【モンゴル帝国】広大な草原を駆け抜けた英雄たちを語りたい

1: 2007/10/13(土) 15:27:48 ID:Tpv7vz7J0

大草原を駆け抜けたモンゴル帝国の英雄たちについて語る。

2: 2007/10/13(土) 15:31:27 ID:Tpv7vz7J0
とりあえず歴代の大汗(皇帝)を除いて、
一番の英雄は誰になるだろう?

 

3: 2007/10/13(土) 16:17:07 ID:xG4yg6kW0
建国期の英雄が目立ちがちだけど、元朝末期のチャガンティムールやココティムールも、かなりの戦績。

 

4: 2007/10/13(土) 22:32:18 ID:lzQp1JYI0
何といっても最強はスブタイ。
モンゴル帝国の版図があそこまで広がったのもこいつのおかげ。

 

5: 2007/10/13(土) 22:52:33 ID:m4IUQGi+0
 キプチャク汗国創始者、バトゥ。

 

7: 2007/10/13(土) 23:16:00 ID:6gd5zS2Q0
反乱を起こしたハイドゥもなにげにすごいかも。
鎮圧されることなく30年ぐらい粘っているし。

 

8: 2007/10/14(日) 01:06:16 ID:aywAVscy0

フビライのひ孫のハイシャンかなぁ。好きだ。母親に虐げられて育った、悲劇の人でもある
ハイシャンの『大返し』の話は、高校時代に読んでわくわくした
おくり名は『武宗』ね

>>7
ハイドゥ、自分も頑張ったほうだと思うけど
この時代(フビライタヒぬ前の)カラコルム駐屯のバヤンも、なかなか!

 

9: 2007/10/14(日) 13:15:46 ID:Kh26sWAv0
四駿四狗

 

10: 2007/10/15(月) 00:43:39 ID:eucjL64x0
ジェベが一番男っぷりがいいだろ

 

13: 2007/10/15(月) 17:39:53 ID:lGsQGp/Z0
>>10
射雕英雄伝での描かれ方はかっこよすぎるよな。
主人公に弓矢を教えるおいしい役柄だし。

 

11: 2007/10/15(月) 16:26:25 ID:zhj6sQu30
小説の影響か、ジュチが好きだ。
「蒼き狼」読むと、これをジュチ視点で書いても面白いだろうなぁと思う。

 

12: 2007/10/15(月) 17:22:10 ID:XNpDcbPo0
耶律阿海を忘れないで。
海のものとも山のものとも知れぬ小勢力の頃のチンギスに仕えて
サマルカンド総督にまで上り詰めた文武両道の人。

 

14: 2007/10/17(水) 23:54:57 ID:RFm0K+SE0
テムジン最大のライバル、ジャムカを忘れちゃ困る。

 

15: 2007/10/18(木) 16:22:30 ID:BKzAMpT+0
ならばトオリル・ハンも追加で!
若い勢力の勃興によって飲み込まれる老大国、って感じが好き。

 

19: 2007/10/26(金) 23:08:38 ID:4kIPIAzJ0

>>15
子供の頃は、祖父マルクズが敗タヒしたせいでメルキト部族に捕われ納屋で曵き臼をぐるぐる曵かされる
ような悲惨な目に逢い、父親クルチャクスに助けられた後ケレイトの王位を継いでからは、兄弟や
叔父たちを粛正したせいで反感を買って王位を追われてチンギスの父イェスゲイの許に逃れている。
そこで再起してイェスゲイの助けもあって再び王位を獲得するけど、また粛正をやらかして生き残った
叔父兄弟たちがナイマンなど周辺勢力の援助を受けて彼を追放し、トオリルは西夏やウイグル、トルキスタン
など諸国を放浪する羽目に陥り、ほうほうの体でやっとイェスゲイの子供テムジンのところへ逃げ延び、
そこでテムジンの全面的バックアップを受けて三度再起をはかって王位に復帰した。>ケレイトのトオリル・ハン

