オススメ記事(外部)

歴史用語を安易に流用するラノベ・漫画に喝!

おすすめサイト

スポンサーリンク

1: 2007/02/23(金) 17:47:12
ゼロの使い魔てラノベにオリヴァー・クロムウェルなんてのが出てた
こんな中学の教科書にも出てくるような超有名人をフルネームで
引用するなんてふざけとるとしか思えん!

3: 2007/02/23(金) 18:14:51
>>1
どんなライトノベルかと思って検索したらすごいキモアニメだった。
ああいうアニメは日本の恥ですな。

 

5: 2007/02/23(金) 19:55:56
>>3
うるへー

 

2: 2007/02/23(金) 17:54:22
しかもそのクロムウェルが率いる組織がレコン・キスタ
他にもウェールズ・テューダー王子で首都がロンディニウムとか
ガリアとかゲルマニア、首都がヴィンドボナとかロマリアの神官とか
高校で世界史採ってただけの自分からしても安易過ぎて萎える

 

4: 2007/02/23(金) 19:39:02

やっぱゼロスレか。

グイン・サーガも世界史用語使っているが、訛らせてあったり
マイナーどころから採ってるからさほど気にならない。

 

6: 2007/02/24(土) 19:57:54
召喚魔法アレキサンダー

 

7: 2007/02/24(土) 20:17:45
実際どうでも良い

 

8: 2007/02/25(日) 03:16:09
確かに安易だと萎えるな
まだオリジナルの方がマシだ

 

9: 2007/02/25(日) 13:31:31
世界史の本開いて、適当に言葉を拾ってくるんだろうな

 

37: 2010/04/03(土) 06:10:25

これ系の先駆者は銀河英雄伝説の田中芳樹ということになるんだろうか?
彼の場合、ライトノベルだけ書いてればいいのに歴史モノ書きたがるからちょっとな
完成度が高ければそれでも問題ないんだが……

>>18
コードギアスの副シリーズ構成の吉野は確か元世界史教師だったかと

オリジナルで名前を考えるのは語感のセンスが居ると思うので
(ガンダムの富野喜幸や金色のガッシュベルの雷句誠なんかはそういう語感から造語しているらしいが)
実際の用語から流用する位はいいんじゃないかと思うんだけど
>>9みたいにテキトーに選んでるか、本人が歴史好きでリスペクトしてるかに別れそうだ
市場の問題もあるだろうしな。西洋モノはオタク受けがいい、みたいな
(アメリカとかでもヴァンパイアモノには一定の市場があるし、逆に昆虫は弱い)

迷惑というか、みててアレなのはソレがオリジナルだと思って広言するオタクだろうな
前述後者の自分が好きでリスペクトで名前引用しているような作者はこういうのがファンにいるのはどう思うだろうか

 

10: 2007/02/25(日) 15:00:26
ゼロの使い魔はヒロインの名前もまんま実在のフランス人娼婦だかの
名前だからな
度が過ぎてる

 

26: 2007/07/09(月) 00:31:41
>>10
ルイ14世の寵姫ですよ。れっきとした貴族で。
あの作品の命名傾向が安易なのは間違いありませんが。少しはひねればよいものを。

 

11: 2007/02/25(日) 17:27:50
まるでマリ=アントワネットのよう

 

14: 2007/02/26(月) 01:49:55
どうでもいい

 

15: 2007/03/01(木) 08:08:18
アキハバラ電脳組にローゼンクロイツがでたりそもそも戦国自衛隊もダメってことですか

 

18: 2007/03/08(木) 00:27:20

アニメだとコードギアスとか

架空戦記だから史実からもじった用語が多い
トラファルガーの敗北、エディンバラの屈辱、北南戦争、厳島の奇跡

 

20: 2007/03/08(木) 02:21:21
>>18
そんぐらいは何ともないよ
別にオリジナリティのある言葉じゃないし

 

19: 2007/03/08(木) 01:41:12
そういやトリニティブラッドも世界史ネタ満載だったな。お前ら的にはどうよ?

