってるのにか

 

5: 2019/12/01(日) 04:22:40.02

>>4
その淡路の遺構は九州から来た海人族のものだからね
奈良盆地は関係ないよ

弥生期の鉄製ヤス出土 淡路で近畿初
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201803/0011093126.shtml
>エックス線写真で分析した結果、先端から約1・5センチ下方に「かえし」が見られた。
>ヤスや釣り針にかえしをつくるには高度な技術が必要といい、鉄器製造が盛んだった九州などから持ち込まれた可能性がある。
>
>弥生期の鉄製ヤスや釣り針は、山陰や九州北部で出土する例が多い。
>愛媛大東アジア古代鉄文化研究センターの村上恭通センター長は
>「山陰は九州から鉄製漁具を受け入れ、漁民が鉄器の交易を促進した」と分析。
>今回の発見で、漁具が日本海側だけでなく「瀬戸内側を伝わって来た可能性もある」と指摘する。

 

6: 2019/12/01(日) 10:41:41.15
巻向大溝の矢板は、100年前に石器で切り出され、石器で加工された床板を転用したのだったね。

 

7: 2019/12/04(水) 10:25:17.55
神道で鉄なんて使われへんやろ
青銅ちゅーか真鍮やで
今でもそうや

 

8: 2019/12/04(水) 10:28:26.38
纒向の祭祀道具が青銅製なのは纒向の祭祀こそ神道の原初形態という証拠やろ
出土するの神鏡やし
北九州の祭祀道具が鉄というのは今の神道とは違う廃絶した宗教という証明

 

9: 2019/12/04(水) 22:20:13.85
九州の祭器は紀元前から青銅器だよ。
平原遺跡の超大型内行花文鏡「八咫の鏡」がその代表だね。
畿内は後世にそれを真似たというか、九州北部の文化が伝播した=九州北部からの入植者が持ち込んだ。

 

11: 2019/12/14(土) 13:18:47.19

書紀にかかれてる6世紀初頭に筑紫に屯所を移したという記述に注目してる

そのころちょうど畿内でも古墳の築造をやめてしまった
つまりそのころに朝鮮半島南部にあった倭の本拠が筑紫に移ってきたことを示唆してるのであろう

 

13: 2019/12/17(火) 19:30:20.17
唐古鍵からは海人の装身具である銅釧が出ちゃってるんだよなぁ
つまり九州海人に征服された土地ってこと

 

14: 2019/12/17(火) 19:32:27.61
>>13
そりゃ神武天皇がやってきてるんだから、海人が進出してきてるに決まってるだろ。

 

17: 2019/12/17(火) 20:41:37.49

鉄器が九州北部で作れるようになったのは1C頃だろ

3Cの畿内では鉄器はまだ馴染みが薄いものだったに違いない

 

26: 2019/12/18(水) 21:34:43.57

五斗長垣内遺跡
遺物の鉄器は、矢尻、鉄片、鏨(たがね)、切断された
鉄細片など75点が出土した。

方保田東原遺跡
合計500点以上の鉄が見つかっていて、その多さは全国でも際立った数です。
種類は斧やナイフなどのほか、鎌や釣り針など非常に多彩です。
注目されるのは、製品ではない塊や棒や板状の破片です。
これらは鉄器の素材となった物と考えられます。
出土数は全体の約半分を占めているので、この遺跡ではかなりの規模で
鉄器づくり(鉄鍛冶)が行われていたようです。

西弥護免遺跡
弥生終末期(581点の鉄器、細い針状の鉄滓など)

 

29: 2019/12/19(木) 14:19:22.62
纏向は弥生文化に馴染めなかった東日本の縄文系先住民にとっての西の砦だったんじゃないかな

 

引用元: http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/history/1575005602/