そこらへんの事情は『集史』『元史』『元朝秘史』『聖武親征録』その他でちょっとづつだが記述があるが、
ナイマンやメルキト、ケレイト、タタルなどの有力な部族勢力が相互に絡み合って抗争をくり返す様を
遼の支配が生きていた12世紀はじめあたりからトオリルとかケレイト視点で小説化してみても面白そうだ。

こういった抗争うづまくモンゴル高原の勢力図を縫うように東方から徐々にカブル・ハンやイェスゲイなど
キヤト氏族のモンゴル勢力が高原中央へ進出してきて、高原の抗争に介入して・・・みたいな。

 

16: 2007/10/18(木) 23:28:56 ID:tyyK9ZPf0
肝っ玉母ちゃんなボルテもなにげに凄いだろう。

 

17: 2007/10/23(火) 23:37:16 ID:TgzzAQZy0
>>16
チンギスハーンが一番恐れたのは彼女かも知れないな・・・

 

18: 2007/10/25(木) 20:27:26 ID:wC6mI3FL0
後宮の支配者だからなあ、尻に敷かれてたと思うと楽しいかもしれんw

 

20: 2007/10/30(火) 23:20:45 ID:ODsL07ig0
>>16-18
ボルテ以外の側室が産んだ子は後継者候補から外されたのは言うまでもなく、
名前すら記録に残っていないからな……

 

21: 2007/11/01(木) 11:34:48 ID:1iI9o2al0
ボルテの後も、皇后、皇太后がかなり権力を持ったりしているな、モンゴル帝国は

 

22: 2007/11/05(月) 15:05:45 ID:Wsr0ttZr0
日本とか、ベトナムとか、ジャワへの遠征で活躍した英雄はいないのか?

 

44: 2009/03/24(火) 01:41:35 ID:OmuS4fwuO
>>22
元軍の武将2人は実はかなりの名将で
それぞれ三別抄鎮圧やアリクブカの乱の平定で功績あげてる。
彼らの後世の評価が低いのは偏に日本の武士達に大敗したから

 

45: 2009/03/24(火) 01:42:26 ID:OmuS4fwuO

>>22
元軍の武将2人は実はかなりの名将で
それぞれ三別抄鎮圧やアリクブカの乱の平定で功績あげてる。
彼らの後世の評価が低いのは偏に日本の武士達に大敗したから

それから名前忘れたがベトナムで戦タヒした元の武将も
それまでは不敗神話を持つ名将だったようだ

 

55: 2010/04/14(水) 23:40:08 ID:O51A79dJ0
>>22
ウリアンハダイはベトナム遠征で大活躍だったよ。
僅か3000人の兵力で攻め込んだのに、ベトナム国王の軍を撃破し、首都を占領破壊。
翌年、ベトナムはモンゴルに降伏して属国化。

 

23: 2007/11/08(木) 00:46:27 ID:ZjPIINh20
ヴェトナム遠征に行かされたフビライの皇子は色々な意味で不運でしたね。

 

24: 2007/11/08(木) 01:22:46 ID:88iCB2E80
ベトナムは昔からゲリラ戦が得意だね

 

26: 2007/12/21(金) 15:55:36 ID:oPEJOKCD0
チンギスハーンの家臣団って、古参と新参の間では、
譜代、外様みたいな意識はかなりあったのかな?

 

29: 2007/12/31(月) 14:09:21 ID:JzjeDMCe0

>>26
バルジュナ湖の誓いに加わった者とそうでない者との間には、やっぱり壁があったんじゃないかな。
これに参加した者は、後々まで優遇されたようだし。

苦しい時を共に乗り切った者こそ一番信頼できる。

 

32: 2008/01/27(日) 23:50:35 ID:puJfQAFe0
>>29>>30
バルジュナ湖の誓いっていかにもドラマ的だよな。

 

27: 2007/12/22(土) 21:38:49 ID:qg8MspWN0
史上最大の帝国

 

28: 2007/12/28(金) 22:46:47 ID:OKz/v9UK0
完顔陳和尚とか、モンゴルに帰順すればかなり優遇されただろうな。

 