 

25: 2007/04/17(火) 23:02:16
>>19
故人の作品を叩くのも痛いしな

 

21: 2007/03/09(金) 03:33:45
神経質になるなよ
無双から三国志を読み始める人も居る

 

22: 2007/03/10(土) 03:50:09
>>21
だからそういうのはまだいいんだよ
三國志というテーマではあるわけだから

 

23: 2007/04/09(月) 01:43:23

アニオタキモス(紀元前510~440)

古代ギリシアの詩人・軍人・政治家。
アテナイの鍛冶屋に生まれ、幼くして下級兵士の家に養子に出される。
軍人としての教育を受け、成人後は重装歩兵としてペルシア戦争に
従軍し各地で戦功を立てた。やがて一兵卒としては異例の早さで
指揮官となり、同時にテーバイの東の小都市アキハベラの執政官に
任命される。その後彼は海軍に移りここでも目覚ましい活躍を続け、
紀元前480年のサラミスの海戦では50艘のアキハベラ船団を率いて
参戦し、目や胸や尻を強調した女性の絵を結びつけた矢を多数放ち
ペルシア軍の士気を下げるという独創的な戦法でギリシアを勝利に
導いた。それ以後は政治家として活躍を続けながら多数の著作を発表、
爆発的な人気を得るが、煽情的な挿絵と官能的な文体の一大叙事詩
「ドジンシン」を発表したことから風紀を紊乱したとの批判を受け、
紀元前460年に陶片追放でギリシアを逐われシチリアの植民地で
寂しく余生を過ごした。生涯独身であった。代表作として先に挙げた
「ドジンシン」の他、「ギルガメシュの騎士」「アキハベラ天王組」
「月に代わりし者の仕置」「銀色のオリンポス」等がある。

 

24: 2007/04/09(月) 20:28:42
ギルガメッシュナイトwww

 

27: 2007/07/18(水) 22:48:21

あの話にはブルボン朝期に登場する貴族の名前が異様に多い
デュマの三銃士がモデルという話だが
ルイーズ・ド・ラ・ヴァリエール、ロシア女帝エカテリーナ2世(これだけ例外)、コンデ公爵夫人シャルロット・ド・モンモランシー、オルレアン公爵夫人アンリエット・ダングルテール、ロングヴィルなど…

友達が熱心に奨めて来ましたよ

 

28: 2007/07/19(木) 12:40:48
そして適当にひねったせいで量産される
鷹司田吾作、近衛熊etc……

 

29: 2008/01/14(月) 02:22:23
ゼロの使い魔は知らんがラノベなんて読んでる時点で読書時間のムダ
歴史好きなら普通に読む本いっぱいあるだろ
話題に出すまでもない

 

31: 2008/02/12(火) 18:17:44

>>29
アニメやライトノベルから学ぶのではなく、「現代にはこうした考え方もあるのか」
と、多様な価値観を知り、考え、楽しむことが重要なのですよ。
過去の歴史というものは、同じ場所でも異文化を対象にせざるを得ませんが、同じ
時代の同じ国の中にも、異文化は存在します。

歴史を学んでいればこそ、こうした「異なるもの」への興味が湧くというもの。
史料もそうですが、日常でも必要・不必要を最初から定めて拒否していては、出て
くる考えも出てきません。

 

32: 2008/02/19(火) 16:38:08
成程
その崇高な理念に基づいて怪物王女をご覧になっていたわけですね

 

36: 2008/05/08(木) 17:53:09

>>32
あれは古典に対するオマージュと思われる展開が多いのでいいですね。
アニメでは無駄に原作にあった味を抜いていましたが。
数秒~数分の余計な演出で駄目になったり。

>>34
その時代の文字資料ですからね。ライトノベルも当然史料になりますよ。
この時代の購読者たちの思想を伺うことが出来ますから。
私は内容よりは、読んでいる側の需要を想像するのが好きです。

 

34: 2008/03/20(木) 16:06:13
歴史上の人物に燃え萌えしたい人にとってはラノベも史料も似たようなものだったりして。
史料をちっとも読まない俺にはまったくわからない話だが。

 

35: 2008/03/23(日) 17:14:36

毎日、ステーキだったら飽きるだろう
たまには焼き魚も食べたい

ラノベも史料も同じだ
人はパンのみにて生きるにあらず

 

38: 2011/03/30(水) 18:31:32.56
歴史用語以外にも神話用語を流用するのもよくある
ギリシャや北欧などの神話用語はオサレと思ってるラノベ作家・漫画家は多そう

 

39: 2011/04/03(日) 19:38:19.46
>>38
使うなら使うでメガテンみたいに徹底すりゃいいのに

 

41: 2011/05/13(金) 23:09:12.24
>>39
作者が神話用語などにあまり詳しくないのに使ってる場合が多そう
徹底して調べたやつならおもしろそうだと思うけど

 

40: 2011/04/09(土) 11:46:30.46
中華風ラノベでも、歴史や古典文学から引用することはけっこうある。
元ネタわかると面白いことはあっても、嫌だと感じるケースはあまりない。

 

 

引用元: https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/nanminhis/1172220432/

この記事に興味ある方はコチラもおすすめ

管理人おすすめサイト

スポンサードリンク

注目サイト

スポンサードリンク