30: 2008/01/04(金) 22:40:32 ID:TO029vCP0
バルジュナ湖の誓い参加者は、子孫に至るまで栄華を保証されたからね。

 

31: 2008/01/21(月) 22:00:53 ID:PWOzWo8B0
バトゥがいい。一応直系の孫だし。
毛並みも良くて実力もある。おじいちゃんに孫の代はお前が統括しろと言われていたみたい。
無能なのにプライドだけは高い二人の叔父を本国に送還してしまったりかなり格好いいな。
金帳汗国 青帳汗国 白帳汗国 

 

33: 2008/02/27(水) 11:54:50 ID:F1Jx6doS0
やっぱりトゥルイが最強。

 

41: 2008/07/19(土) 23:29:44 ID:0Z9i21KM0
>>33
子孫が、メインの元朝に加えて、四大ウルスの一つを創業したからね。

 

34: 2008/03/29(土) 13:45:20 ID:GtruSBDRO
モンゴルでラクバ・シンて有名ですか?

 

35: 2008/03/30(日) 22:30:45 ID:5dLUVIer0
襄陽で何年も篭城した人の評価が低いと思う

 

37: 2008/04/30(水) 22:23:52 ID:ZcImf/H30
>>35
呂文煥は高く評価されるべきだけど、
モンゴルの英雄として評価されちゃうと、本人的には不本意かもねえ。

 

36: 2008/04/30(水) 15:12:46 ID:4MDtb6Qp0
バヤンもつよい

 

46: 2009/04/01(水) 04:11:26 ID:jv4GIxVW0
>>44-45
> 元軍の武将2人
文永の役の時の劉復亨と洪茶丘のこと? それとも弘安の役の時の
阿塔海や文永の役の直前に耽羅島遠征を指揮した忻都あたり?

 

48: 2009/11/12(木) 06:38:37 ID:GdpVIkiq0

モンゴル国の国際関係
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%A2%E3%B3%E3%B4%E3%AB%E5%9B%BD%E3%AE%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E9%A2%E4%BF%82

南に隣接する中国とは、伝統的に関係が悪い。「娘が中国人と結婚したら一家の恥」との通念が今でも通用しているし、国政選挙でも中国との関係改善の是非が争点になる。
モンゴルが漢字文化を一切受容しなかったのも、モンゴル人が中国人を嫌ったためである。
モンゴル人にとって「中国人のようだ」というのは最大の悪口となり、選挙でも「あの候補は家系に中国の血が入っている」というのは最大のスキャンダルとなる。
日本人を含めた東洋系外国人が、街頭で「中国人か?」と聞かれることはまずない。中国人は蔑称であり、喧嘩を売っていることになるからである。
通常であれば、「中国生まれのモンゴル人(または韓国人)か?」と聞かれる場合が多い。ただし、日本とはまだ縁遠いため、日本人かと聞かれることは少ない。
モンゴル人と中国人との衝突事件、あるいは中華料理店に対する襲撃事件は、ニュースにもならないほど日常的に起きている。
学校教育で、中国人に敵意を煽る教育は行なわれていないが、家庭教育で敵意を植え付けている場合が多い。
モンゴル人の子どもが語る「学校の怪談」でも、中国人による○人事件が頻繁に登場する。
現在、中国人が嫌いなモンゴル人は9割、好きなモンゴル人は1割と言われる。
衣料品や、家庭電化製品は、中国製がほとんどであるが、モンゴル人は、「中国の商品は構わないが、中国人の思想が気に食わない」と語る。

 

84: 2019/04/30(火) 12:18:45.17 ID:AT6UgPDI0
>>48
モンゴルの王様が金から姫をお嫁さんにもらってなかったっけ
中国人ではないからセーフ?

 

49: 2009/11/12(木) 06:39:57 ID:GdpVIkiq0

モンゴルは親日らしい。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/MONGOLIA/kankei.html
>2004年11月に在モンゴル日本国大使館が実施した世論調査では、「日本に親しみを感じる」と答えた回答が7割を超えたほか、
>「最も親しくすべき国」として第1位になるなど、現在のモンゴル国はきわめて良好な対日感情を有する国となっている。

モンゴルは中国を嫌っているらしい。

モンゴルの極右勢力が過激な「反中」運動を展開―中国紙
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0721&f=politics_0721_005.shtml

>歴史的に何度も中国からの侵攻を受けたモンゴル国は、中国に対する激しい敵対心を抱いており、
>中国人がモンゴルで襲われるほどである。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%8D%E4%B8%AD

>歴史的に中国との関係は悪く、今でも一部の民衆には反中感情がある。
>例えば日本人観光客が中国人に間違えられるとトラブルに巻き込まれ、
>中国関連の施設に「看板等に使用している漢字を3日以内にモンゴル語に変えなければ、強制的に撤去するかペンキで塗り潰す」
>という過激な内容警告文を出され、さらに独立記念日に活動家に襲撃される事もあるくらいである。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%A2%E3%B3%E3%B4%E3%AB%E5%9B%BD

 

51: 2009/12/09(水) 18:17:20 ID:qw7O7Ski0
義経最高!

 

53: 2010/03/18(木) 20:10:40 ID:B4Y4XSSi0

東京江戸博物館のモンゴル展にいってきた。

正直、看板に偽りあり。
中国の共産は得ているけれどモンゴルの協賛は受けていない。
その上モンゴル展というより騎馬民族展(女真とか突厥、匈奴)になっていてこちらの期待とはずれがあった。
ジュチの遺品とかフビライの親書とかそう言う展示かと思ったのに……。
あと説明書きで用語の統一がされていない。ジョチなのかジュチなのか校正しなさい。

まあでもそれなりには面白かった。1300円はボリすぎだけどな。

 

54: 2010/04/09(金) 22:17:12 ID:0m7rhL7C0

郭侃
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AD%E4%BE%83

スケール大きすぎだ。
この人が東帰しなかったら、モンゴルはエジプトやトルコも征服していただろう。

 

59: 2011/01/05(水) 18:01:26 ID:GLMuo3UD0


野蛮の限りを尽くした帝国の行く末

http://s1.shard.jp/rabbit1/0202/3/121_2.html

モンゴル帝国もしかり、ヴァンダル族も跡かたもなく消え去った。

 

61: 2011/02/07(月) 18:44:04 ID:nwt5/rcx0
>>59
モンゴルはなくなってないじゃん。

 

65: 2011/10/26(水) 16:26:52.16 ID:NldPntpX0
モンゴルも敵のしてしまった漢民族。
http://www.youtube.com/watch?v=5RP5Et8RerY

 

66: 2013/03/23(土) 08:14:15.83 ID:GNAKK8fI0
モンゴル帝国の領土デカすぎワロタwww

 

67: 2013/10/31(木) 22:35:23.23 ID:LKly1kLcI
文永の役における鎌倉幕府軍の犠牲者195人
文永の役におけるモンゴル軍の犠牲者1万3500余人
キルレシオは1:69

 

83: 2017/06/01(木) 05:43:24.97 ID:ULMuzbd90
>>67
鎌倉幕府(というか当時の日本)はもっと評価されていいと思う。
まあガチ○コ勝負したらモンゴル軍には勝てないだろうが南宋軍には勝てそうだ。

 

68: 2013/11/01(金) 12:54:11.68 ID:LkVwkqmTO

モンゴル帝国はもともとトルコ人の連邦国

ワールシュタットなんかほとんどはトルコ系が持ち込んだ伝染病で
ヨーロピアンがバタバタとタヒんだのだが
それをトルコ系による大虐○ということにして
更なる十字軍を正当化したに過ぎない

東アジアのモンゴル帝国はいわゆるモンゴロイドだったが
その頃は金人や南宋人が餓タヒしまくりだったのであっさり同化してしまった

 

69: 2014/03/08(土) 17:40:45.06 ID:Y2RTLVXc0
ワールシュタットの戦いでヨーロッパ騎士団オールスター軍団を
完膚なきまでに叩きのめしたモンゴル帝国軍最強!!

 

70: 2014/03/12(水) 12:59:41.78 ID:OsrjwMKk0
ワールシュタットの戦いでヨーロッパ騎士団オールスター軍団を
完膚なきまでに叩きのめしたモンゴル帝国軍を元寇の戦いで
完膚なきまでに叩きのめした鎌倉武士団最強!!

 

71: 2014/04/16(水) 19:50:18.56 ID:sJky8krQ0
チンギスハーンってやっぱりボルテの子供以外にもたくさん子供いたんだよな?

 

72: 2015/01/01(木) 05:11:07.47 ID:rT0j3ZC10

哲別軍団最強

>>71
成吉思汗は尻に敷かれてるから冷遇、隊長クラスで記録が無いかと
後に皇太后陛下に粛清されたかと

 

73: 2016/01/12(火) 19:45:21.46 ID:CJ1wqBMj0

各国強さ格付け(16世紀後半) 

S スペイン、オスマン帝国、明、日本
A イングランド、フランス、ポーランド、サファヴィー朝、ムガール帝国
B スウェーデン、モスクワ大公国
C モンゴル
D イタリアの都市国家、李氏朝鮮

 

74: 2016/01/24(日) 19:19:26.63 ID:dmlFcC490
横山光輝のマンガを読んだとき、印象に残っているのはボオルチュかな

 

75: 2016/01/27(水) 10:21:35.03 ID:k5w8MvdO0

横光版でチンギスがカサルに
言う台詞が
「おまえはいつも言ってただはないか。草原のごとく広がれ。海のごとく布陣せよと……」

これってモンゴル軍の基本戦術なんだな。
どうやら弓騎兵に特化していたわけじゃないって最近分かってきたが、こんなところに真実があったんだな。

 

76: 2016/01/31(日) 15:00:24.28 ID:cwPorZt70

彼らは海をみたことがあったんかな。

それはそうと最近思うけどチンギスの代わりにジャムカ
ティムールの代わりにトクタミシュみたいな存在がいたけど
トクタミシュはともかくジャムカがチンギスに代わってたら
その後の征服はできたんかねえ。チンギスだからできたのか
あるいは環境決定論的な事が起きたのか

 

77: 2016/02/05(金) 08:15:24.67 ID:r8x8BNyH0
難しいよね。ワン・ハンにしろ、モンゴルを統一するということが前代未聞だからモンゴルを統一したものが
チンギスの役割を果たすことも全然考えられると思うけど。

 

78: 2016/03/03(木) 02:56:41.83 ID:BhCT8LoX0
ジャムカはチンギスほど寛容ではないようだから難しいだろうなあ

 

82: 2017/03/23(木) 00:47:34.04 ID:3tTO37WF0

【お知らせ】新番組「南モンゴル草原の風」と世界南モンゴル会議「クリルタイ」結成大会[桜H28/10/26]
https://www.youtube.com/watch?v=aTizzm8Ss1k

【南モンゴル草原の風 #1】世界南モンゴル会議「クリルタイ」/モンゴル音楽「ホーミー」 [桜H29/1/12]
https://www.youtube.com/watch?v=WLIrGqKMy08

【南モンゴル草原の風 #2】草原から遊牧民が消える~強制移住・西部大開発・生態移民[桜H29/2/6]
https://www.youtube.com/watch?v=_cegM3s0jP8

【南モンゴル草原の風 #3】消された歴史 – モンゴル騎兵と満洲国・チベット[桜H29/3/3]
https://www.youtube.com/watch?v=VDRQ0sNXlzA

【南モンゴル草原の風 #4】「スーホの白い馬」に隠された南モンゴルの真実[桜H29/3/21]
https://www.youtube.com/watch?v=zNmkMUlQteA

 

86: 2019/04/30(火) 17:59:26.68 ID:DrGzAvtY0
金は女真だからなあ
大元の頃は少なくとも漢人の皇后はいなかったはず
正妻じゃなければたくさんいただろうけど

 

 

引用元: https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/chinahero/1192256868/

スポンサードリンク